明日開幕!待ち遠しいですっ

f0009746_1419242.jpg
by松尾公子

いよいよ明日4月17日(金)から、話題のブラックミュージカル「Sing Harlem Sing!」が、ハーレムのデンプシー劇場で始まります!
5年前、「Mama I want to Sing」の20周年記念公演がハーレムの教会で行われた時には、一体何回見に行ったことか、、、と言うくらい何度も足を運びました。人の歌声でこんなにも感動し、鳥肌が立ち、涙が出るのだということを、その迫力の中で体感しました。
今回も、期間中何回観にいけるか、ワクワクしています。

チケットをGetしていない方、まだ間に合います!
★ご予約はこちらから

さて、今週4/14発行「デイリーサンNY」紙に掲載の「トミー富田の"ハーレム浅草下町孝"」では、Sing Harlem Sing!の見所を掻い摘んでご紹介しました。見逃してしまった方は、どうぞコチラをご覧ください↓
f0009746_14193189.jpg

Sing Harlem Sing! #4 (後編) 魂の声

「Sing Harlem Sing!」は、80年代、日本のゴスペルブームのきっかけとなったゴスペルミュージカル「Mama I Want to Sing」の作家・プロデューサーであるヴァイ・ヒギンセンさんのオフ・ブロードウェイ・ハーレムシリーズ最新作。
ハーレムで生まれ育ち、FIT卒業後、黒人女性誌「Ebony」の広報、WBLS、KissFM等のラジオ局やNBC等テレビ局のパーソナリティとして活躍し、多くの”黒人女性初”を切り開いてきたヴァイさんの半自伝的ハーレムストーリーが「歌」で綴られています。

物語は、ハーレムNo.1のラジオ局「W Joy Today」(架空局)の50周年記念放送をアポロ劇場から発信するという設定で始まります。
人種差別、公民権運動、貧困、麻薬、犯罪...ネガティブな表現がハーレムの代名詞のような時代にありながら、どんなにつらい時もハーレムの人々は心から音楽を愛し、街中に音楽が溢れていました。
劇中では、懐かしいハーレムの映像に合わせて、ハーレムのシンガー達が歌うジェームス・ブラウンの「I Feel Good」、アレサ・フランクリンの「Respect」、ベンEキングの「Stand by Me」等、ファンク、ソウル、R&B、ブルースから、ダンスナンバー「I will Survive」「I’m Every Women」、そしてゴスペルメドレーと、まさにブラックミュージカルコンサートのような、永遠の名曲全22曲が満載の90分。英語に自信が無くても誰でも楽しめます。
地元黒人客の熱狂的な声援と興奮度も他ではまず経験できないもの。是非この機会に皆さんも思いっきりハーレムでお楽しみください!

最後に、ヴァイ・ヒギンセンさんから皆さんへのメッセージです。
「私の住むハーレムは、世界でも素晴らしいエンターテイメントの歴史を持つ街のひとつ。このミュージカルを通して、世界を1つにする「人の声」「歌の素晴らしい力」をお伝えしたいと思っています」


4月17日(金)~5月10日(日)
金曜日 7:30PM~
土曜日 4:30PM~/7:30PM
日曜日 4:30PM~
チケット$35

会場:Dempsey Theater
127W, 127th Street (bet.Lenox&7thAve.)
※有名なソウルフードレストラン「シルビアズ」のすぐ近く。
地下鉄2番、3番「125丁目」駅より徒歩3分

★予約問い合わせ:1-212-868-4444 または www.smarttix.com

★日本語ガイド、ミッドタウン~ハーレム間送迎付のツアーを催行します。詳しくはコチラ

f0009746_14195846.jpg

★Sing Harlem Sing!過去ログ#1
☆Sing Harlem Sing!過去ログ#2
★Sing Harlem Sing!過去ログ#3

※新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-04-16 15:00 | ゴスペル
<< 祝!ブロンクスでHipHopを... mihimaru GT ニュー... >>