「黒い」くるみ割り人形~in ハーレム

f0009746_13381329.jpgby松尾公子

ハーレムで行われた「Black Nutcracker」を観にいきました。
黒人バレリーナのみで演じられる「黒いくるみ割り人形」です。

「Black Nutcracker」は、ハーレムのバレエ団による公演。
チャイコフスキーのオリジナル名曲に加え、デューク・エリントンのジャズ、ゴスペル、マイケル・ジャクソンに、LL COOL J のヒップホップまで登場し、ロシア帝国バレエ団が聞いたらブッ飛びそうです。

f0009746_14593573.jpg人種、出身地、体重などでは一切判断しないという配役で、
巨乳のバレリーナもいれば、
肩・首・背中にタトゥーバッチリのバレリーナも。。。
それでも、基本はあくまでもクラシックで、みんなとっても美しく上手いのでした。


f0009746_15539.jpgマリー役の少女などは、きちんとトウシューズを履いていて、とっても可愛くて上手い(←NYCBでは子役はトウシューズを履いてない)。
黒人特有の縮毛を、よくもあれだけ真っ直ぐに伸ばしたなぁ、と感動するくらい、腰まであるロングヘアーをきちんとお手入れしていました。

で、ラストシーンは空飛ぶそりではなく、アフリカンドラムスがバリバリ演奏して、アフリカンダンスで盛り上がって終わる、という、2時間のアフリカン・アメリカンヴァージョン「くるみ割り人形」。

The Nutcracker「くるみ割り人形」とは、数え切れないほどの振り付けの改訂版があり、世界でもっとも公演回数の多いクラシックバレエだそうです....。

   ......................
思い起こせば3歳の頃から母親に手を引かれ、バレエスクールへ通っていました。母の思いむなしく、このように全くもって実を結ばなかった私ですが、今でもダンスを見るのがとても好きなのはきっと両親のお陰。ついでに、意外にヒラヒラの服が好きなのもそのお陰?笑。

f0009746_15552621.jpg
そんな訳で、今年は計3回、違ったバレエ団のくるみ割り人形を見ました。

← ニューヨーク・シアター・バレエの「くるみ割り人形」と、

すっかりNYのホリデーシーズンの風物詩となっている、リンカーンセンターのニューヨーク・シティ・バレエ(NYCB)による「くるみ割り人形」 ↓
f0009746_15204386.jpg
クリスマス用に、子供や孫のために早くからチケットを取るので、ピークシーズンになるとチケット代も高くなります。ご覧の通り、その殆どが白人ファミリー。

5-6週間に渡るこの公演には、NYCB団 87人のダンサー全員と、66人のオーケストラが出演しているそうですが、ステージ上の配役中、大人のバレリーナは一人のアジア系を除き全部白人、子役は一人のアジア系少女と、黒人(ミックス)の男の子以外は、全部白人でした。

クラシック界の見えない人種の壁はまだまだ厚い。。。
そういえば発表会の時、私も白い粉を肌に一杯塗られて衣装をつけてたなぁ、、、。


 ..................................

明日も更新!この2つのマークを今日もワンクリックして応援してください
      コレと  ↓      これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ  

 ..................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

   ..................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2009-12-30 16:13 | ニューヨーク情報
<< この不況でも豪華にブルックリン... クリスマス~Sunday Mo... >>