セレブ誕生会inハーレム

f0009746_4252480.jpgby 松尾公子
昨夜、友人の黒人女性の誕生会が、ハーレムの教会で盛大に!行われました。彼女の誕生会は毎年ほんとに盛大★

まず、ゲストは、ブルックリンが生んだゴスペル界のヒットメーカー、ヘゼカイア・ウォーカーとLove Fellowshipクワイヤー(写真上、ブレブレ(笑)、

そして、わざわざミシガンから駆けつけたのは、昨年のゴスペル賞を総なめにしたマービン・サップ、(写真下)、

他にもいっぱい。。。

オープニングは、このブログにも何度も登場しているハーレムのゴスペルの母、ヴァイ・ヒギンセンさんの、Gospel For Teens
先日、ハイチ救済のスペシャルTVでマドンナと共演し、益々クワイヤーの人数も増え、見る度にその成長が伺える素晴らしく元気な、私も大好きな若いクワイヤーです。

※文中の各リンクをクリックすると過去ログがご覧いただけます

そしてーーー、
司会を務めたのが、R&B界の女王ロバータ・フラック、Labelleのサラ・ダッシュ、ジョン・スタンリー(パティ・ラベルの音楽監督)、バボーン、そして今年のアカデミー賞で話題となったハーレムが舞台の映画「プレシャス」主演のガビー(ガボレイ・シディベ)!!

※日本公開「プレシャス」公式サイトはこちら



他にも、ハーレムの黒人コミュニティを強力にサポートしている政治家チャーリー・レンガル氏や、シンガー、俳優も駆けつけ、今年もサプライズゲスト盛りだくさんの豪華な誕生会でした。。。

なぜこんなにみんなが集まるか、、、彼女はとてもポジティブ人間。これが一番!
また、コミュニティの子供達への奨学金団体も自身で立ち上げていて、NY州知事デヴィッド・パターソン氏(黒人)からも賞賛の手紙が届いていました。
ポジティブな人のもとにはポジティブな人たちが集まる。そうるすと、益々Goodアイディアが生まれて益々ポジティブな行動が出来る。
私も更にポジティブでありたいと確信した夜でもありました。



そういえば、オオトリでわざわざデトロイトから駆けつけたマービン・サップも、このゴスペル ↓ を歌う前にこんなことを言っていました。
「3年前(多分、大ヒット曲Never would’ve made itの前後)、周囲のネガティブな人からのネガティブ発言、批判で押しつぶされそうになった。批判をしたり悪口を言うのは簡単、でも、ネガディブからは何も生まれない、いちいち気にしていたら大切な自分のポジティブパワーも消耗していく、、、私は私であればいい。それをちゃんと見てくれている人が居る限り。。。」
The Best in Me とっても素晴らしいメロディと歌詞です↓


<マービン・サップ過去ログ>
※2008年最高のゴスペルは誰の手に(2009年1月)

<ヘゼカイア・ウォーカー過去ログ>
※ドラッグや犯罪からゴスペルへ(2009年4月)
※NYタイムズスクエアからハイチへ(2010年2月)


この他、ゴスペルに関する全ログはこちらからご覧いただけます


......................................

是非!「応援クリック」お願いしますっ。
  コレと ↓     これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ 
......................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-05-12 06:27 | ゴスペル
<< ただいま、個展開催中です。 新連載、開始―!! >>