津波基金始めました~Harlem Japanese Gospel Choir

f0009746_16193834.jpg
by 松尾公子
3月12日(土)
毎週土曜日はハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)の練習日。

メンバーの中には、大きな被害に遭った宮城と仙台の出身者もいるので、家族を心配する心情を考えると、今日の練習は中止にすべきか否か、、、とひとり悩んでいた。

朝、「ニューヨークの人たちの前でゴスペルを歌いなさい」というお告げ?で目覚め、すぐに教会の音楽ダイレクター(黒人女性)に、「外に歌いに行きたい」と相談した。

仙台出身の彼と、宮城出身の彼女にも話してみると、「歌いたい」と言ってきた。

他のメンバー達も「歌いませんか?」と電話をかけてきた。

これですべては決まり。
すぐに看板を作ってタクシーに飛び乗り、みんなと教会で集合、
ハーレムからユニオンスクエアへ地下鉄で繰り出した。

     *     *     *

<ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー津波基金日記#1>

徐々に人だかりができてきて
f0009746_1762895.jpg


続々、ニューヨーカーの皆さんが手に手に寄付をもって近づいてきてくださった。
f0009746_1764989.jpg

日本で被災者の皆さんが戦っている姿をニュースで見て、
何も出来ないちっぽけな自分がいて、
じっとしていることが苦しくて、
今日は、私達の祈りを届けたいと、それだけで繰り出したのに、

通り行く人たちが続々と寄付を下さった。
涙が止まらなかった。

日の丸とTAUNAMIという文字を見ただけで、寄付をしてくださり、急いで立ち去る方もいた。
子供を抱いて涙を流しながらじっくり聴いて下さる方もいた。
ハグをしに来てそのまま一緒に泣いてくれる少女もいた。
幼い子も手に手に寄付を持ってきてくれた。

ニューヨーカーには、9.11の痛みを戦い抜いた、強さと優しさがある。


f0009746_177689.jpg
2時間歌い続け、すっかり日が暮れてしまったけど、
全く疲れはなく、
逆にどんどん元気が出てきて、
もっともっと歌いたい気持ちで一杯になった。

・・・ 集まったドネーション合計、443.54ドル。

日本を応援するニューヨーカーの皆さんから預かった大切なこのお金は
100%全額、信頼できる日本の基金に寄付させていただきます。

被災者の皆さんの復興に向ける戦いはこれから。
私達も、小さな小さな力ですが、これから継続して長期計画でドネーションをさせていただければと思っています。

日本の皆さんが力を合わせて前に進んでいく姿を原動力に
私達も力を合わせて進んでいきたいと思います。

*本日の参加メンバー
<Sopranos> Kimiko, Megumi, Mai, Miki
<Altos>  Wakako, Matsuko, Yukako
<Tenors> Kiyotaka, Masaru, Yuya, Hiroki,
Shoji, Hide, Kentaro
合計、443.54ドル



f0009746_1773928.jpg
↑ 被害の写真をパネルにして募金を集めている日本人グループにも遭いました。
祖国を離れ、いてもたってもいられない気持ちはみんな同じ。


沢山の方々の予期せぬ温かい寄付で、涙で歌えなくなっているHow Great is Our God ↓



f0009746_15223761.jpg
*日本赤十字社から寄付

*Red Cross Americaから寄付


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2011-03-13 17:54 | 津波基金日記
<< アポロ劇場も日本を応援しています! 力 -POWER- >>