津波基金日記#6

f0009746_5352542.jpg
by 松尾公子
4月16日(土)、
ここ最近でようやくNYに春が来たかと思ったら、もの凄い横なぐりの雨・嵐の一日となりました。

そんな訳で、毎週土曜日にNYの街に繰り出し続けている我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)の津波基金、今回は“屋根の付いたところ”を探し、マンハッタン3大ターミナルのひとつ、40丁目タイムズスクエア近くの「ポートオーソリティ・バスターミナル」で歌って参りました。

傘をさしていてもズブ濡れになってしまう程の強い風と氷雨で、タダでさえ忙しいニューヨーカーが更に足早に行過ぎるマンハッタンのど真ん中。


でも―

徐々に足を止めてくださる方が増えて、

傘をたたんでゆっくり聞いてくださる方が増えて、

最後には人だかりが出来るほどになりました。

Thank you, NewYorker!!

f0009746_536459.jpg


*本日の参加メンバー
<Sopranos> Kimiko, Meg, Miki, Asuka, Reiko, Natsuko, Mariko
<Altos> Wakako, Matsuko, Rio, Aki
<Tenors> Kiyotaka, Masaru, Yuya, Shoji, Hide
*Help : Ricaco, Takei, Hirami
*Special thanks : Yukako

合計、310.96ドル

只今のStreet義援金合計2358.6ドル

f0009746_5363955.jpg


全米各地、カナダ、メキシコ行きの400以上のバス路線が24時間スケジュールされている地下2階+地上4階建ての、全米最大のターミナル「ポート・オーソリティ」。昔は、24時間OPENしていると言うことで沢山のホームレスやジャンキーで溢れ、8番街のポルノ街の近くで夜中の犯罪も多かった場所。
ちょっとドキドキしながら歌い始めましたが、日本を思う沢山の温かい人々に触れ、自分達が癒されました。

日本では「ゴスペル教室」などがあって、どちらかと言うと「音楽」のジャンルとして捉えられているゴスペル。
Gospelの歌詞は「神様・Jesusを称える」ものですから、多民族多宗教のNYでは、明確なクリスチャンミュージック。

募金をしてくださった後もずーっと足を止めて聴いてくださっていた、杖を突いた年配の女性が最後に素敵な笑顔でひとこと。
「宗教を超えて、みんながあなた方の歌を聴いて募金をしていることをどうぞ覚えていてね」

皆さん、心から「本当に有難うございました」。

f0009746_5371838.jpg




f0009746_15223761.jpg
*日本赤十字社から寄付

*Red Cross Americaから寄付

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2011-04-20 06:20 | 津波基金日記
<< こんなに近くで見ていいんですか... 春 >>