ハーレム125丁目が沈黙する日。

f0009746_1350688.jpg
by 松尾公子
1925年5月19日、マルコムXがこの世に誕生した日。
毎年この日は、ハーレムの中心125丁目の商店殆どがシャッターを下ろし、追悼することになっています。

マルコムXの誕生日前になると、張り紙( ↑ 写真)が125丁目各所に配られるのです。

Shut'em Down All 125th Street Businesses Close!
1:00pm - 4:00pm
"A Commercial moment of Silence and respect for Malcolm X and the Black Community"


「125丁目のビジネスは5月19日1時から4時、店を閉めることによってマルコムXを偲び、黒人コミュニティの為に祈りましょう」

知らずにハーレムに買い物に来た人たちはビックリ。平日なのにどっこも閉まっているんですから。。。。
昼12時からはマーチ(行進)もある為、警察もたくさん出動していて、店が閉まっているのに人通りだけは多いので、信号ひとつ渡るのにもなかなか自由がききません。

近年のハーレム再開発で、本来この追悼に賛同すべく古くからの黒人オーナーの店はバタバタ立ち退きに追い込まれ、白人経営だったり全国チェーン店などが多くなっていて、シャッターを半分閉め(人がくぐって出入りできるくらいは開けて)営業し、かたちだけ参加している風に見せている店もあり。

アポロ劇場の隣の飲食店は最初通常通り営業していた為、行進隊と喧嘩になりかけるも、待機していた警官により静められるという一幕も。


27歳で出所してから39歳で暗殺されるまで、こんな若さで身体を張って世界に影響を与える行動を起こしたマルコムXも、生きていたら今日で86歳。。。。。



ハーレムには、マルコムX関連の生きた歴史もまだ沢山残っています。。。。
※ハーレムウォーキングツアー、HipHopツアーなどで各Spotを回ります




1992年スパイク・リー監督、ハーレム撮影の映画「マルコムX」は凄い映画でした↓
封切り後、日本でもこの「X」Tシャツやキャップが大流行・・・懐。



祖先アフリカ人は奴隷として連れてこられた時から自分の本当の苗字は取り上げられ、白人主人の所有物としてそのオーナーの苗字がつけられた、、という部分を語るマルコムX




f0009746_15223761.jpg
*日本赤十字社から寄付

*Red Cross Americaから寄付

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2011-05-20 14:38 | ハーレム情報
<< NYで日本のブロックパーティ開... 1ペニーで日本を救いたい~貧困... >>