「ほっ」と。キャンペーン

日本人シンガーが続々アポロ出演

f0009746_1384844.jpg
アマチュアナイトに挑戦する日本人3名(左から)土屋史江、JUN、遠山恵
by 松尾公子

8月9月、アポロ劇場に、当ハーレム・ボーカルハウスから3名の日本人シンガーが挑戦します!

ハーレムで77年続いているアマチュアナイトの醍醐味は、観客の反応で結果が即座に決まること。退場を促す「ブーイング」が起こっても、それをかき消す「拍手と応援」があれば勝ち残れます。

まず、8月3日に登場するのは、
弱冠21歳の期待のシンガー「遠山恵」。
16歳から日本でR&Bシンガーとして活動を始め、2年前にアポロ出演を夢見て渡米。
4回目のチャレンジで今回見事、本戦への出場権を手にしました。
我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤーでも毎週教会で歌っており、昨年全米のゴスペル大会で日本人初優勝を果たした際の、オーディションから苦楽を共にしたオリジナルメンバーでもあります。
アポロでは、得意の美しく澄んだ高音を最大限に魅せるべく現在特訓中。

8月10日には、
日本のインディーズでR&Bシンガー、ソングライターとして活動中の「JUN」が、世界大会レベルのダンサー達を引き連れ出場します。
彼は、私共の知り合いの作家の方の紹介で、昨年秋にアマチュアナイト出演を目指しやってきました。尊敬するマイケル・ジャクソンの歌でアポロのステージに立ちたい、という夢が叶い、現在はエンターテナーとしてどうステージを魅せるかを、我々(NY)-JUN(東京)-ダンサー(大阪)3元スカイプで綿密に打ち合わせ中。地元の黒人も「マイケルが歌ってるの?」と言うほどまでに。乞うご期待!です。

そして9月7日には、
10年前にハーレム・ボーカルハウスで特訓し、2回戦まで勝ち抜いた実績を持つ「土屋史江」が、優勝目指して再挑戦します。
華奢な体つきからは想像もつかない太くて迫力のある声と黒人顔負けのアドリブセンスが持ち味。

トミーさんはもう25年間、私も約10年間、毎週アマチュアナイトを見続けていますが、過去に日本人ダンサーが見事「年間チャンピオン」を獲得した実績はあっても、日本人シンガーはまだありません。

当ハーレム・ボーカルハウスからは、91年に坂口美樹が年間チャンピオン大会準優勝、2000年にはアサヤンの天方直美やMr.マリックの娘LUNAが月間チャンピオン大会入賞、01年には淳来が年間チャンピオン大会準優勝を果たしましたが、中には嘉門達夫のブーイングというのもありました❤

ひとり3分間の真剣勝負、是非皆さんで応援に駆けつけ、黒人音楽の殿堂から日本人スターを誕生させましょう!
(文中敬称略)


※アメリカ36都市で配布中の日本語新聞Weekly Bizに掲載された記事 ↓
f0009746_1392879.jpg


f0009746_15223761.jpg
*日本赤十字社から寄付

*Red Cross Americaから寄付

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2011-07-15 14:09 | アポロ劇場
<< 津波基金日記#13 アフリカから一年、、、 >>