キース・へリングの命日によせて in Harlem

f0009746_15493969.jpg
by 松尾公子

1980年代、NY地下鉄をアトリエに、グラフィティアート(通称サブウェイドローイング)を始め、一躍アメリカ美術を代表するストリートアートの先駆者と呼ばれるようになったキースヘリング。

彼の作品は、今や世界中の美術館で絶賛され、NYソーホーのPOPショップには、彼のアートが、Tシャツやポストカードとなって、連日世界中のポップアートファンに買い求められている。

そんなキース・へリングの、今となっては数少ない「公共の場所で見られる原画」が、実はハーレムのはずれにひっそりと、地元の子供達のために現存している。

80年代、特にハーレムコミュニティに蔓延していた麻薬のクラックブームに警鐘を鳴らすべく、公園のハンドボールコートの大きな壁に、ある日

「CRACK is WACK」
(クラックはばかげたものなんだよ)

と書き上げられた。
86年10月のことである。

燃えたドル札を手にした骸骨の絵。

f0009746_1558362.jpg

勿論、無断で公共の場所に落書きしたので当初は罰金と言われたが、その後、正式にこの壁が残されることになり、今では公園名までもが「Crack is Wack Playground」となっている。

f0009746_15591376.jpg


f0009746_1559385.jpg


キース・へリングは、1990年2月16日、
NYグリニッジヴィレッジのアパートでエイズにより他界。
31歳だった。
f0009746_1631852.jpg



~2月11日(土)発行の全米36都市配布の新聞ウィクリービズ Weekly Bizに掲載されたトミー富田連載コラム「ハーレム浅草下町考」より~
※次回コラム掲載は3月17日(土)です。





f0009746_15223761.jpg
*日本赤十字社から寄付

*Red Cross Americaから寄付

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2012-02-20 16:06 | ファッション・アート
<< Gakut(ガクト)も支援― ... ホイットニー・ヒューストンの死... >>