ハーレムのコットンクラブは今・・・。

f0009746_1042232.jpg
by KimikoHarlem

Pilot Production TV Show
"Rollin Holy"
Video Taping and Fundraiser
Hosted & MC by:Marcus Knight
12月8日(木)@The World Famouse Cotton Club
Door open at 7pm till 9:30pm

というイベントに知人が出演するというので行ってきました(始めに、Y君誘ってくれて有難うございます)。
どういうイベントか事前に把握することなく参加したのですが、どうやら今コットンクラブで売り出し中の今夜のホスト、マーカス・ナイトがBET(Black Entertainment Television)の中で番組を持っており、その収録を兼ねたイベントのようだ、ということが次第にわかってきました。BETはブラック系のビデオクリップを一日中流しているので、自分的にはMTVよりもかなりお気に入りで、時間がある時は部屋でBGM代わりにTVを付けたりしていますが、こんな番組は見たことも聞いたこともありませんでした。

急いで7時半に駆けつけたのに、なんとか始まったのが夜10時近く(10-7.5=待ち時間2時間半)。ここにもハーレム時間健在です・・・。

最近、このコットンクラブではゴスペルレーベルを立ち上げており、今日の主な出演者はBishopやMinisterやゴスペルクワイヤー。
で、Y君の出番が一向に回ってこない!見事なまでにスローな進行で、時刻はどんどん過ぎてしまい・・・この後、ジョン・レノン25周忌のストロベリーフィールズへ向かおうと計画していた私くしは、泣く泣く途中で失礼してしまったのでした。

ハーレムウィークのステージでも他のイベントでもいつでも思うコト、“ちゃんとタイムスケジュールを作って(作っているんだろうけど)、なるべくそれに近くなるように皆で頑張ろうよぉ・・・”、以前番組制作にかかわっていた自分としては、他人事ながらヤキモキしてしまいます。

帰途、自称マーカス・ナイトのマネージャという黒人男性と一緒になり、どうやらお昼に放送されている番組であることまではつきとめましたが、「で、いつ放送なの?」と聞いてみると・・・「知らない」とあっさり返答。“マネージャーなら覚えておいて宣伝しようよぉ・・・”と言いたいところ、グッとこらえて別れました。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

今年11月22日には、東京の丸ビルに「コットンクラブJapan」がOPEN。こちらのコットンクラブは1920年代から40年代の華やかなハーレムルネッサンス時代をイメージした、大人が遊べるゴージャスなクラブになっているそうです。

さて、現在ハーレム125丁目のはずれにあるコットンクラブは・・・、
昔ハーレムルネッサンス時代に142丁目レノックス通りで輝いていたものとは違います。月曜日にはご老人達がダンスをしに集まりますが、実際今では、残念ながらあまり地元の人達が集まらない場所になってしまいました。

しかし「11月に東京にコットンクラブをオープンし、私も挨拶に来日しました」と、今夜希望に満ちたスピーチしていたCEOのJohn Beattyさんは、トミーさんの古いお友達。ハーレムのコットンクラブも、是非また頑張って欲しいな・・・としんみりしてしまった夜でした。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2005-12-09 10:32 | ハーレム情報
<< NY対決!ハーレム・ストロング... ハーレムのクリスマスツリー点灯式 >>