FlashBack#7~教会のゴスペルコンサート

by 松尾公子

4月30日(日)3:00~
サンデーゴスペルツアーの後、毎年恒例の教会のAnnual Concertに出席しました。f0009746_1141156.jpg現在ハーレムには教会が250~300軒あると言われていますが、トミーツアーでご案内するところは、その中でも特に素晴らしいゴスペルクワイヤーが沢山いる教会のひとつでしょう。クワイヤー(ゴスペルコーラス隊)とプレイズダンス(神様への踊りを捧げる)のメンバーが総勢125名もいるのです(~2006年4月現在教会発行のリストより)。
f0009746_11431753.jpg教会でのコンサートはWorship(礼拝式)なので、聖書を読んでお祈りから始まります。
その後が凄かった・・・。外部の教会からの招待プレイズダンス3組、招待クワイヤー3組、そしてこの教会が抱えている5つのクワイヤーが入れ替わり立ち替わりSoulを込めてGospelを賛美し、感涙、鳥肌の大変な3時間。クライマックスは、昨年10月に封切られた映画The Gospelのテーマで大ヒットしたヨランダ・アダムスのVictory。100人近いクワイヤーの荘厳な大熱唱のうちに幕を閉じました。

ハーレムに沢山ある教会には、何千人も入るような大きなところもあれば、とてもこじんまりしたものもあります。そして、どの教会でも毎週日曜日には熱い礼拝が行われています。教会に来ている皆さんはとても信仰が厚く、牧師先生のお話を熱心に聞いて、神様への感謝の気持ちをメロディーに乗せてゴスペルを歌っています。その一生懸命祈る姿に、たとえ言葉がわからなくてもSoulで感じ胸を打たれて誰もが感動します。
しかし、日本人がイメージしている「ゴスペル」を、たまたま訪れた時間にたっぷり聞けるか、という観点からみるとなかなか難しいというのが実情です。

トミーツアーのサンデーゴスペルでは、上手く時間を合わせて2軒の教会へご案内し、違ったタイプのゴスペルを聞いていただきます。十数年前、トミーさんが1軒1軒廻り、自分の足で探し当てた教会ですから、牧師さんをはじめ教会メンバーの皆さんもとってもフレンドリー。教会の最新情報もきちんと皆さんへご案内できますので、満足度が高いのだと思います。
昨今ではインターネット、ブログの普及で、昔、情報のない時代にトミーさんが苦労して見つけた教会も随分と知られてきたようですが、自分で勝手に行ったり、よく知らない人に案内してもらうと、同じ礼拝でも何が行われているのかわからずに感動も半減するようです。トミーさんの解説あってこそ!理解と感動も深まるというものですから、どうぞ皆さん、日曜日はゴスペルツアーにご参加くださいね~。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-04-30 23:36 | ゴスペル
<< NYの釣り事情 FlashBack#6~Min... >>