「ほっ」と。キャンペーン

NYで最も住みたいブロック第16位に選ばれました!

by松尾公子 f0009746_14594547.jpg
TimeOut誌
の巻頭特集「The 50 best blosks in NewYork~NYで最も住みたいブロック」で、トミーズハウスがあるハーレムのストライバース・ロウが、見事、第16位に選ばれました。選考対象は、マンハッタン、ブルックリン、ブロンクス、クイーンズ、スタテン島のNewYork5区全域。しかも"ハーレム"とか"チェルシー"とか、広い「エリア」で選んだのでは無く、「ブロック」という、もう本当に特定されたひとつひとつのストリートからの選考ですから、ベスト50のどこを見ても興味深いものがあります。

選考の基準は「7つのKey」
1.建物が美しい...6点
2.便利(Shop,レストラン,クリーニング等が近くにある)...6点
3.緑や水がある環境...6点
4.騒音、交通量が気にならない閑静な住宅地...6点
5.ミッドタウンから近く(公共)交通の便がいい...6点
6.ニューヨークらしさ(NewYork-OCity←今回の選考ポイント)...6点
7.お手ごろ価格...6点      以上
42点満点でランキングされています。

いくら静かでも田舎ではいけない、ガイドブックに載っている様な素晴らしい建物でも、アゴが落ちるくらいに高額でもいけない、今回は総合的にバランスの良かったブロックが勝ち残ったようです。

...と言う訳で、SOHOもダコタハウスもトライベッカもサットンプレイスも抜いて、この度ハーレムのストライバース・ロウ(west 139th street between 7th & 8th Aves)が、総合33点で16位。コメントにはこう書いてあります。「まさにスパイク・リーの映画中の快適なミドルクラスな雰囲気。努力したアフリカン・アメリカンが住むといわれた重要な歴史的地区で、近くにシティカレッジの丘も見えるので、更にボーナス2点獲得!」
f0009746_933117.jpg
さて、TimeOutの表紙にも「1位には皆きっと驚くでしょう」と書いてありますが、総合40点獲得で今回トップに輝いた"第1回NYのblock Star" は?...ブルックリンのフォートグリーン(between DeKalb & Lafayette Aves)。こちらも黒人街にあるブラウンストーンのタウンハウスなのでした。(写真上)
f0009746_933327.jpg
ちなみに36点獲得で第5位に選ばれたのが、ハーレムのSugar Hill(写真上)。ジャズの名曲「A列車で行こう」の歌詞にも出てくるハーレムの高級住宅地で、ここもブラウンストーンとライムストーンのタウンハウス群。←トミーツアーのコースにもなっています

という訳で、今回上位の殆どが、景観麗しいブラウンストーンのタウンハウスでしたが、最近の不動産人気傾向を見ても、これは顕著。トミーズハウスの周りも、一棟xx億円以上の高値が付いているタウンハウスが多く、ご近所さんには最近白人の小金持ち若夫婦が増えてきましたから・・・(いくらトレンドでも年配の白人の方にはまだまだハーレムは遠い・・・)

※ブラウンストーン=赤褐色の砂岩。冬暖かく夏涼しい最高級の外壁素材。
※タウンハウス=隣の家と壁を共有している、いわゆる大都会の中の一戸建て。3~4階建てと地下で、天井が高く中庭があることが多い。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-10-26 23:56 | ニューヨーク情報
<< 11月17日公開オススメ映画!... ジャズが大好きだった藤岡さん >>