NYヤンキースとNYギャングスタ

by松尾公子
f0009746_24887.jpgイーストハーレムの洋品店ディスプレイから、ある特定種類のNYヤンキースCapが一斉に撤去されました。ギャング組織が一部のCapをシンボルにしている現状に"今更ながら"MLB(メジャーリーグベースボール機構)と、公式CapブランドのNewEraが「私たちはギャング活動をプロモートしているのではない、即撤去!」と宣言したわけです。

公表されたギャンググループのシンボルとは、、、、
全米二大アフリカン・アメリカンギャングのひとつCrips(クリップス)は真っ白のCapに青色バンダナ、そのライバルのBloods(ブラッズ)は真っ白Capに赤色バンダナ。そして、ヒスパニック系ラテンキングスは黒地にゴールドのNYロゴ+王冠(写真上)
※現状はもっと多種アイテムの組み合わせアリだと思いますが・・・

勿論、NYヤンキースCapを扱っているマンハッタン近郊全店への警告だったのでしょうが、観光客へNY記念として販売しているダウンタウンでは無く、ギャングスタへの直接販売に関わると見たメディアは、こぞってハーレムのショーウィンドウを取材して行きました。
f0009746_243625.jpg本来のベースボールCapはご存知のように紺地x白ロゴですが、このヤンキースロゴの"N"と"Y"は、シンプルながら見れば見るほど実によくデザインされており(さすがby TIFFANY&Co.)、特にNewEraの59FIFTYシリーズはストリート系ファッションの重要アイテム。東海岸のHipHopスター達も好んで身につけます。(写真上から、LL Cool J,50Cent,Diddy,Mos Def,Jay-Z)※たまたま写真は皆、紺x白Capですが、迷彩バージョン、バンダナバージョン、金糸刺繍バージョンetc...とバンバン新作が出て飛ぶように売れていきます。Capとスニーカーと服のカラーコーディネイトが彼等のお洒落のセンスTip・・・。さて、この売れ線市場とMLBの間に挟まれて、今後NewEraはいかに製造販売展開していくのか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
余談)NYには、他にもメッツ、ジャイアンツ、ジェッツ、レンジャーズ、アイランダース、ニックス、と6つのメジャー球団があると言うのに、ヤンキースCapは断トツ人気。ハーレムを歩いていると、男性の8-9割はヤンキース帽をかぶっています。日本時代から大の野球ファンの私は、わざといつも「ヤンキース好き?」と尋ねてやります。大体「ん、、、まぁあね」と返事をするのですが、みんなバスケ、アメフト、ボクシングしか興味が無いですから、本当は野球なんか見もしないんです。
f0009746_5434186.jpg
野球場に行くと、ファンは殆ど白人(場内で飲食販売をして、この時とばかり稼いでいるのは黒人&ラティーノ)。純粋なヤンキースファンの白人達は、球場に行く時に紺x白のソフトタイプ帽(決して59FIFTYではない)をかぶりますが、プライベートでお洒落として身につけることはありません。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2007-08-29 05:49 | ファッション・アート
<< ハーレム発祥のカリビアンパレード レゲエ・カリフェス in ブロンクス >>