「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:オススメ映画( 9 )

ハーレムのGet On Up!~ジェームス・ブラウン物語

f0009746_957436.jpg
by 松尾公子

ジェームス・ブラウン物語「Get On Up」をもう観ましたか。

極貧の少年時代から、デビュー、全盛期、家庭内暴力、逮捕、そして2006年クリスマス当日の死に至るまでを、若手俳優チャドウィック・ボーズマンが、JBダンス&ヒット曲と共に見事に熱演しています。
f0009746_10545095.jpg
映画の中では、主演のチャドウィック・ボーズマンが本当にジェームス・ブラウンに見えてくる素晴らしい演技ですが、素顔はとってもイケメン。昨年、「42 〜世界を変えた男〜ジャッキー・ロビンソン」でもジャッキー・ロビンソンを演じていたあの彼です。

f0009746_18562444.jpg
8月の封切りに先駆けアポロシアターで行われたプレミア試写会で、ハーレム125丁目に敷き詰められた赤絨毯には、今回プロデューサ陣に名を連ねるローリング・ストーンズのミック・ジャガーや、JBの妻役を演じる人気R&Bシンガーのジル・スコットの姿もありました。
映画の中では、若き日のローリングストーンズ役も出てきますし、「アポロシアター」「ハーレム125Street」というセリフも飛び交います。

この夏は、ハーレム中がGet On Upの宣伝ポスターだらけです。
f0009746_19034.jpg
(地下鉄駅構内のポスター)
f0009746_1902937.jpg
(ハーレムの中心地にはとびきり大きな宣伝広告が掲げられている)

まだ観ていないという方には、ハーレム125丁目にあるマジック・ジョンソン・シアターをお勧めします。
備え付けの音響にプラスし、観客の大きな笑い声や歌声が映画を盛り上げ、ただの映画ではない臨場感がプラスされますよ。そう、感情表現豊かなハーレム人はまるで家庭で観ているかのように映画と対話するんです(笑)。
f0009746_1975740.jpg

他の映画館ではたいてい一日に4~6回の上映スケジュールですが、ここハーレムでは1日に8回も上映されているくらい人気。

さて、
このマジック・ジョンソン・シアターが2000年に出来た頃から、近年のハーレム再開発は本格的に始まりました。元NBA人気選手だったマジック・ジョンソンは、このような映画館やショッピングモールを、全米、特に黒人が多く住む町に6箇所作り、街の活性化と地元住民の雇用拡大、give something back to the community、コミュニティへの還元を狙っていました。

が、現在残っているのはこのハーレムUSAのみ、
今やハーレムのシンボルのひとつとなっています。
f0009746_1985245.jpg
(マジック・ジョンソン・シアター内にはマジックの大きな絵。ホールには黒人スターの写真がずらり)



※日本でのGet On Up公開は未定ですので、ご覧になれない方はトレイラーをどうぞ。
JBの大親友としても有名な黒人活動家アル・シャープトンをも、「本人もあの世で楽しんでいるだろう」と言わしめたなかなかいい映画です。




<関連過去ログ>
※ハーレムとジェームス・ブラウンの死(2006年12月)

※ジェームス・ブラウン伝記映画のゆくえ・・・(2007年1月)





ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤーはふんばろう東日本プロジェクトと共に、被災地を応援しています。
ふんばろう東日本支援プロジェクト
公式ウェブサイト http://fumbaro.org/



............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。
ジモモ ニューヨーク
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2014-09-16 19:23 | オススメ映画

裏ブロードウェイの楽しみ

f0009746_6263778.jpg
by 松尾公子
JAY-Zとウィル・スミス夫妻が冠で話題、昨年のトニー賞最多ノミネートとなったブロードウェイミュージカル「FELA!」が、1月2日でNY公演を終了しました。

アフターパーティは、劇場近くのイタリアン「Serafina」で、スパイク・リー監督はじめ、FELA!ミュージカル大ファンの著名人も続々詰め掛けて、キャストと共に祝杯。

NY公演のラスト3ヶ月は、大物シンガー"パティ・ラベル"が特別出演。
FELA!はもうオフブロードウェイ時代から何度も観ていますが、最後にパティを観る為にまた観劇してきました。

ブロードウェイでは、このようによく、「えっ!?」というような有名人が期間限定でキャスティングされ、普段とは違った姿を生で見られるのも楽しみのひとつ。
ここ数年でも、デンゼル・ワシントン、アシャー、デボラ・コックス、P.ディディ、チャカ・カーン、ファンタジア、デスチャのミッシェル、、etc.etc. 多くのブラックセレブが出演しています。
f0009746_7441861.jpg


f0009746_7455139.jpg



そして、
ブロードウェイ公演ならではの、「入り待ち」「出待ち」サービスが、もうひとつの贅沢なお楽しみ。
グラミー賞やアカデミー賞のレッドカーペットでも凄いガード付きの人気スター達が、目の前で、写真撮影やPLAYBILLにサイン(=観劇した人だけ)をしてくれるんです。



★FELA! パティ・ラベル編★

正面玄関の隣のスタッフ専用口。
f0009746_10591430.jpg


出てくる出演者は皆フレンドリーなので、気軽に笑顔で待ってます
f0009746_1103215.jpg


扉が開いて、、、
f0009746_1122581.jpg

毛皮とサングラスと愛犬、、
セレブ3点セットをバッチリ整えてパティが笑顔で登場。
横付けされていたピカピカの黒塗り車に乗り込むー。
どんなに疲れていても一人ひとりに笑顔で応対するのがブロードウェイ出待ちの流儀。(しかも毎日)

この裏ブロードウェイのお楽しみ、次回お目当ての俳優やシンガーが出ているときは是非お試しくださいませ。



<アシャーがブロードゥエイ出演の過去ログ>
※UsherのCHICAGO、意外にひっそりと終了・・




f0009746_11153466.jpg
5年位前、デンゼルと。





昨年11月、オバマ大統領夫人も観劇したこのFELA!ミュージカル。
残念ながら見逃した方、1月13日(木)からは、20ヶ国、約350スクリーンで、ロンドンプロダクション版が上映されます。(日本は未だスケジュールに入っていないのが残念)

NYエリアでは、以下2箇所で上映されます。
1月13日(木) 7PM-ブルックリンのBAM Rose Cinema ($23)
1月27日(木) 7PM-ダウンタウンNYU Skirball Center ($20-$25 )



※これを読めばFELA!の全貌がわかる↓
黒人セレブ一押し「FELA!」にアノ大物R&Bシンガーが限定出演!(2010年8月)

FELA! 開幕。 華☆ダンス☆感動☆ブラックパワー炸裂! (2009年10月)

黒人セレブの応援で遂にブロードウェイ昇格! (2009年5月)

元祖ブラック・プレジデント、終わりの始まり。(2008年10月)


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2011-01-14 11:27 | オススメ映画

5番街でメリル・ストリープに遭遇。

f0009746_18405173.jpg
by松尾公子
5番街で買い物をしていたら、「ワー」「キャー」という歓声が聞こえてきたので、ちょっと近づいてみると、、、、

プラザホテル前のテントで、映画のプレビューに現れたメリル・ストリープのインタビューが行われていました。

驚愕の60歳、すっごく綺麗です☆ (ブレブレ写真ですが)
f0009746_1843578.jpg


...12月25日公開のラブコメディ「It's Complicated」のプレビューでした。

これから、クリスマスetc.のホリデーシーズンに向けて、新作映画がどんどん封切りになります。

ちなみに、先週の「映画観客動員ランキング Best5」 はこちら。
1位と5位はディズニーです。

1位 「The Princess and the Frog」 $24,208,916
2位 「The Blind Side」          $15,055,258
3位 「Invictus」               $8,611,147
4位 「The Twilight」            $7,960,394
5位 「Disney's A Christmas Carol」  $6,833,190


前に、映画館で予告編を見て、ネルソン・マンデラ役を、俳優モーガン・フリーマンがそっくりに演じているのにびっくり!で、ずっと公開を楽しみにしていた「Invictus」が初登場第3位。

f0009746_1953928.jpg ← ネルソン・マンデラ(91歳)
南アフリカ共和国の反アパルトヘイト運動の中心人物として国家反逆罪終身刑で27年投獄、'90年釈放後、'94南アフリカ共和国史上初の黒人大統領となり、アパルトヘイト制度完全撤廃となる。
1993年ノーベル平和賞受賞。



これは本物のネルソン・マンデラの写真ですが、是非下のトレーラーで、如何にモーガン・フリーマンがはまり役かご覧くださいませ。かなり似てます。。。。
★日本でも2010年2月5日から公開です。
※日本版トレイラーはこちらからご覧いただけます


★南アフリカのヨハネスバーグで行われたプレビューショーの模様はこちら ↓ 本国でも凄い盛り上がりのようです。。。



世界中から非難され経済政策を受けても南アで続いていたこのアパルトヘイト(人種隔離政策)。白人とその他の人種を隔離差別するということが15年前まで国家を挙げて行われていたとは、、、


ハーレムにも、ネルソン・マンデラが訪れた場所には、今もその名が残されています。


 ..................................

明日も更新!この2つのマークを今日もワンクリックして応援してください
      コレと  ↓      これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ  

 ..................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

   ..................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2009-12-15 19:23 | オススメ映画

マイケル・ジャクソンの映画☆予告映像解禁

f0009746_14225052.jpg
by松尾公子
ソニー・ピクチャーズからのお知らせメール。
10月28日(水)から2週間限定で劇場公開される映画Michael Jackson's THIS IS IT
昨夜のMTVアワード授賞式で予告映像が解禁となりました。
チケットは、9月27日(日)より発売開始。

※こちらの「THIS IS IT」オフィシャルサイトをクリックすると、予告編が自動的に始まります

世界“75カ国”でほぼ同時公開。
現代で、これほど国境、人種、年齢etc...を超えて、世界中の人から「姿を見たい!」と思わせるアーティストが他にいるか、としみじみマイケル・ジャクソンの大きさを考えさせられます。

日本でも、10月28日から東京丸の内ピカデリー他で公開のようです(詳しくはこちらから)

チケット完売ながらも、幻となってしまったMJのロンドン公演。
これが自分の最後のステージ、、と宣言していたコンサートが、こんな形で映像で世界中の人に届けられることになるとは、、、、
ソニー・ピクチャーズが総力を挙げたこの映画には、2009年4月から6月までのリハーサル風景や様々なお宝映像が織り込まれているそうです。

.....................................

<余談>

マイケル・ジャクソン出演の映画といえば、「The Wiz」 (←クリックすると映像がご覧いただけます)。
「オズの魔法使い」がNYを舞台に繰り広げられています。ダイアナ・ロス演じる女教師はハーレム出身の設定。音楽はアッシュフォード&シンプソン、という、今見ると超豪華な顔ぶれ。1978年作品。(全てアフリカン・アメリカンキャストによる映画はまだその時代には新しすぎた?)
この映画で、音楽プロデューサー、クインシー・ジョーンズとマイケル・ジャクソンが出会い、その後「スリラー」が作られたという、マイケルにとっては運命的な作品。


ジャクソン5 の私生活を描いたファミリー映画「The Jacksons」はこちらから。
.....................................

頑張って明日も更新!どうぞこの2つのマークをクリックして応援くださいねっ↓
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村

※トミー富田が案内する人気のアポロ劇場アマチュアナイトツアーはこちら


★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2009-09-15 14:23 | オススメ映画

赤絨毯のアポロ劇場にアノ大スターたちが集結!

f0009746_17124831.jpg
by松尾公子
トミーさんが、アポロの支配人(何と、デンゼル・ワシントンの同級生)からお話をいただき、本日夕刻より、アポロ劇場での「アメリカン・ギャングスタ」プレミアム試写会に出掛けて参りました。普通の試写会ではありません、赤絨毯、いわゆるレッドカーペットが、125丁目アポロ前にズーッと敷かれ、主演のデンゼル・ワシントンや、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディングJr.(ブロンクス出身)、HipHop界から映画共演のCommonやRZA(ブルックリン出身)らも正装で登場、よく芸能ニュースなどで見るあのプレミアム試写会です。ハーレムの顔アポロ劇場ってやっぱり凄い!
f0009746_17105881.jpg
他には、サントラに参加のアンソニー・ハミルトン、11月6日に「アメリカン・ギャングスタ」というアルバムを発売することになったJAY-Zや、Diddy(改名前パフ・ダディ、P.Diddy)、ジャネット・ジャクソン、Ice-T、アル・シャープトン(黒人活動家)やビル・パーキンス(ハーレムの政治家)、、、(あまりに沢山の有名人がいて、もう思い出せない・・)、、、たちが小雨のハーレムに高級車で降り立ち、各テレビ局や雑誌のフラッシュの嵐の中、長~い赤絨毯をゆっくりと歩いてアポロ劇場入り。アポロ横の特設大型スクリーンでこの模様が映し出され、車も舗道も大渋滞。。。。。

配給ユニバーサルからの招待客の大半は、こういうことでも無ければ普段ハーレムに来る機会が無さそうな白人の皆さん。きっと、今夜初めて緊張してハーレムに足を踏み入れたという方も多いのでしょう。

今回、ハリウッドでもなく、NYミッドタウンでもなく、何故ハーレムなのか?それは、映画の大半がハーレムで撮影されているから。
この「アメリカン・ギャングスタ」とは、70年代に、ベトナム戦争から帰還する兵士の棺を利用し大量のヘロイン密輸で大成功を納めた、ハーレムギャングの実話なのです。f0009746_19145641.jpgハーレム120丁目近辺レノックスアベニューなど、目を凝らすと沢山お馴染みの風景が出てきますよ。
このブログでも、1年以上前から、ちょくちょくご紹介しておりますので、よろしかったら過去ログもご覧ください。
セレブが集う、ハーレムの店
トミーズハウス前で、またもや映画撮影!

映画「アメリカン・ギャングスタ」は、11月2日(金)より全米公開。
きっと、ハーレム125丁目の映画館「マジック・ジョンソン・シアター」では、またSOLD OUT続きとなることでしょうね。(日本でも2008年お正月開けに封切りになるようです)
※続きはまた明日・・・。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2007-10-20 18:12 | オススメ映画

ジェニファー・ロペス監督映画Feel the Noise

f0009746_13233259.jpg
by松尾公子
今週は、TVの撮影、ハーレムのTap、ダウンタウンの日本人HoofersのTap、アポロ劇場のクリントンのパーティ、Salsa、ヒップホップパーティー・・・etc.とまたグチャグチャな1週間。。。

で、ハーレムとミッドタウンとダウンタウンを行き来しながら、とても目に付いたのがこのポスター(写真上)、10月5日公開の映画FEEL THE NOISEです。
"ポスターの連貼り(何枚も繋げて貼る)"というのは、エリア的にとても特徴があって、何が貼ってあるかで、その街の趣向がよくわかります。
例えば、おおまかに言うと、NYファッションウィークのお洒落なポスターは、コレクション開催前ミッドタウンでは良く見かけるが、黒人街には殆ど貼られていない。ダウンタウンにはロック系のポスター連貼りが目立つが、ハーレムではHipHop系のアルバム発売告知ポスターばかりがベタベタ・・・。
ところが、このFEEL THE NOISEのポスターは、どのエリアでも連貼りされていています。

主役のRobはサウスブロンクスのラッパーで、事件に巻き込まれて父親のいるプエルトリコへ逃げ、そこでレゲトン(=ラップ、レゲエ、サルサが融合した、今、若いラテン系と黒人に人気のジャンル。ズンタカ、ズッター、ズンタカ、ズッター、、、、のリズムです)に影響され、NY音楽シーンに再び挑戦していく・・。

というストーリーから見ると、どう考えても、黒人街、ラティーノ街を中心に展開しそうな映画なのですが、主役がギャルに人気のオマリオンであること、ダンスシーン満載であること、そしてジェニファー・ロペスが監督陣に名前を連ねていることから、単なるレゲトンムービーの枠を超えて、万人共通、エリア限定無しの展開になっているのでしょうね・・・。

ちなみに、この映画については、ダンス部分に期待して、また、NYで6月に行なわれるプエルトリカン・デイ・パレードのシーンが出てくるということで、以前から個人的に上映を心待ちにしていたのですが、いよいよ来週JLo(ジェニファー・ロペス)に会いに行く私としては、今やとてもとても興奮するポスターとなっているので、やたらと目に付いたのかもしれません・・・(笑)。
この辺の熱い話の続きは、最近口コミで大人気のスパニッシュ・ハーレムツアーで。。。。。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2007-10-01 14:16 | オススメ映画

ジェームス・ブラウン伝記映画のゆくえ・・・

f0009746_1354392.jpg
by松尾公子
ジェームス・ブラウン(JB)がクリスマスに亡くなってスグ、かねてから噂のあったJBの伝記映画の監督として、スパイク・リーが正式契約したと報道されました。もっぱらの関心は、誰があのワイルドで破天荒で、独特のリズム感とステップとソウルフルボイスを持つJB役を演じるか?

実は、昨年11月のニューヨーク・ポスト紙で、既に映画制作は報じられていました。「ジェームス・ブラウンの伝記映画制作をパラマウント・ピクチャーズとイマジン・エンターテイメントが発表!JB役にはUsher、JBの奥さんのうちの一人として(JBは4回結婚している)Black Eyed PeasのボーカルFergieの名が浮上。JBも楽しみにしている模様・・・」映画制作が決まった時には、まだJBは元気だったのです・・・・。

発表当時は、レイ・チャールズの映画が当たったからって、まだ生きているのにもうジェームス・ブラウンの伝記か・・・という感もありましたが、今となっては状況が全然違います。世界中のソウルファンがJBの突然の死を惜しんでいる今、この伝記映画の市場はもう世界レベル。さらに監督がブラックムービーのアイコン、スパイク・リーとなると、ストーリーも映像も独特の展開の期待大です。

ただ、スパイク・リーがJB役にUsherをキャスティングするかどうかは疑問。もう少しシリアスな演技の出来る「俳優」を選ぶのでは無いかと言われていますが、あのJBステップを踏める俳優、口パクなしで歌える俳優、、、となると人選はかなり難しい。(モス・デフあたりどう?という意見もありますが、、、)今年の末あたりから撮影にとりかかる予定とのことです。
f0009746_1423656.jpg
さて、生きているのにもう伝記映画、というと、ダイアナ・ロスのシュープリームス時代がモデルの映画ドリームガールズ(日本では2月17日公開)。実はダイアナ・ロスの長女はハーレム在住で、トミーさんと一緒に彼女の邸宅に遊びに行ったり、教会へ一緒に行ったり、とお付き合いさせていただいている関係で、昨年いち早くこの映画も見に行きました。12月25日の公開日前から、ミッドタウンのジーグフェルド劇場では(写真上)、限定プレミア上映が始まり(全指定席、限定プログラム付きで$25)、25年前B'wayのロングランミュージカルだった作品だけに、ここにはミュージカル好きの白人客が連日長蛇の列でSoldOut。一般公開のクリスマスの日、ハーレム唯一の映画館マジックジョンソンシアター($10)では、朝から黒人客の長蛇の列(写真下)。夜中の上映分までSoldOutという人気ぶりです。

この映画の中で、JBをイメージしたジミー・サンダー・アーリーを熱演していたのが、今回ゴールデングローブの助演男優賞を獲得したエディ・マーフィー。彼が演じていた撮影当時はぴんぴんだったJBが、映画の公開日である12/25に亡くなり、そして映画の中でもジミーサンダーは突然亡くなってしまう、、、脚本家もまさか想像だにしなかった展開に何だかJBの数奇な運命を感じる映画でした。
エディ・マーフィーのJBはハマリ役だったけど、さて、伝記映画では誰がJBに抜擢されることやら・・・。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2007-01-19 14:57 | オススメ映画

11月17日公開オススメ映画!HAPPY FEET 

f0009746_1523889.jpgby松尾公子
今、公開を心待ちにしている映画、「ハッピーフィート」。可愛いペンギン達のアドベンチャーコメディCGアニメ映画です。
....ん?普段アニメに殆ど縁の無い私が、何故?
それには、大きな理由があるんです。

<ストーリー>
素敵なソウルメイトを探す為、皆、独自のスペシャルソングを歌うことにしのぎを削っている南極大陸の皇帝ペンギン王国。かわいそうに、主人公のマンブルは世界一歌がヘタクソ。
でも彼には素晴らしい「TAP」の才能があった・・・。

この主人公のペンギンは見事な「TAPダンス」を踊るんです!
そして、アニメの元になっているTAPの動きは....セヴィアン・グローバー。

声の出演が、イライジャ・ウッド、ロビン・ウィリアムス、ヒュー・ジャックマン、ニコール・キッドマン、ブリタニー・マーフィーだということばかりが話題になっていて、今のところセヴィアンの名前はポスターにも出ていませんが、きっと映画公開後は、"あの可愛いペンギンのTAPステップはどうやって作られたんだ!?"と話題になるのでは、と今から楽しみ。

彼の側近からの話によると、もう遠~い昔にTAPの動きは撮り終えているとか。そこにペンギンの3Dアニメをかぶせていくのにかなり時間と手間がかかっているのですね。可愛いペンギンのキャラが、超プロフェッショナルなTAPのステップを踏める秘密はそこにあるんです。

公式ウェブサイトのトップページでは、6種類の予告編が全部自動再生で見られます。特に4番目の予告にはTAPシーンがいっぱい!

f0009746_1531672.jpgサウンドトラックも豪華です。
プリンスにパティ・ラベル、ヨランダ・アダムス、ファンタジア、ブランニュー・へビーズ、、、
スティービー・ワンダーの "I Wish"....とR&B、ゴスペル、FUNK etc.満載。声優のロビン・ウィリアムスが歌う"MY WAY"や、ブリタニー・マーフィーが歌うEW&Fの"ブギー・ワンダーランド"等のオマケつき。

声優的には白人、サウンド的には黒人、内容的には子供たちもOK...となると、映画館に足を運ぶ客層も楽しみです。

日本でも2007年春公開の予定ですから、これを機に日本のTAP人気が高まるかも..。

※Tapワークショップやクラブイベント、学園祭etc.でTapコラボなどをお考えの方、アレンジいたしますのでどうぞご連絡下さい。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-10-28 23:49 | オススメ映画

アウトキャストの映画「IDLEWILD」

f0009746_1329106.jpg
by 松尾公子

8月25日(金)、アウトキャスト二人の主演映画IDLEWILDが公開されました。昨年秋から何度も発売延期になってきた同タイトルのニューアルバムも、映画公開に合わせ8月22日からリリース。アルバムゲストのパティ・ラベル、メイシー・グレイ、アンジェロ・ムーアは、映画にも出演しています。

NYでのプレビューは、その数日前に、マンハッタン54丁目のジーグフェルド劇場で行われました。・・・その昔、白人歓楽街の中心だったジーグフェルド劇場(現在は映画館)という場所がこのHipな映画にそぐわなかったのか、赤絨毯の盛大なプレビューのはずが、ひっそり・・・。
その後、ミッドタウンウエスト57丁目のレストランクラブで、アフターパーティが(こちらは)盛大に開催され、アウトキャストの二人にアンジェロ・ムーア、、、そして、横浜ランドマークハーレムナイツコンサートでもお馴染みのタップダンサー、オマー・エドワーズも出席しました。

何故なら、エンドロールシーンはタップダンサーの華やかなステージなんです。残念ながら映画の制作上、お声が掛かったのはハリウッドに近い西海岸で活躍中のジェイソンでしたが、これが東海岸であればオマーだったかも・・・。ジェイソンとオマーは、若かりし頃、B'wayミュージカル「ノイズ&ファンク」で、セヴィアン・グローバーとTapのニュージェネレーションを築き上げた同士、今でも家族ぐるみで仲良しなんです。

日本での映画公開は未定なので、残念ながら見られないという方はTrailer(予告編)でどうぞ。

内容は、1930年代、禁酒法時代の南部ジョージア州のヤミ酒場のお話(詳しいストーリーは、映画公式サイトの「The Story」で)。大人しく真面目なピアニスト役のアンドレ3000は、Sexyシーンも頑張って、なかなかいい味出してます。これまでに「Be Cool」や「Four Brothers」等の映画にも出演していますが、もとはと言えば、彼等の凝ったミュージックビデオで随分「演技慣れ」している感じです。

はなからストーリーには余り期待せず、彼等のビデオクリップを手掛けているブライアン・バーバーが映画初監督ということでしたので、映像に注目。確かに「音楽を観れるミュージカルみたいな映画を作りたかった」というだけあって、音楽とダンスシーン、そしてお決まりの「金」「毛皮」「女」という3要素も満載で、豪華絢爛、華やかで、色も全体的に綺麗。・・・でも、細かすぎる映像テクニックは映画にはちょっとToo Muchかも・・・。
現在、ハーレム唯一の映画館マジックジョンソンシアターでは、このIDLEWILDが2スクリーンで朝から夜中まで上映されています。

さて、今後マジックジョンソンシアターで公開予定の映画はこんなカンジ
Gridiron Gang 9/15公開
鑑別所行きの落ちこぼれ少年達をアメフトを通じ更生させようとするUpliftingStory

De ja Vu 11/22公開
デンゼル・ワシントンの新作

Let's go to prison 11月公開
刑務所が舞台のコメディ。・・・主役は白人なのですが、これって実際に身内に受刑者または元受刑者がいたりするこの辺の人々にとっては笑っちゃいけない話ですよね。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-08-25 23:09 | オススメ映画