「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:R&B ソウル( 8 )

日本に居ながらにしてアノ感動が味わえる―。

f0009746_15494382.jpg
by 松尾公子
ミュージカル「ドリームガールズ」がいよいよ5月に東京上陸ですね。
日本ではテレビ特番も終了し、これから益々盛り上がってくることと思いますが、当ブログをご覧の方には、もう周知のことばかりですよね、笑。

2009年10月、NYタイムズスクエアで初の公開舞台稽古から、11月7日のアポロ劇場でのプレビュー、そしてオープニング、、、と全て見させていただいた日本人は、後にも先にも私とトミーさんしかいませんので(LOL)、ブログのみならず、NYの日系新聞、そして日本の新聞のコラムにも、見どころから裏話まで、いち早く随分紹介させていただきました。日本のライターの方もかなり参考にしてくださったとか。。。

私共がかなり力入れて紹介させていただいたのは、かなり気に入って、かなり大好きで、かなり感動したからです。しつこくてすみませんが、かなりおススメ!

是非、本物のエンターテイメントを日本に居ながらにして堪能できるこの機会をお見逃し無く★

Dreamgirls 東京公演
5月19日~6月5日 Bunkamura オーチャードホール
S¥12,600 A¥11,000 B¥8,000(税込)

※過去ログ「衣装ナント580着!ドリームガールズの見所★」(2009年11月)
※過去ログ「新!☆ドリームガールズ☆に興奮!」(2009年10月)

※ドリームガールズ東京公演オフィシャルサイト

......................................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。
  コレと ↓     これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ 
......................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-04-02 16:21 | R&B ソウル

グラミー賞のみどころ★豪華コラボ

by 松尾公子
1月31日(日)、第52回グラミー賞の授賞式。といっても、いつも各部門の発表は意外とあっけなく、受賞者はコメント言ってすぐに退散ですが、やはり見どころは普段ありえない豪華なコラボパフォーマンス。

プラシド・ドミンゴとメアリーJ ブライジとか、セリーヌ・ディオンとジェニファー・ハドソンとアシャーとスモーキー・ロビンソンとか、、、。(前回書いたアポロに現れなかったDoug E, Fresh。ジェイミー・フォックス& T-Painとコラボ出演してましたねー)

中でも今回一番楽しみにしていたのが、ネオソウルのMaxwell と、R&Bの大御所ロバータ・フラックの共演です。
ロバータのツアーメンバーが先日うちのオフィスに来た時に、「ロバータはマクスウエルとグラミーでデュエットするからLAに行くと張り切ってるよ」と予告され、どんなものになるかとついつい最後まで見てしまいました。
※今年73歳とは思えない素晴らしいロバータ・フラックの過去ログはこちら

Pretty Wingsで見事な復活を果たしたMaxwell は、"Best R&B Album" "Best Male R&B Vocal Performance" "Song of the Year" を含む6部門でノミネート。
このPretty Wings は、昨年ほんと色々なところで耳にしましたね ↓



さて、NYのステージでR&Bを歌いたいという男子ボーカルの皆さんは、是非Maxwellのこの2曲を押さえておくべし、です。
Ascension (Don't Ever Wonder) ↓


と、

This Woman's Work ↓



90年代、甘いR&Bで黒人女子をメロメロにしたブルックリン出身のMaxwell 。父親はプエルトリコ出身、母親はハイチ出身で、今回のハイチ大震災もかなり支援しています。。。


※受賞結果は、グラミー公式サイトをチェック
http://www.grammy.com/

さぁ、いよいよ来週2月7日(日)は、全米一の視聴率となるスーパーボウルです。
......................................

今日も是非!忘れずに「応援クリック」お願いしますっ。
  コレと ↓     これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ 
......................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-02-01 18:31 | R&B ソウル

祝★モニークのトークショーに出演!!

f0009746_13513820.jpg
by松尾公子
R&Bレコーディングアーティスト、アリソン・ウィリアムスから、
「モニークのトークショーに出演するから見てねー♪」
という連絡がありました。

12月2日(水)夜11時
BETブラック・エンターテイメントTV
Mo'Nique Show
ゲスト:Master P、Gbenga Akkinagbe 、Alyson Williams


f0009746_15103411.jpg2006年にハーレムナイツコンサートin横浜で日本へブッキングさせていただき、その迫力ある歌とアネゴな性格で大人気を博したあのアリソンです。

そして、モニークといえば、米国では人気のコメディアン。テレビ版アポロの司会、BETアワードの総合司会、ビヨンセの踊りの真似、コメディ映画出演、、、そして最近ではハーレムが舞台の映画「Precious」の名演でシリアス女優への新境地を開き、来年のアカデミー賞を狙わんばかりの勢いのマルチタレントです。

実はこのふたり...約20年前にモニークがまだギャラ2500円くらいという売れない時代に、その頃「Just Call my Name」がヒットチャート連続1位で大人気だったアリソンと番組が一緒になり、Soul & Spirit を学んだとか。

その直後、モニークはテレビの露出がだんだん多くなり、今やオスカー女優!?まで上り詰めていますが、昔からの約束を忘れることなく、今回は自分のトークショーにどうしても、とアリソンをリクエストしたという話。
助け合い系黒人コミュニティは、こんな風に結構義理堅いんです。


..................................


(アリソン出演番組の全貌はこちらをクリックするとご覧いただけます)


..................................


この日の他のゲストは、、、、、、
f0009746_15124596.jpg元ラッパー、バスケ選手で、今や大実業家、慈善家のMaster Pと、黒人ゲトーやドラッグ、ギャング生活を描いたHBOの人気ドラマシリーズTheWireのGbenga Akinnagbe 。アキナベ(写真右)のTシャツ。こぶしが遠くから見るとアフリカ大陸になっていてCooL!

..................................


★余談ですが、、、
モニークはテレビ版アポロの司会時代、オマーとも数年間共演しています。( ↓ 司会のモニークと、ブーイングが出たとき追い出すエクスキューショナー役のオマー)
世間は狭いですね、 It's a small world !!


..................................

モニーク熱演、ハーレム・ブロンクスが舞台の映画「Precious」プレシャス↓


..................................

明日も更新!この2つのマークを今日もワンクリックして応援してくださいませ↓

にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村

   ..................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

   ..................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2009-12-04 15:28 | R&B ソウル

最初で最後、のNYライブ。大変なことになりました

f0009746_1483654.jpg
by松尾公子
2009年8月17日(月)夜8時、大変なことになってしまいました。
スノッブな白人達が集うアッパーイースト・パークアベニューにあるNYの名門Feinstein's at Loews Regencyホテルで、B.BことBrvon(バボーン)のバースデーコンサートが開催されます。

1階のFeinstein's Ballroomといえば、毎年、アッシュフォード&シンプソンや、フレディ・ジャクソンなど、R&B界の大物がディナーショーを行うことでも有名。その、フレディ・ジャクソンの推薦で、今回若手のバボーンがBDライブを行うことになりました。

※カーク・フランクリンとグラミーを受賞したバボーンの過去ログ

※ジョー・バイデン米国副大統領の前で歌ったバボーンの過去ログ


↓ フライヤーをよ~く見てみると、、、
f0009746_14132393.jpgギャー!!
バックグラウンドボーカルに、ナント私の名前が入っているではないですか!?
(すみません、実は私がフライヤー作りました、苦笑)


と言うことで、親友のバボーンに頼まれて、歌手でもなければ歌手を目指したこともないこんな私が、プロの方々に囲まれてステージに立つことになりました。
バボーンの誕生日プレゼントとして、最初で最後、恥を忍んで頑張ってきます。

何が起こるか、是非ひやかしに来てください、いや応援に来てください。
私は「ウー♪アアー♪」とコーラスするだけですが、バボーンの歌とピアノは最高です!
オリジナルのラブソングもグッときます。
勿論、バンドメンバーはNYトップクラスのアノ面々です。

A Concert & Birthday Celebration for B. Brvon
8/17(Mon) @8:00
Feinstein's Ballroom
540 Park Ave. @61st Street


今夜はダウンタウンのスタジオリハーサルだったのですが、私はハーレムの野外礼拝HJGCとして参加することになっていたので、リハ欠席、、。
12曲も覚えなければならないのに、こんなんでいいのか自分(焦)。



頑張って明日も更新!どうぞこの2つのマークをクリックして応援くださいねっ↓
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村


★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2009-08-15 13:59 | R&B ソウル

片足のソウルシンガー in ハーレム

f0009746_1457321.jpgby松尾公子
ハーレムのメインストリートで、車椅子に小さな募金箱を乗せ、のけぞりながら、カラオケガンガンにかけて、結構いいマイク使って、ソウルミュージックを熱唱する、片足の、野球着のお爺さん。

ハーレムツアーが終わって、一人になって、てくてく歩いていた私は、あまりに甘く哀しいその歌声に、思わず足を止めてしまいました。

めちゃくちゃ上手いー!

それもそのはず、ナント、1960年代から70年代にかけてのソウルミュージック界で、数々のTop10入りヒットを放ったグループ、The Intruders(イントルーダーズ)のSam "Little Sonny" Brown、張本人です。

元来、音楽好きばかりのハーレムですから、あっという間に黒山の人だかり。一人だけアジア人で完全に浮いている私はスグに見つかり、めちゃくちゃイジられる羽目に。。。

「...そこのお嬢さん、あなたの名前を教えて、どこに住んでいるの?電話番号は?独身?近くに来てよ。僕のことを話そう、僕は甘いものが好きでさぁ、、、」
これは、70年代に大ヒットした"I wanna know your name”。


歳を重ねて、いい具合にしわがれた甘い声で、自分のヒット曲をどんどん歌っていくんです。
隣にいたおじさんは「俺はIntrudersのレコードいっぱい持っているよ」と感慨深げに笑顔で聴き入っています。

2曲分ぐらい延々とイジられた私、「あんたの為に歌ってるってさ」、、と周りの黒人のおじさんやおばさんに笑われたので、「OK!」と前に行って、ねっとりハグ&チューして(笑)、ドネーションもちょっと奮発して、円陣を抜けてきました。(思うツボかな!?)

輝かしい栄華時代の後、何があったのか....15年前にアルコール中毒とドラッグ中毒から自殺を図ったSonny。今は片足になってしまったSonny。
でも、ハーレムのストリートのド真ん中で歌っている彼は、素晴らしい笑顔で、素晴らしい歌声で、快晴の気持ちのよい天気も助けて、その一瞬、幸せな気分を味あわせてもらいました♪

音楽が溢れる街ハーレム...やっぱり大好きです。

f0009746_14582247.jpg


R&Bチャートで一位に輝いたCowboys To Girls


ソウルトレインより。アフロが懐かしい時代のI Bet He Don't Love You




※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村


※ハーレムはちょっと不安、、という方は、大人気のトミー富田のハーレムウォーキングツアーにご参加ください♪
※相変わらず人気のスパニッシュハーレムツアーでは、ラティーノグラフィティが沢山ご覧いただけます♪♪


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-28 16:15 | R&B ソウル

NYで黒人セレブが集まるライブ!

f0009746_17322490.jpgby松尾公子
2月17日(火)夜、NYマンハッタンで、黒人セレブの集まるShowcaseがあります。お時間あれば是非お越しください。友人Kがプロデュースしているイベントで、私も時々コーディネイトのお手伝いをさせていただいております。

今回の出演は、昨年デビューアルバムがグラミー賞「R&B部門」にノミネートされたブルックリン在住のRyan Shaw。5歳の時から教会で歌っていたというから、もう歌唱暦20年以上のベテランSingerです。

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


女性シンガーは、ブロンクス在住のAyanna Irish。実は彼女、2年前ウチの「ハーレムナイツコンサートin横浜」用にNYのスタジオで行ったオーディションに来た一人。小柄ながら抜群な歌唱力で、ピアノの弾き語りでしっとりも魅せてくれましたが、その後、随分成長して、昨年はメジャーのHipHopアーティストJadakissとCan't stop Meをレコーディング、見違えるほどです。

そして!!!
今回は、我々のファミリーであるバボーンも出演、今からワクワクしています
※バボーンについての過去ログはこちらから

毎回、黒人セレブがお客さんとして見に来ているのもこのイベントの面白いところ。隣に黒人俳優のTyler PerryやR&Bシンガーのフレディ・ジャクソン、Elisabeth Withers、アリシア・キースのマネージャーetc....がフツーに座っていたりします。
※イベントに関する過去ログはこちら

このイベントの収益金は、performing artsの才能ある子供達を支援する奨学金にも一部当てられます。当日は、私Kimikoも早くから前のほうに陣取る予定ですので、初対面の方もどうぞお気軽に尋ねて来てください。可能な限りお席をshareします!!

2月17日(火) 7時半Showスタート (6時開場)
場所:the Plumn(元クラブNell's)
246W、14th Street @8thAve.
入場10ドル (& 2ドリンクミニマム)


ブッキングコーディネイトについてのお問い合わせは★
NY電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com
までお気軽にお問い合わせください。


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-02-16 18:48 | R&B ソウル

NYのR&Bシーンの層の厚さについて

f0009746_11162635.jpgby松尾公子
黒人音楽の代表的ジャンルのひとつ「R&B」。その"R"と"B"の語源となっている昔のRhythm&Bluesリズム・アンド・ブルースから最近のヒップ・ホップ・ソウルまで、R&Bも年代ごとに少しずつ姿を変え進化していますが、個人的には、DanceとFunkとSoulミュージックの要素が色濃い80~90年代のR&Bが一番心地よい。甘い恋愛や切ない片思い、心が痛む失恋の歌詞を、黒人特有の表現力と歌唱力で、ねちっこ過ぎるくらいSexyに歌い上げるからでしょうか、名曲が多い。HipHopでサンプリングされたりカバーされたり、何年経っても色あせることがありません。

f0009746_1117668.jpgその80~90年代R&B代表格の一人、アリソン・ウィリアムスのライブに出掛けて参りました。アリソンは、"Just call my name"がビルボードの連続ヒットを記録したデフジャムレコード初の女性シンガーで、ご存知の通り、トミー富田プロデュースハーレムナイツコンサートin横浜2006で来日して大盛況だった超パワフルな人。

NYには、世界的に名が通ったこういうベテランR&Bシンガーから、中堅、新人シンガー、そして日本のプロより全然上手いアマチュアまで、金太郎飴のようにどこを切っても、ソウルフルでビッグボイスで歌の上手いシンガーがごろごろ居ます。だから、ここからTopへ這い上がっていくというのは至難の業、歌の上手さだけではなくパフォーマンスとオーラと運を併せ持つ一流です。

そして、面白いのは、その一流のライブの観客の中には、大抵、有名なシンガーが友達として遊びに来ていて、飛び入りパフォーマンスが繰り広げられること。今回も、見渡すとメリッサ・モーガン、ゴードン・チェンバース、アリ・ウッドソン、、、ビルボードのヒットメーカーや敏腕プロデューサー、そして往年のベテランシンガーがわんさといて、次々とマイクが回り、美味しいライブでした。

こうして、夜のハーレムツアーが終わってからも、あちこちのライブハウスにトミーさんと御呼ばれしては毎晩のように素晴らしいパフォーマンスを見て、その中から特に私たちが大好きなメンバーを毎年日本の皆さんへご紹介しています。

f0009746_1117451.jpgオフィスには毎日色々な音源や資料が送られてきますが、レコーディングされたものやベストショットの写真、DVDでは客との盛り上がりが見えず判断が難しい。やはり"生のライブ"を見るのが一番です。稀にスタジオを借りてオーディションをすることもありますが、それで決めることもあまり無い。ライブを見に夜な夜な出掛けるのが楽しみでもアリ仕事でもあります。

ということで、今年もまたたくさんの素晴らしいアーティストを日本へBookingしてご紹介する準備を今着々と進めています。本場のNYのエンターテインメントを自信を持ってお届けしますので是非楽しみに待っていてくださいね。

※初めてブログのランキングというものに参加してみました。沢山の皆さんに見ていただけるよう、よろしかったらワンクリックお願いします↓


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-04-30 15:44 | R&B ソウル

最高のエンターテインメントAshford & Simpson

f0009746_14584352.jpgby松尾公子
またまたブログから遠ざかってしまいました・・・。朝から晩までオシゴト、イベント、事件がてんこ盛りで、1日がアっという間に過ぎておりました(本当は、こんな時ほど毎日がネタの宝庫なのですが、、書き残せなくて残念)。更新が途絶えたら、アノひとたちまた夜中まで出歩いてるな・・・とご容赦くださいませm(_ _)m

さて、言い訳はこのくらいにして、今日は、トミーさんと大感動した「最高のコンサート」について。

4月21日(土)8:00pm-The Apollo Legends Series
Ashford & Simpsonfeaturing Melba Moore
@APOLLO Theater

アッシュフォード&シンプソンと言えば、米国では超有名な、R&B・ソウルブームの立役者。モータウンの専属作曲家兼プロデューサーとしてひとつの時代を築き、レイ・チャールズや、マービン・ゲイ、ベンEキング、チャカ・カーン、グラディスナイト、クインシー・ジョーンズ・・・他、沢山の黒人シンガーに曲を提供したヒットメイカーで、、、、シュープリームスからソロデビューしたダイアナ・ロスの全面プロデュースをしたことでも有名ですが、自らも夫婦デュオとしてR&Bヒットチャートの頂点に立ったマルチタレントです。

f0009746_1764066.jpg毎日音楽と関わって、色々なライブを見まくっている私たちですが、彼等のステージは、華やかでステージ構成もスキが無く、最初から最後までどこを切っても楽しめる、最近見た中でも最高点のエンターテインメント。私たちがプロデュースする際に目指すところです。メンバーはバックコーラス含め10人編成で、派手な衣装でステージ狭しと踊りながらパワフルに歌い上げます。60年代~80年代に活躍したR&Bソウル系のスターを今見ると、でっぷり太って高音の声も出なくなって、ちょっとガッカリ・・・というのはよくあることですが、この二人の、60歳を過ぎても全く衰えない、というか観客の期待を裏切らない変わらぬ格好良さ、それを維持する為の日常の努力を想像するだけでも感動です。

コネチカットの豪邸に住んでいる彼等は、1996年にアッパーウエストにOPENした自分たちの店に毎週顔を出して、後進の育成と自分たちのモチベーションの維持を地道にやっており、私たちもいつも気楽に顔を合わせているのですが、こうして大きなステージで大観衆の前でのコンサートを見て、その偉大さを再確認。

そのニコラス・アッシュフォードとバレリー・シンプソンが始めて出逢ったのは、今から45年前、ナントここハーレムにあるWhite Rock Baptist教会での聖歌隊の仕事の為なんですね。ハーレムという街は、本当に色々な歴史的シーンと関わっている凄いところです・・・。

日本では意外にその名前が知られていないかもしれませんが、彼等が作った曲を聴けば「あ~ぁ」と思い出す方も多いと思います。
★マービン・ゲイとタミー・ティレルに作って、後にダイアナ・ロスもカバーして大ヒットしたAin't No Mountain High Enoughの貴重な映像はこちらでご覧いただけます

★チャカ・カーンの為に作って80年代にホイットニー・ヒューストンがカバーして大ヒットしたI'm Every Womanはこちらでご覧いただけます

「あ~ぁ」と思い出したでしょ・・・。

トミー富田ドットコムへ戻る


      ..............................
追記)今回友情出演したメルバ・ムーアのベースは、昨年、横浜ランドマークHarlem Nightsコンサートで来日したトニー・スティーブンソンでした
[PR]
by tommytomita | 2007-04-26 17:29 | R&B ソウル