カテゴリ:ファッション・アート( 27 )

超一流セレブ御用達のハーレムの洋品店

f0009746_159452.jpg
by 松尾公子

~全米36 都市配布の日系無料紙「ニューヨーク・ビズ」に掲載中のコラム「トミー富田のハーレム浅草下町孝」2016年4月号より転載~


ファッション通ならご存知であろう カスタム・メイドのブラント
「5001 Flavors」の、
初で唯一のブティックがハーレムにある。

ハーレム・ハバダッシュリー。

"haberdashery(洋品店)" の名の通り、
”Head to Toe”で、
靴、バッグ、アクセサリー、服、帽子まで、
トータルでオリジナルやセレクトされたお洒落アイテムが揃うというので、

クライアントは、
ジェイZ、アリシア・キーズ、クリス・ブラウン、ジェイミー・フォックス、ウィル・スミス、ファレル、リアーナ、P.ディディ、NBAのレブロン・ブラウン、コービー・ブライアントから、エアロスミスまで、
これらはほんの一部で枚挙にいとまが無い。

人気の秘密は、
デザイナーのガイ・ウッドと、トレンドスペシャリストであるルイス・ジョンソンの、
個性的で洗練されたファッションセンスと、
細かいディテールにまでこだわって自分たちのオフィスで作る 唯一無二の商品の数々だ。

20年に渡りセレブに愛されてきた彼らの第一号店は、
SOHOからのリクエストを跳ね除けハーレムに作られた。

「ハーレムはファッションのメッカ」と言う、ハーレムで生まれ育ったガイと、
私の教会ファミリーの親戚でもあるルイス。
"ハーレムラブ❤"の私には切り離せない場所だ。


ここに来れば、TPOに合わせて、
レッドカーペットからカジュアルスポーティまで、全身ばっちりスタイリングしてくれるので、
彼らが「ホーム」と呼ぶように、
忙しいセレブ達もアポ無しで立ち寄るというから、
毎日でも出掛けたいハーレムの隠れ家的お洒落スポットだ。


5月7日(土)お昼からは、
開店4周年記念ブロックパーティを
”ケンタッキーダービースタイル” で盛大に行う。

女性は顔が見えなくらいつばの大きな帽子で、
男性は懐中時計を付けたスリーピーススーツか何かで
お洒落に参加してみよう。

f0009746_202762.jpg
※TV、映画、雑誌、各種パーティのスタイリングでも有名なガイ・ウッドJr.、ガイ・ウッドSr.、ルイス・ジョンソンJr.。
店内のこだわりのインテリアやディスプレイ、お洒落談が尽きないオーナー達の毎日のファッションも必見


Harlem Haberdashery Boutique

245 Lenox Ave. Bet. 122nd & 123rd St.
www.harlemhaberdashery.com



★★今年から、新しくアメブロも始めました! ★★
毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓
「ニューヨークとハーレムと音楽の話」 http://ameblo.jp/harlemusic/


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。
ジモモ ニューヨーク

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ



人気ブログランキングへ 有難うございます

............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★


[PR]
by tommytomita | 2016-05-08 02:03 | ファッション・アート

全世界初!Pawn your Kicks! ~スニーカー質屋

f0009746_9362457.jpg
共同経営者の父トロイ・リード氏が手に持つ「ホワット・ザ・レブロン」は現在2,000ドル(約24万円)

by 松尾公子

~全米36 都市配布の日系無料紙「ニューヨーク・ビズ」に掲載中のコラム「トミー富田のハーレム浅草下町孝」2016年2月号より転載~



Kicksとはスラングでスニーカーのこと。

2014年5月、
16歳のチェイス ”スニーカーズ” リードくんが、
自宅アパートを改造しオープンした 世界初の ”スニーカー専門”質屋は、
メディアの注目を一気に集め、米国テレビや新聞に引っ張りだこ。

その人気はとどまるところを知らず、
ビジネス拡大に伴い、
この1月、ハーレムの中心125丁目にいよいよ路面店を出した。
f0009746_9585059.jpg



14歳の時、
父親に50ドルをねだると、

”返すまでお前が一番大切にしているスニーカーを預かるぞ”

と言われたのがビジネスのヒント。

当時200足以上持っていた大好きなスニーカーを売って得た3万ドル(約360万円)で、この斬新なスニーカー商売を父親と始めた。


ハイエンド、デッドストックのエアー・ジョーダンや レブロン等、
お宝ズラリの店内では、

いかにもスニーカー好きの若者が、
イヤホンから爆音のHipHopを漏らしながら、
欲しいスニーカーの値札とにらめっこしている横で、

愛するスニーカーを現金に替える為、
カウンターでドキドキ鑑定を待っている若者もいる。

10歳前後から中高生、大人まで、
兄弟のお葬式代のために、
卒業プラムパーティのドレスを買う為に、
またある者は家の借金を払う為に、
それぞれの理由で。。。。

中には十数足で六千ドルの現金を持ち帰った人もいるらしい。


200ドル前後で購入したものに
数千ドル、数万ドルの値が付くスニーカー市場に目をつけた、
ハーレム生まれハーレム育ちのチェイスくんはまだ高校生、
今後は大学に進学するというから将来が楽しみだ。



Sneaker Pawn USA
292 Lenox Ave, New York, NY 10027
毎日正午~夜8時 (917) 963-3144

sneakerpawnusa.com



<関連過去ログ>ビデオや写真もいっぱい、250万円のスニーカーもこちらで↓

※全世界初「スニーカー質屋」がハーレムの一等地に出現!

※人生初!遂にハーレムで 質屋 に通うことに。。。


★★今年から、新しくアメブロも始めました! ★★
毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓
「ニューヨークとハーレムと音楽の話」 http://ameblo.jp/harlemusic/

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。
ジモモ ニューヨーク

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ



人気ブログランキングへ 有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2016-02-23 10:13 | ファッション・アート

2月はアフリカ衣装でお出掛け

f0009746_13501847.jpg
by 松尾公子
2月はブラック・ヒストリー・マンス(黒人史月間)。
アメリカの、特にアフリカ系アメリカ人が多く住むエリアでは、様々なイベントが開催されています。

黒人と言っても、そのバックグラウンド(祖先の歴史)はカリブ経由、南米経由、など様々、この黒人史月間では、奴隷としてアメリカに渡来したアフリカの人々の子孫を指すのが一般的のようです。

ということで「アフリカのテイストを入れた格好で来てください」というイベントも多々あり、私も毎年この時期は頭を悩まされながら、それが楽しくもあります。

今回は、私が駆使する3つのパターンをご紹介しましょう。

1) まず、"全身アフリカ衣装で行く"、と決めたら、ハーレムでアフリカ人が経営している洋品店に直行します。スタイルは大きく分けて2種類で、胸元に金糸の華やかな刺繍があるものと、ケンテ柄(オレンジ、緑、黒ベースが代表的)の布でできた服。
f0009746_14112780.jpg

f0009746_1337402.jpg

f0009746_1354432.jpg

f0009746_13541578.jpg

f0009746_1405120.jpg


女性の場合、身体にフィットしたセクシー系と、ウエストマークの無いゆったり系があります。

80ドル前後で既製品のドレスを購入するもよし、布を選びデザインを相談してオーダーしても1週間くらいで出来上がります。

アフリカでは縫製は代々男性の仕事。サイズはその場ですぐに直してくれます。







2) アフリカテイストを少し入れる時には、ケンテ柄の布を首からスカーフのように長く垂らしたり、頭に巻きつけます。女性の場合、この巻き方がまた実に芸術的なんです。
f0009746_1423673.jpg



3) 最もシンプルにアフリカンテイストを出すなら、アフリカのアクセサリーを使います。イヤリング、チョーカー、ブレスレット、など1点が10ドル前後で色々揃い、これだけでも意外とバッチリです(子安貝、アフリカンアメリカンカラー(黒x緑x赤)、レザーものなど様々)。
f0009746_1431957.jpg
f0009746_1435254.jpg

f0009746_1421422.jpg


大切なのは、そのイベントの趣旨や参加メンバーの顔ぶれもよく考えて、リスペクトの気持ちを持って準備することだと思っています。

さあ、今週末、トミーさんは黒のスーツに、ケンテ柄の蝶ネクタイとポケットチーフで、
私は小安貝のチョーカー&ベルト、頭にはターバンを高く巻いて出掛けます
f0009746_1419281.jpg


(アフリカのお店については弊社ハーレムウォーキングツアーでもご案内しています)
f0009746_1444048.jpg


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。
ジモモ ニューヨーク
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2015-02-20 13:34 | ファッション・アート

キース・へリングの命日によせて in Harlem

f0009746_15493969.jpg
by 松尾公子

1980年代、NY地下鉄をアトリエに、グラフィティアート(通称サブウェイドローイング)を始め、一躍アメリカ美術を代表するストリートアートの先駆者と呼ばれるようになったキースヘリング。

彼の作品は、今や世界中の美術館で絶賛され、NYソーホーのPOPショップには、彼のアートが、Tシャツやポストカードとなって、連日世界中のポップアートファンに買い求められている。

そんなキース・へリングの、今となっては数少ない「公共の場所で見られる原画」が、実はハーレムのはずれにひっそりと、地元の子供達のために現存している。

80年代、特にハーレムコミュニティに蔓延していた麻薬のクラックブームに警鐘を鳴らすべく、公園のハンドボールコートの大きな壁に、ある日

「CRACK is WACK」
(クラックはばかげたものなんだよ)

と書き上げられた。
86年10月のことである。

燃えたドル札を手にした骸骨の絵。

f0009746_1558362.jpg

勿論、無断で公共の場所に落書きしたので当初は罰金と言われたが、その後、正式にこの壁が残されることになり、今では公園名までもが「Crack is Wack Playground」となっている。

f0009746_15591376.jpg


f0009746_1559385.jpg


キース・へリングは、1990年2月16日、
NYグリニッジヴィレッジのアパートでエイズにより他界。
31歳だった。
f0009746_1631852.jpg



~2月11日(土)発行の全米36都市配布の新聞ウィクリービズ Weekly Bizに掲載されたトミー富田連載コラム「ハーレム浅草下町考」より~
※次回コラム掲載は3月17日(土)です。





f0009746_15223761.jpg
*日本赤十字社から寄付

*Red Cross Americaから寄付

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2012-02-20 16:06 | ファッション・アート

驚!これが彼のアメリカ初の展覧会だとは、、、

f0009746_043577.jpg
by 松尾公子

“ハーレムのピカソ”
-フランコ・ギャスキン氏の個展が、現在、ハーレムの中心地125丁目で開催中です。


冒頭の作品、
「Father's Care」 by Franco The Great
(canvas and oil 24x36)

父親の腕で高く抱き上げられた子供の目には―

f0009746_0433123.jpg


一粒の、大粒の、涙。



作風をコレっと決めずに、色々な絵を書いていきたいというフランコには、本当に色々なスタイルの作品があります。その中のひとつ「黒人の涙」シリーズの中でも、これは特に気に入っているという作品です。

「60年代から70年代にかけて、黒人であることの誇りが感じられるようになるに従って、私の“黒人もの”に人気が集まったが、中でも人々のお気に入りは、黒人少年の肖像画。
頬に大粒の涙が光っている。
涙があまりにリアルに描けているので、みなそっと手で触れてみるんだ。黒人の男たちはみな強そうにしているけど、私と同じでみな涙もろい。涙には人一倍近いものを感じるんだろう。」
トミー富田著書「ハーレム・スピークス」中のフランコのインタビューより~)


f0009746_1212399.jpg

驚くべきことに、今回がフランコの、アメリカ国内では“初”の展覧会なんだそうです。

世界的に有名なハーレムの画家フランコは、ドイツや日本やアフリカや、、、外国には何度も招聘されて、作品を披露しているのに、アメリカではナントこれが「初」エキシビション。

パナマからNYハーレムに移住し、ハーレム125丁目のシャッターにカラフルな黒人の絵を無料で描き始めて40年余り。
オバマ大統領から頼まれて肖像画を描いたり、自分の作品が国連切手の図柄に選ばれたり、、、etc.
アメリカ中でこれだけ有名な彼の作品は、ハーレム125丁目のシャッターがひとつのギャラリーですから、24時間365日、ストリートに作品が並んでいるということで、敢えて「個展」という機会がなかったのでしょう。

今回展示されている作品は、ストリートで大きなシャッターにペンキで描かれた作品とは全く違う「キャンバスに描かれた」作品。
フランコの大好きな「黒のベルベッド」に描かれた黒人の肖像画も沢山あります。



初日のオープニングでは、新ハーレムの美味しいソウルフード店「ジェイコブス」(トミーズハウスに泊まった方には懐かしいでしょ。私たちの日常食、笑) がスポンサーとなって料理も提供してくださり、
f0009746_1362057.jpg


続いて、フランコのヒストリー映像がスクリーンで上映され、
(これが、昔のハーレムの街角も沢山映ってかなり興味深いものでした)

f0009746_1365327.jpg


いつもの作業服「つなぎ」からスーツに衣装換えして、フランコのご挨拶
f0009746_1373468.jpg


そして、今回の目玉、
このスクリーンの後ろに隠されていた―
f0009746_1375776.jpg

フランコが今一番皆さんに伝えたいメッセージが込められた絵、
の除幕式がありました。

どんな絵だったかは、ここでは「?」にしておきますね。
会場の中心、黒のベルベッドに描かれた作品です。
是非自分の目でメッセージを感じ取ってくださいませ。

f0009746_1381697.jpg


Franco the Great Exhibition
2012. Feb.1-29


【会場】
Adam Clayton Powell Jr. State Office Building
163 West 125th Street, 2nd Floor Art Gallery
※入場にはセキュリティーチェックの為、写真つきのIDが必要です

【入場無料】

* * * *
【Event】
For 2days Only(Feb.10th & 11th)
※フランコ本人とスクリーン上映をみたり、Q&Aがあったりします

f0009746_1383745.jpg


【皆様へお願い】
2009年、「防災防犯の為、現行の全面メタルシャッターを、中が75%は外から見える柵タイプのシャッターに移行するように」という新法案が通過しました。
=現存する25個のフランコのシャッターアートが撤去されてしまうことになります。

チーム・フランコは、Harlem Community Development Corporationの協力で、署名を集めたり、関係各所に直訴して、今やハーレムのシンボルともなっているフランコのシャッターアートをなんとか守ろうと活動しています。

署名、募金etc.なにかできることがあれば是非ご協力ください。

Harlem Community Development Corporation
電話 212-961-4140(NY)
Eメール tlunke@esd.ny.gov

※今回の展示会でも、オリジナル、リプロダクション作品や、フランコのグッズを販売していますので、それを購入するのもひとつの大切な協力になると思います。


<著書紹介>
フランコのこれまでの波乱万丈な人生については、トミー富田インタビューによる著書「ハーレム・スピークス」でお読みいただけます。
~3歳の時、突然、口がきけなくなったフランコが、どのようにしてそれを克服し、故郷パナマで有名な画家になり、そしてNYへ出てきて苦難の末ここまで有名になったか!?

※このブログ右側の「ライフログ」から、またはこちらのリンクをクリック↓
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4880082104/




<関連過去ログ>
※黒人初の米大統領なるか、オバマinアポロ劇場! (2007年11月)

※黒人アーティストとMama(2008年5月)   


f0009746_2412157.jpg
フランコがむかーし描いたトミーさんの貴重な肖像画



f0009746_15223761.jpg
*日本赤十字社から寄付

*Red Cross Americaから寄付

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2012-02-12 02:43 | ファッション・アート

世界のブランドが恩返し、今、JAPANを応援

f0009746_157385.jpg
by 松尾公子
4月23日(土)より、世界に先駆けて、日本のGucciショップで「日本救済ブレスレット」charity shopping ventures for Japan reliefが発売(既に完売)。世界のフラッグシップShopでは今週から徐々に発売予定。
*日本の国旗(白x赤)のブレスに"Gucci Loves You" のチャームが付いて $100*



他にも、数々の世界的ブランドが、この短期間に日本支援デザインを発売しています。(Diorのハッピーチャーム39,900Yen, JIL SANDERのチャリティスカーフ10,500Yenなど)
ブランドファンが多い日本国は、欧米のブランドからしても上得意様だったはずですから、「日本を応援しよう」、と各国のデザイナーが立ち上がってくれたことに感謝。
そして、これをまた消費する日本人をみこしての企画でもあって、国内のブランド消費が日本ほどではないハイチ地震やチリ地震の時には無かった発想かもしれません。



数年前、NYの女性はみーんな履いていたというくらいバレリーナシューズが大ブレイクした「トリーバーチ」も、日本支援Tシャツを販売。
f0009746_1582566.jpg
*Tory Burch JAPAN RELIEF T-SHIRT $29*



以前から日本国旗に注目してデザインしていたラルフ・ローレンは、いちはやく「希望ポロシャツ」を。
f0009746_158563.jpg
*The JAPAN HOPE POLO $98*

※関連過去ログ「JapanはCoolですか?」



他にもいっぱい。。。
f0009746_1594771.jpg
*James Perse JAPAN RELIEF 団結 T-SHIRT $60*



f0009746_15101338.jpg
*Juicy Couture SUPPORT JAPAN T-SHIRT $48*



f0009746_15104221.jpg
*Paul Smith T-SHIRT JAPAN EARTHQUAKE APPEAL $40*



f0009746_15111371.jpg
*Anna Sui Were All in this Together $20*


社会貢献やコミュニティ活動を率先して行っているイメージが強いGAPも勿論。
f0009746_1511458.jpg
*GAP JAPAN RELIEF HEART T-SHIRT $24.5*



f0009746_15121954.jpg
*DRMTM(Dream Team Clothing) JAPAN BE STRONG $29*



こんなのも。
全く私のテイストなデザインではないので、ふつうならスルーしたいところですが(笑)、これ誰の支援Tシャツだと思いますか?

f0009746_15125477.jpg


※答えはこちらをクリックしてみてください

※詳しい記事はこちらから

*Snoop Dogg x Neff Japan Tee $21.95*




現金を寄付するというストレートな行為だけではなく、「消費」するということで、企業も機能し、消費者にも募金とはまた違う種類の精神的充足感が & 身につけることで団結というか一体感のようなものが芽生える。。。。ということで手っ取り早いプリントTシャツ関連、アメリカでも沢山のノーブランドものが10ドル~20ドル前後で発売されています(売れているようですが、着て歩いている人はまだ余り見かけません)。

f0009746_15132463.jpg


この1ヶ月ですっかり、JAPAN=白x赤●というイメージが定着。日の丸はシンプルゆえに様々なデザイン発想が生まれやすいようです。(ちょっと日本語をデザインに入れるのがアメリカ的にはCOOL)
これから夏に向けて、ますます白x赤ファッションが増えてくる兆しです。

●PRAY FOR JAPAN●



f0009746_15223761.jpg
*日本赤十字社から寄付

*Red Cross Americaから寄付

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2011-04-27 16:40 | ファッション・アート

雑誌「VOGUE」に載りました

f0009746_1632578.jpg
by 松尾公子
いよいよ時代がやってきました!
「世界で最も影響力のあるファッション雑誌」と評されるVOGUE12月号に取り上げられています。


で、誰がーー?



f0009746_16342036.jpgトミーさんと私が、数年前からずーっと応援しているシンガー、キンバリー・二コール。
遂に、今月号のヴォーグに載りました!

嬉しい、非常に嬉しい限りです。

← マーク・ジェイコブスのドレスに、シャルロット・オリンピアのヒールでVOGUEに登場。

大学卒業後、シアトルからニューヨークへ拠点を移してきたキンバリーのステージを初めて見た時、その独特のファッションセンスと歌声、ダイナミックなダンス、そして何よりもステージに上がったときのスター性というかオーラに、「これはイケル!」、と直感し、すぐに日本へブッキング。


f0009746_1634513.jpg意外にもこれが、彼女の生涯初の海外。
初めてのアメリカ脱出が日本でのパフォーマンスという記念になったことを今でも喜んでくれていて、とっても性格のいいキンバリー。

今年の夏ニューヨークで行った2nd アルバムリリース記念ライブでは、スポンサーとして私達も協力させていただきました。



イギリスMTVのインタビューの次はVOGUEに登場。
これからますます世界に出て行く機会が増えそうな予感で、嬉しい、非常に嬉しい限りです。


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-12-16 17:43 | ファッション・アート

Lovepop~ハッピーになれるギャラリー展

f0009746_15512221.jpg
by 松尾公子
現在、トミーズハウスにご滞在中のアーティスト「鍵井保秀」さんのNY展が、チェルシー地区のギャラリーにて開催中です。

KAGII
Lovepop Series

Nov 16(Tue) - Dec. 8(Wed)

CAELUM GALLERY
508-526W 26th Street(10th Ave.), Suite 315
New York, NY 10001
(Tuesday-Saturday 11am-6pm)
Tel : 212-924-4161


f0009746_16304681.jpg
レセプションに先駆けて、いち早くギャラリーへ行かせていただきました。(↑ わたしの心を捉えた、黒人のおばちゃんの安らかな笑顔)



黒人ミュージシャン、黒人ファッション、何気ない黒人ファミリーのひとこま、、etc.を、独特の手法でアートにした鍵井さんの作品は、きっと皆さんもよく目にされていることと思います。

そうです、今夏のハーレムナイツin Japanで、横浜ランドマークのロビーに展示され、会場の雰囲気を一気にニューヨーク・ハーレムに転じていた、アノ素晴らしい鍵井作品の数々です。

※こちらをクリックして、下のほうへスクロールすると、鍵井さんが登場します


もともとミュージシャンだった鍵井さんは、大学卒業後に独学でアートの世界に入ったとか。大好きなJazzやFunkやソウルミュージックなどからイメージして描いていたら、ある日、この独自のLOVEPOP手法を思いついたそうです。
アクリルシートを重ねて作られるこの3次元の世界。。。


どうなっているのか、不思議ですよねー。
ドットのほかにも、こんなHappyなハートもあるんですね。
f0009746_16455380.jpg
(c)ハーレムナイツ

なにより、一番に目に飛び込むのは、ギャラリー中央でライトをいっぱいに浴びている、この大~きな等身大のミュージシャン。
f0009746_16471232.jpg


角度を変えて見ると、同じものが今度は後姿になっています。
f0009746_1648325.jpg


こんなの初めて。一体どうなっているんでしょうね。

12月までニューヨーク展開催中ですから、是非一度ギャラリーに足を運んで、自分の目でしっかりとお確かめくださいませ。

ニューヨークでの個展はこれでもう10年目だとか。
どれも素晴らしい作品ばかりです。


*詳細はギャラリーのオフィシャルサイトhttp://caelumgallery.com/
→ exhibitions をClick

*鍵井 保秀さんのウェブサイトはこちら



<トミーズファミリーの個展に関する過去ログ>
※岩本あきかず 個展

※伊藤久美 展覧会

※山形潔香 作品展

※このほか、アート&ファッションについての過去ログ一覧はこちらから


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-11-20 16:59 | ファッション・アート

ただいま、個展開催中です。

f0009746_13371691.jpg
by 松尾公子
もう何年になるでしょうか?
毎年、トミー富田のハーレムツアーに来て下さって、毎年、大切な方を一緒に連れて来てくださって、今や家族ぐるみですっかりお世話になっている山形潔香さんが、ただいま東京で個展を開催中です。

日本からわざわざご招待状を頂き、是非とも駆けつけたいところですが、それも叶わない為、ここでご紹介させていただきたいと思います。

潔香さん作の大きな原画、実は、NYハーレムのトミーオフィスにもひとつ飾らせていただいています。
大きな富士山の絵です。

ある昼どき、トミーオフィスで黒人シンガーと話をしていたら、宅配便が大~きな荷物を届けに来ました。「この大きさ、何だろうねーー」と開封したら、、、
全くのサプライズで、自作の原画オリジナルを日本からわざわざ送ってくださってたんです。

富士山というと、ブルーグレイの山麓に白い雪、青い空、、、ですよね。
そんな一般的なイメージを覆し、潔香さんの富士山は、赤やピンクや紫や、、いろいろな色がダイナミックなタッチで入っていて、力強くて、見るといつも元気が出る富士山です。

個展では、色々な作風を見せてくださることでしょうが、きっとどれもメッセージ性の強いラブリーな絵なんだろうな、と思います。週末お時間ある方は、是非足をお運びくださいませ。

本当に、日々の人との出会いに感謝です★


f0009746_1338291.jpg


<山形潔香プロフィール>
幼いころからスケッチに親しむ。映画、音楽に興味を持ち、高校の美術部でアカデミックな勉強を受ける。その後、働きつつ独学で絵を描き始める。山崎弘、菅沼荘一郎に師事。

f0009746_13385715.jpg



......................................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。
  コレと ↓     これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ 
......................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-05-13 14:42 | ファッション・アート

ストリートアートのMYヒーロー

f0009746_223278.jpg

by 松尾公子
My Favorite ストリートアート
(場所:アベニューB, bet. E1st & E2nd Streets)

左から、
NYサルサ最高の男性シンガー、エクトル・ラボー
最高の女性シンガー、セリア・クルース
そして、ティンバの王でマンボキングのティト・プエンテ


3人とも、ファニア・オールスターズの大スターで、
3人とも、スパニッシュハーレムに居たサルサの大スター。


でも実はこのシャッターの絵は、ダウンタウンにあります。
f0009746_2254994.jpgUnisex男女両用の理髪店。
お店の看板には、プエルトリコの旗の絵。
プエルトリカンがオーナーのお店です(納得)☆

※過去ログ「プエルトリコをもっと知りたい!」


私共がツアーでご案内しているハーレム、ブルックリン、ブロンクス、クイーンズなどの一角、とあるエリアには、興味深いストリートアートが点在しています。工場エリアだったり、住宅地だったり、商店街の裏だったり、、、その自分達の生活エリアに、大好きな英雄を描き残しています。

逆に、街を歩いていると、そのストリートアートから、どんな人種が多く住む地区かを図り知ることも出来ます。

ダウンタウンのアルファベットアベニューといわれるこの辺りは、以前は治安が悪くて近寄るなといわれていたエリアの一つ。

最近は安全になり、住民も街の様相も変わり、完成度の高いカラフルな新しいMuralをよく見かけますが、個人的にはそういったものよりも、老舗の店や街のコミュニティに密着した温かみのあるものについつい目が留まります。
上手かろうがマズかろうが、色が足りなかろうが、、、思わず立ち止まってしまいます。

それが街の文化に密着したストリートアートの魅力なんだと思います。



※過去ログ「サウスジャマイカより」 (2009年10月)
※過去ログ「イーストハーレムのアーティスト、デラヴェガのオマケ付き」(2007年6月)



※エクトル・ラボーの過去ログ
※セリア・クルースの過去ログ
※ティト・プエンテの過去ログ



☆★★ Mural(壁画)好きの方は、ハーレム在住、わたくしKimikoと3時間じっくりスパニッシュハーレムだけを歩き廻るスパニッシュハーレムウォーキングツアーへご参加くださいね、沢山のグラフィティも見て回りますので楽しいですよ~♪

......................................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。
  コレと ↓     これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ 
......................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-04-07 05:21 | ファッション・アート