カテゴリ:ゴスペル( 105 )

黒人教会でエイズAIDS問題を考える1週間

f0009746_1611090.jpgby松尾公子
毎年3月第一週は、多くのBlack Church(黒人教会)で、エイズで苦しんでいる人達のために祈り、人々にHIV/AIDSの認識を高める為、様々な催しが行われます。これは、Black Church Week of Prayer for the Healing of HIV/AIDS(BCWPA)と呼ばれ、18年前から続いています。

今年のBCWPAは3月4日(日)~10日(土)の1週間です。私たちが通っているハーレムの教会は、18年前のBCWPA活動当初から積極的に参加し、教会内にHIV/AIDSミニストリーもありますので、今週は(エイズ撲滅の象徴)赤いリボンを掲げて、エイズの正しい知識を広める勉強会や、無料テストの推進、そして基金集めの為のイベントが行われました。

そして、随分前から誘われていたのが3月9日(金)。デスティニー・チャイルドのミッシェル・ウィリアムス(R&Bシンガーとして知られていますが、デスチャ内でイチ早くソロデビューし、全米ゴスペルチャートでNo.1を獲得)他、沢山のゴスペルシンガー(クワイヤー)が出場する、今年のハーレム地区BCWPAの締めくくりとなる無料ゴスペルコンサートです。

進行を務めたのは、トミーさんの知人でもあるDr.シシー・ヒューストン。こちらでは娘のホイットニー・ヒューストンよりも人気のゴスペル界の大御所です。

これだけのメンツを集めての無料イベントと言えども、商業目的ではない教会での礼拝コンサートですから、あまり宣伝が得意ではなかったようで・・・しかし活動主旨を沢山の人々に知ってもらい、基金集めを呼びかける為には、動員が出来なければ大変です・・・。前日ぐらいから焦って、とりあえずどこかしこにメール発信宣伝し、その甲斐あって夜9時前後からは満席になって、歌とお祈りが深夜まで繰り返されました。

教会では「無料」といっても、たいてい「ドネーション(寄付)」の時間があります。カネのお皿や籠が回ってきて、各自が金額を入れて隣に回していく場合もありますし、今回のように最後(前)列から一人一人が順番に自分の思う金額を手に立ち上がって、ステージへ行進しながら寄付をしに行く、より積極的にオファーリングを促す形式もあります。

そんな中、無料でゴスペルを聞きに来ました・・・と言わんばかりの観光らしき日本人を発見。一体どうやってこんなコミュニティイベントを探し当てたのかわかりませんが、きっと紹介した方の説明不足でしょう、ゴスペルの歌はとても嬉しそうに聞いていたのに、寄付の時間になった途端、残念なことにその日本人の方々は席を立つことすらしませんでした・・・(会場内で唯一)。タダなんじゃないの?と思ったのか、はたまた皆が何で立っているか全然わかっていなかったのか・・・。習慣が無い為、日本人が結構苦手な「寄付」と「チップ」の感覚・・・。他人から言われてやるものでは無いから難しい話題ですが、アメリカでは自分の気持ちを表す大切な感覚のひとつだと思います・・・。

National Black Leadership Commission on AIDS
50人に一人のアフリカン・アメリカン男性がHIVで苦しんでいます。160人に一人のアフリカン・アメリカン女性がHIVで苦しんでいます。HIVに感染している母親から生まれる赤ちゃん、その62%はアフリカン・アメリカンの母親です。女性感染者の64%はアフリカン・アメリカンです。だからこそ、黒人コミュニティではもっと真剣にエイズのことを考え、正しい知識とケアを呼びかけましょうよ。

トミー富田ドットコムに戻る
[PR]
by tommytomita | 2007-03-11 18:31 | ゴスペル

HBO撮影!ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー

f0009746_49811.jpg
by松尾公子

11月25日(土)
毎週土曜日は、ハーレムの教会でゴスペルを歌っています。

ニューヨーク、ニュージャージー在住の日本人で結成されたHJGC(Harlem Japanese Gospel Choir)
ハーレムで、HCCI(Harlem Congregation for Community Inprovement)を設立し、低所得者のアパート、青少年の教育、エイズ問題、などの社会支援を積極的に続けている地元名士の黒人ピショップと、ハーレムの老人ホームなどへミュージシャンを連れて慰問活動をしていたトミーさんとで話し合い、1997年に結成された我々HJGCも、来年でいよいよ10周年を迎えます。

今日は、牧師先生の大学時代のお友達の紹介で、アメリカのトレンド発信ケーブルTV局HBOが練習風景を撮影にやってきました。
HBOといえば、「セックス・アンド・ザ・シティ」や「ザ・ソプラノズ~哀愁のマフィア~」の人気TVドラマシリーズ、また最近では、スパイク・リー監督の「When the Leeves Broke~堤防が壊れた時」というニューオーリンズ ハリケーン災害のドキュメンタリーを2夜連続で放送した話題発信局。

まだ、詳しい番組内容や放映日程などは未定のようですが、和気あいあいとありのままの姿を撮影してくださいましたので、今から放送が楽しみです。

<今日歌ったゴスペル>
*Based upon Mozart's Ave Verum Corpus
*We Give You the Praise
*Glorify the Lord
*Great is Our God
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<ニューヨークの冬#1>11月22日(水)19:30- 明日のサンクスギビングパーレドの主役キャラクター達の身体に空気を入れて膨らます恒例のInstallation。こんな裏方作業も一大イベントになっているところがNY。見に来ているのは殆ど近所の小金持ち白人家族たち・・・。@79th Street Central Park West
f0009746_6342359.jpg

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-11-25 23:11 | ゴスペル

心に響くゴスペル・・・。

f0009746_72826.jpgby松尾公子
11月11日(土) 2006年
毎週土曜日は、ハーレムの教会で、黒人牧師の先生や、教会の音楽ディレクターの先生からゴスペルを教えていただいています。
ただ歌うだけではなく、ゴスペルの歴史、アフリカンアメリカンの歴史や、ひとつひとつの歌詞の意味、黒人教会でお祈りとして歌われるゴスペルの重要性、、、、等等、色々なことを判り易い英語で教えていただき、ハヤ数年・・・。毎週休まず通っているお陰で、これまで教えていただいたゴスペルの歌詞も延べ400曲以上となり、今ではすっかり私の大切な宝となりました。

今日は、最近教えていただいたゴスペルの中からひとつご紹介。

You can't hurry God
No, you just have to wait
You've got to trust Him
And give Him time
No matter how long it takes
He's a God
You can't hurry, He'll be there
Don't you worry
He may not come when you want Him
But He's right on time

(意訳)
人はそれぞれに、やりたいこと、望みや、悩み、痛み等があると思いますが、結果や答えを急がないで。
急がずに、ただ正しい時を待って、信じましょう。

時として、達成(解決)までにすごく時間が掛かっているように思えることもあるかもしれませんが、きちんとあなたの計画は進んでいるのです。
急がなくても大丈夫。心配しないで・・・。
神様は、あなたにとって一番いい時をちゃんと知っているので、
あなたにとって一番いい時に全てが解決されますよ。

...........................................................

この歌詞を見て、どんな曲を想像されましたか?
これは南部スタイルの曲調で、歌詞が結構早口言葉みたいに、というかフランス語のリエゾンみたいな前の単語と続けて発音するようなところがいっぱいあって、歌うのが難しいけれど、上手く口が回るとスッキリ歌えるゴスペルです。
かなり意訳しましたが、苦しい差別時代に過酷な労働に耐えながら「いつかは救われる」と希望を持ってみんなで歌っていたゴスペルかもしれません。







...........................................................

今年も12月のクリスマスシーズンには、ハーレムの教会で、毎年恒例の大きなコンサートを予定しています。詳細が決まり次第ご案内いたしますので、皆さんどうぞご来場下さいね。
また、自分も歌ってみたい!という方は、ゴスペルワークショップへどうぞ。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-11-11 23:41 | ゴスペル

FlashBack#7~教会のゴスペルコンサート

by 松尾公子

4月30日(日)3:00~
サンデーゴスペルツアーの後、毎年恒例の教会のAnnual Concertに出席しました。f0009746_1141156.jpg現在ハーレムには教会が250~300軒あると言われていますが、トミーツアーでご案内するところは、その中でも特に素晴らしいゴスペルクワイヤーが沢山いる教会のひとつでしょう。クワイヤー(ゴスペルコーラス隊)とプレイズダンス(神様への踊りを捧げる)のメンバーが総勢125名もいるのです(~2006年4月現在教会発行のリストより)。
f0009746_11431753.jpg教会でのコンサートはWorship(礼拝式)なので、聖書を読んでお祈りから始まります。
その後が凄かった・・・。外部の教会からの招待プレイズダンス3組、招待クワイヤー3組、そしてこの教会が抱えている5つのクワイヤーが入れ替わり立ち替わりSoulを込めてGospelを賛美し、感涙、鳥肌の大変な3時間。クライマックスは、昨年10月に封切られた映画The Gospelのテーマで大ヒットしたヨランダ・アダムスのVictory。100人近いクワイヤーの荘厳な大熱唱のうちに幕を閉じました。

ハーレムに沢山ある教会には、何千人も入るような大きなところもあれば、とてもこじんまりしたものもあります。そして、どの教会でも毎週日曜日には熱い礼拝が行われています。教会に来ている皆さんはとても信仰が厚く、牧師先生のお話を熱心に聞いて、神様への感謝の気持ちをメロディーに乗せてゴスペルを歌っています。その一生懸命祈る姿に、たとえ言葉がわからなくてもSoulで感じ胸を打たれて誰もが感動します。
しかし、日本人がイメージしている「ゴスペル」を、たまたま訪れた時間にたっぷり聞けるか、という観点からみるとなかなか難しいというのが実情です。

トミーツアーのサンデーゴスペルでは、上手く時間を合わせて2軒の教会へご案内し、違ったタイプのゴスペルを聞いていただきます。十数年前、トミーさんが1軒1軒廻り、自分の足で探し当てた教会ですから、牧師さんをはじめ教会メンバーの皆さんもとってもフレンドリー。教会の最新情報もきちんと皆さんへご案内できますので、満足度が高いのだと思います。
昨今ではインターネット、ブログの普及で、昔、情報のない時代にトミーさんが苦労して見つけた教会も随分と知られてきたようですが、自分で勝手に行ったり、よく知らない人に案内してもらうと、同じ礼拝でも何が行われているのかわからずに感動も半減するようです。トミーさんの解説あってこそ!理解と感動も深まるというものですから、どうぞ皆さん、日曜日はゴスペルツアーにご参加くださいね~。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-04-30 23:36 | ゴスペル

FlashBack#1 ~満席のゴスペルコンサート~

f0009746_12163561.jpg
By松尾公子

3ヶ月もブログから遠のいてしまいましたっ。
大焦りで、
各ジャンルから
かいつまんでFlashBack!!

3月3日(金)19:30~
トミーさんがずっと公私共に親しくしていたハーレムの名士、メモリアル・バプティスト教会のビショップ、今は亡きDr.プレスト・ワシントン牧師と相談を重ね、1997年にハーレムで初めての日本人クワイヤーとしてスタートしたHJGC(ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー)の久々のコンサートが開催されました。

いつもお馴染みの地元黒人クワイヤーの面々、ドラムスのアンソニー牧師も友情参加いただき、英語とプレイズダンス、そしてたまに日本語を織り交ぜた約3時間のゴスペルコンサート。我等がテレンス・ケネディ牧師の、素晴らしい演奏と音楽監修により、満員の礼拝堂で沢山の賛美を捧げることができました(感謝)。

Friday Night Musical (Song List 順不同)
・Bless the Lord with me
・His name is Wonderful
・What a Time When We All Get Heaven
・Let Thy Glory Fill This Place
・He's a Mighty God
・Enter His Gate
・Lord,I Want to be a Christian in My Heart
・I need Your Sprit
・Glorify Thy name

トミーさんが毎月連載している「Daily Sun」さん、「35歳だった」というNYで活躍している日本人のコーナーで昨年トミーさんを取り上げていただいた「ジャピオン」さん、そして以前ハーレムホスピタルのパーティで同席させていただいた「週刊NY生活」さん、、、、NYで人気の日本人向けフリーペーパーの関係者の皆さんが快くコンサートの告知を掲載していただき、当日は沢山の方々が聴きに来てくださいました。皆さん、本当に有難うございました。

各誌の掲載記事はこちら

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-03-03 12:01 | ゴスペル