<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

FlashBack#2~街にタップダンサーの名前がついた

f0009746_13162855.jpgby松尾公子

3月11日(土)12:00~
1950年~1980年にかけてハーレムを中心に活躍したタップダンスグループ"Copasetics"のダンサー兼マネージャーとして要(かなめ)的役割を果たした "LeRoy Myers"が、85歳で生涯の幕を閉じたのは一昨年前。その彼が、長い間住んでいたManhattan Ave.と122th Streetの角に「レロイ・メイヤー・コーナー」という標識が掲げられることになりました。

除幕式の当日は、招待状片手にレロイゆかりの人達が集まってきて、日中のハーレムの何でもない街角が、一瞬、アフリカンドラムス、タップダンス、ジャズ、ゴスペルで満たされた素晴らしい屋外ステージとなりました。
f0009746_1317191.jpg元マンハッタン区長のパーシー・サットン氏、ディストリクトリーダーのビル・パーキンス氏や、デイヴィット・ギルモア、ハロルド・クローマー、ミケレ・・・等、現役トップクラスのタップダンサー達、ジャズミュージシャンも多数参加しました。
レロイの姪のケニーのドラムと、マックのサキソフォンに合わせて、小さなタップボードの上で次々とタップダンサーのジャムセッション。最後は、セヴィアン・グローバーのお母さんイヴェットのゴスペルで締めくくりとなりました。

余談になりますが、トミーさんが初めてハーレムに引っ越して来ることになったのは、このレロイの紹介だったそうなんです。123丁目のマンハッタンアヴェニューの角にあるParksというクラブの3階のブラウンストーンで、このレロイのアパートのスグ前。その頃、毎晩毎晩SOHOからハーレムのジャズクラブへ通ってくる不思議な日本人トミーさんを見るに見かねて、レロイがそのアパートを紹介してくれたのです。

その後、ハーレムにあるシニアシチズンセンターやナーシングホームの老人達を慰問するトミーさんのボランティアにも協力してくれて、コパセテックスのバスタ・ブラウンやバッバ・ゲインズ等、錚錚たるメンバーを紹介してくれたのもレロイでした・・・。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-03-11 13:01 | TAP ダンス

FlashBack#1 ~満席のゴスペルコンサート~

f0009746_12163561.jpg
By松尾公子

3ヶ月もブログから遠のいてしまいましたっ。
大焦りで、
各ジャンルから
かいつまんでFlashBack!!

3月3日(金)19:30~
トミーさんがずっと公私共に親しくしていたハーレムの名士、メモリアル・バプティスト教会のビショップ、今は亡きDr.プレスト・ワシントン牧師と相談を重ね、1997年にハーレムで初めての日本人クワイヤーとしてスタートしたHJGC(ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー)の久々のコンサートが開催されました。

いつもお馴染みの地元黒人クワイヤーの面々、ドラムスのアンソニー牧師も友情参加いただき、英語とプレイズダンス、そしてたまに日本語を織り交ぜた約3時間のゴスペルコンサート。我等がテレンス・ケネディ牧師の、素晴らしい演奏と音楽監修により、満員の礼拝堂で沢山の賛美を捧げることができました(感謝)。

Friday Night Musical (Song List 順不同)
・Bless the Lord with me
・His name is Wonderful
・What a Time When We All Get Heaven
・Let Thy Glory Fill This Place
・He's a Mighty God
・Enter His Gate
・Lord,I Want to be a Christian in My Heart
・I need Your Sprit
・Glorify Thy name

トミーさんが毎月連載している「Daily Sun」さん、「35歳だった」というNYで活躍している日本人のコーナーで昨年トミーさんを取り上げていただいた「ジャピオン」さん、そして以前ハーレムホスピタルのパーティで同席させていただいた「週刊NY生活」さん、、、、NYで人気の日本人向けフリーペーパーの関係者の皆さんが快くコンサートの告知を掲載していただき、当日は沢山の方々が聴きに来てくださいました。皆さん、本当に有難うございました。

各誌の掲載記事はこちら

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-03-03 12:01 | ゴスペル