「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本からの懐かしい電話の相手は・・・

by トミー富田
f0009746_13205389.jpg

先日、水曜日の元麻薬中毒患者のリハビリの為のゴスペルARCゴスペルツアーに参加していただいた、てきぱきとした好青年から、ツアー中に1枚のCDを頂きました。

「今、私がマネージャーをしているシンガーのCDです。今回私がNYへ行くと言ったら、“是非このCDをトミーさんに渡してくれ”と言われ、持ってきました。」

と、差し出されたCDは、「ピアノフォルテ」
~Skoop on Somebody~武田雅治氏のものでした。

・・・ビックリしました。
12~13年前、私を手伝ってくれていた、アノ“TAKE”でした。
私があまりに懐かしがっていたせいか、その場でハーレムから日本に電話を掛けてくれ、久しぶりにTAKEと話すことが出来ました。

当時、TAKEはNYへ音楽修行に来ていました。
ソウルミュージックが好きだと言っていた彼が何故かとても気になって、数ヶ月でしたが、いつも一緒にあちこち連れまわしました。
ツアーの合間、私のひとこえで、シルビアレストランで演奏していたロニー・ヤングブラットのバンドに飛び入りで歌わせたり、老舗ジャズクラブで歌わせたりもしました。
TAKEのとても素晴らしい感性と歌声に、現地のお客さんもビックリ、大受けでした。

やがて日本へ帰り、大阪から東京へ移り、SKOOPという名前で活躍していることも、聞いていました。

間もなくメジャーになり、各地で開かれるコンサートの中でファンの方々に
「NYでお世話になったトミー富田のツアーをよろしく!」
と宣伝してくれていたこともあったそうです。
コンサートに行ったSKOOPのファンの方が、それを聞いて本当に私のハーレムツアーに参加してくれたこともありました。

いただいたCD「ピアノフォルテ」を聴かせていただきました。
あの頃、真面目できちんとした性格から、ハーレムの店の人たちからもよく声を掛けてもらっていたアノTakeが、今、日本でとても頑張っているのは、私にとっても非常に嬉しい限りです。

最近Skoop on Somebodyが出版した本stories/Skoop On Somebodyの中に、NYでのことが書いてある部分があると、今回ツアーに参加してくださったTAKEのマネージャーさんから伺いました。

“Take、是非近いうちにNYへ来てください。そして、こちらのミュージシャンとの交流を実現しましょう!”

追伸)
後日、TAKEのサイン入り著書"Stories"が、NYの私の自宅へ届きました。私とのNYでの生活が書かれている部分に付箋が付けられていました。
今、それを読みながら当時を懐かしく思い出しています。
北川さん、ご丁寧に有難うございました。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-07-31 13:18 | 日常生活

Harlem Nights 5 を終えて...

f0009746_16123986.jpg
@JFK Airport

今年も無事、横浜ランドマークホールでの「ハーレムナイツ5」が終了いたしました。お忙しい中、会場まで足を運んでくださった皆さん、「トミー富田ドットコム」のコメントや掲示板へ書き込みをしてくださった皆さん、そして、メールやお手紙で会場の興奮と感激を詳しくお伝えくださった皆さん、、、本当に本当に有難うございました。

今回の「ハーレムナイツ5」は、例年に比べ、思い切って若返りを図ったメンバーでした。

まず、皆さんから大絶賛をいただいたヴォーカルのアリソン・ウィリアムスは、デフジャムレーベル初のR&Bボーカリストとして、現在も世界的に活躍している、バリバリのスターです。若い頃から第一線で活躍してきたアリソンは、仕事に対する情熱と責任感も一流。我々のオフィスでのミーティング時にも、いつも細かくメモを取ります(えっ?と思うかもしれませんが、黒人ミュージシャンは大抵メモなんか持って来ないんです)。今回はメインヴォーカル、またツアーリーダーとしてバンドメンバーを随分とまとめてくれました。信頼の置ける素敵な大人の女性です。
イスタンブールでのコンサートから帰国し、日本出発前夜も、NYハーレムの有名ジャズクラブで行われた「アリソン・ウィリアム・エクスペリエンス」ショーで、張り切ってアンコールに応え、夜中3時まで歌い続けて、翌朝一睡もせずに素顔にサングラス姿でJFK空港に現れました。衣装や靴やウィッグを詰め込んで、超過荷物料金は約3万円・・・。

バックバンドも素晴らしいメンバーでした。

キーボードのセローンは、スティービー・ワンダー、アシャンティ、アンジー・ストーン、バスタ・ライムスとも共演。日本へ行く前も、ボビー・ブラウンツアーの音楽監督兼キーボードとしてLAから帰ってきたばかり。彼のパスポートはもはやスペースがないくらい海外ツアーのスタンプでびっしりです。まだ30歳ですが、これからどんどん頭角を現すであろう逸材、ナイスガイです。

ベースのトニーは、マドンナやチャカ・カーン他、多数のスターと共演している中堅派。NYの人気SPOTでほぼ毎日レギュラーを持っており、アリソンがとても信頼していて今回一番に指名したバンドメンバーです。

ドラムのエズラは、ロバート・デニーロやビリー・ジョエルの結婚式でドラマーを務めたという貴重な経歴の持ち主。マッチョな男前ですが、幼い愛娘には目がありません。

ギターのアブドゥーは、ロバータ・フラック等と共演しているベテラン。日本人の奥さんを持つ彼は、とても温厚で優しい性格で、帰国後、日本のお菓子をお土産に持ってきてくれました。

今回、エンターテナーぶりを発揮して非常に評判の良かったロイ・ベネットは、スモーキー・ロビンソンやテンプテーションとも共演している重厚なヴォーカリストです。大らかで明るい性格の彼の存在は、今回舞台裏でもとても重要な役目を果たしてくれました。

そして、「ハーレムナイツ」で毎年お馴染みのオマー・エドワーズは、現在セヴィアン・グローバーと共に、タップ界で最も注目されている若手タップダンサーです。彼のアイディアとアクロバット性は、もはやセヴィアンを上回っているかもしれません。

これ等の個性豊かなメンバーを取り仕切り、まとめてくれたのがアネゴ肌のアリソン。NYのスタジオでのリハーサル時にちょっと心配されたチームワークを、最後は上手くまとめて、日本で素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。

それもこれも、日本でのスタッフの皆さんの受け入れ体制、そして対応の良さのお陰です。毎年とても感謝しています。有難うございます。

それにしても、出発前よりチケットが全公演Sold Outという大盛況に、メンバー全員びっくりし、とても興奮していたようでした。帰国後も「来年はこんな風にしたい、あんなこともしたい」と、すっかり次も日本に行く気になっています。

そして、横浜ランドマークの企画で、今年11月に初めて「ハーレムナイツツアーin New York」が決行されることになりました。ハーレムナイツのメンバーと再会し、あの感激をもう一度NYで再現しよう!と、目下特別メニューを準備中。日本の皆さんをNYにお迎えするのを今から張り切って待っております。(NYツアーのお問い合わせ Tel 03-5476-7833)

帰国の飛行機が整備不良で、急遽ホノルル経由の別便になったりして、最後までハプニング続出でしたが、お陰様で今年も無事に大盛況の中終了いたしました。
いつも応援してくださる皆様、本当本当に有難うございましたm(_ _)m

See you Next Year!!

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-07-30 23:19 | ライブ・コンサート

カニエにLL・・・まだ間に合うNYのフリーイベント

by 松尾公子
暑~い夏のNYでは、毎日至る所で「熱い」フリーイベントが開催中!
早いものは5月頃からスタートしていますが、まだまだこれから9月まで盛り上がります。人種の坩堝(るつぼ)NY、また色々な趣味趣向の人達が集まっているこの街では、フリーイベントのジャンルも多種多様。その中でも「音楽」、特にブラックミュージックに絞って、ちょっとだけご紹介。
f0009746_1454548.jpg
24th Annual Martin Luther King, Jr. Concert Series
アンジー・ストーン&アンソニー・ハミルトンに始まり、ステファニー・ミルズ、ロバータ・フラック、LL CooL J に、レゲエサンスプではマキシー・プリースト&サードワールド、モータウン...。マンハッタンからはちょっと離れていますが、どれも無料とは思えない贅沢なイベントばかり。
@Wingate Field, Brooklyn 7:30pm~
(Winthrop St. bet.Brooklyn & Kingston Ave.)
*地下鉄2番、5番「Winthrop Street」下車。東へ徒歩2ブロック。

★NBC放送Today Show番組内ミニライブ
@Rockefeller Plaza 7:00am~
(5th Ave. bet.49-50Sts.)
今年もう既に、Shakira&Wyclef Jean、Earth Wind & Fire with Kelly Rowland(Destiny's Child)、Phil Collins、K.C. & the Sunshine Band...等等が、出演。7月21日カリビアンクイーンのRihannaの時には、この夏、横浜ハーレムナイツコンサートにBookingしたイケ面キーボードSelanも出演しました。
今後、8月11日はChris Brown、9月15日は、Black Eyed Peas、9月29日には、Janet Jackson が控えています。

★ABC放送Good Morning America番組内ミニライブ
@Bryant Park Upper Terrace 7:00am~
(40-42Sts. 6th Ave.)
これまでに、プリンスやメアリーJブライジなどが出演済み。
来る8月4日(金)には、Pharrell with Kanye West。カニエとファレル出演となれば、早朝からブライアントパークは大混雑間違いなし。

★個人的に毎年楽しみにしているJazz Mobilef0009746_1771381.jpgハーレムのストリートを中心に、トレーラー車がジャズバンドを乗せて生演奏をお届けする、というとても洒落たハーレムの夏の風物詩です。出演ミュージシャン達が皆、日頃から顔馴染みの面々なのも楽しみのひとつ。トミー富田のハーレムジャズツアーに参加されたことがある方々は、きっと楽しんでいただけると思いますよ。
f0009746_1627479.jpg既に、ロニー・ヤングブラッドやメルバ・ジョイス、ロイ・メリーウェザー等が出演済みですが、これから8月8日(火)には、シュガーヒルカルテットのハートビートとしてもお馴染みのDave Gibson(@ハーレム138丁目Lenox & 7th Ave.)、8月10日(木)には、オマー・エドワーズ(@125丁目のアフリカンスクエア)も出演します。

☆番外編☆ラテン系が多いNYでは、夏のラテンミュージックは絶対に欠かせません。SALSAでクルクル踊りまくりたいっ、という私のような方には、日曜のHudson RIver Festivalもオススメです。ハドソン川岸の美しい夕日とサルサの組み合わせも格別なものですよ・・・。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-07-18 14:52 | ライブ・コンサート

続報!トミー FM東京「Eyes on Japan」生出演!

by松尾公子

先ほどブログで速報をご紹介しました、トミーさんの出演番組の詳細を、
番組制作部の方がご丁寧に送ってくださいました。
有難うございましたm(_ _)m

* * * * * * * * * * * * * * * * *
番組は「Eyes on Japan」
レギュラー放送時間/月~金 朝5時~8時30分
放送エリア/JFN系列 全国38局ネット

トミー富田登場時間予定
日本時間 7月17日(月)朝7時20分過ぎ~
* * * * * * * * * * * * * * * * *
番組ウェブサイト ↓ を拝見すると、この様なご紹介文を書いてくださっています。 
http://www.tfm.co.jp/eyes/

(以下、Eyes on Japan」ウェブサイトより抜粋)
7月17日(月)7:20~ TOYOTA VIEW UP TOMORROW
ブラックミュージックの本場、
ニューヨークのハーレム地区から、
現地の最新音楽スポットと、
この夏、日本にもやってくる注目のイベントについて
音楽プロデューサーの
トミー富田さんに教えていただきます。
* * * * * * * * * * * * * * * * *

社会ネタ、健康、音楽、、、バラエティに富んだ内容盛りだくさんの素敵な番組のようですね。
どうぞお楽しみに!!

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-07-17 04:04 | ニュース

トミー富田、FM東京生出演!

by松尾公子

7月15日(土)深夜2時

突然ですが、明日(日本時間7月17日(月)、NY時間7月16日(日))5時20分~6時20分あたり、FM東京の番組の中で、トミー富田がNYから生出演します!

NYの音楽シーンについてご紹介しながら、今年の横浜でのハーレムナイツコンサートの見どころなんかもお話する予定です。

詳しい時間と番組名が今のところこちらでわからず、なんとも漠然としたインフォメーションになってしまい恐縮ですが、もしも機会あって聞いていただけることがありましたらお楽しみに・・・。
(詳しい情報が入り次第また更新します・・・放送前に間に合うかなぁぁぁ?)

トミー富田ドットコムに戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-07-16 15:07 | ニュース

ハーレムナイツ in 横浜

f0009746_15342150.jpgbyトミー富田
今年も、7月26日(水)~30日(日)、横浜ランドマークホールでハーレムナイツコンサートが行われます。1994年に、横浜ランドマークタワーの1周年を記念して企画され、ジミー・プリチャー・ロビン、ロニー・ヤングブラッド、アイリーン・リードが出演し、大好評を博しました。

途中、9/11のテロ事件等で中断されましたが、2003年、2004年、2005年・・・と、お陰様で年々盛んになってきています。

2003年は、King of Harlem Soul ジミー・プリチャー・ロビンスとシュガーヒル・カルテット、ゲストにオマー・エドワーズのタップダンスと、ミンチー・ベイリーのパワフルなヴォーカルでした。これまでこんなにソウルフルなTapを見たことが無かった日本のファンの方々にとって、オマーのセンセーショナルなTapは大旋風を巻き起こしました。

2004年は、Prince of Harlem ロニー・ヤングブラッドと彼のバンドにオマーのタップとミンチーのヴォーカル。2年目のミンチーは、日本のファンから「女性版ジェームス・ブラウンだ!」と絶賛を浴びました。

2005年には、大物ミュージシャン、ジェームス・カーターの交渉に成功し、彼がいつもハーレムのジャズクラブで好んで合わせるシュガーヒル・カルテット、オマー・エドワーズにミンチーがジョイントし、まさに真夜中のハーレムのジャズクラブで繰り広げられているエキサイティングなセッションをそのまま日本で実現することが出来ました。

そして、今年2006年は、R&Bの女王アリソン・ウィリアムスと彼女のバンド、ロイ・ベネットのヴォーカル、更に日本からのリクエストで4年連続オマー・エドワーズの出演となります。

ハーレム生まれ、ハーレム育ちのアリソンは、デフ・ジャムレーベルのR&Bシンガーとして知られ、Just call my name(←クリックすると視聴できます)の大ヒットでスターの座を獲得し、日本では久保田利伸とのデュエット曲ForeverYours等でも知られているトップスター。

ロイ・ベネットは、スモーキー・ロビンソン、テンプテーションズ、フォートップス等と共演し、現在はStaff2のヴォーカリストとして全国で活躍中の実力派シンガー。アシャーからJazzまで何でもこなします。

そして、タップダンサー オマー・エドワーズは、ノイズ&ファンクのB'wayミュージカルでセヴィアン・グローバーと共演、今では全米TVで放送中の"Show time at the APOLLO"にレギュラー出演中のトップクラスの若手タップダンサーです。

私が自信を持ってお送りするこの強力なグループで、今年のハーレムナイツコンサートも前売り好評。既に完売の公演も出てきている、と日本側より嬉しい報告を頂いております。
メンバー御一行は7月半ばにNYを出発、コンサート終了後はスグにまたNYへ戻ってきて、それぞれのサマーツアーやレギュラー仕事で大忙し。

アリソン・ウィリアムスは、ハーレムのジャズクラブで深夜までライブを演り、その足で翌日から日本へ向かう、という超ハードスケジュール。そんなパワフルで売れっ子の本格派シンガー、アリソン・ウィリアムスを是非一度ご覧になってみてください。
では皆さん、横浜でお会いしましょう!

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2006-07-01 23:33 | ライブ・コンサート