「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クリスマス・ゴスペルコンサート~アフリカン・ミッション

f0009746_4401766.jpgby松尾公子

今週日曜日12月23日夕方5時から、ハーレムの教会でクリスマスコンサートが開催されます。(詳しくはこちらをどうぞ)

毎年、このクリスマス時期には、ハーレムの黒人教会の皆さんと合同で、マスクワイヤー(大人数の聖歌隊)を組んでクリスマスコンサートをさせていただいておりますが、今年は「アフリカン・ミッション」に参加します。
我々HJGC(ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー)を時々指導してくださるThe Baptist House of Prayer教会のハリソン牧師たちが、アフリカの貧しい人たちの為に何か力になろうと続けている活動で、先日もLos Angelsでベネフィットコンサートを終えてきたばかりです。

今回のコンサートは、入場料制ではなく、Free-will offering(任意のドネーション)制となっておりまして、当日集まったドネーションは全て、アフリカで今すぐ必要とされているもの(学校や教材や洋服や医療や、、、etc.)に使われます。

当日は、我々HJGCも4曲ほどクリスマスGospelを歌わせていただきます。(私もホイットニー・ヒューストンのGospelをソロ賛美させていただくことになりました・・・(汗)。また、我々HJGCのメンバーになって約2年、NYでダンサーとしても活躍中のY君も賛美します。)

クリスマス・イヴイヴの12月23日(日)は、皆さん是非ハーレムまでお越しくださいねっ!

ぼやき)またまた久々のブログ更新となってしまいました・・・。この時期、毎日楽しいイベントやパーティ盛り沢山で、夜中に帰ってきて皆さんから頂くメールにお返事したりなんかしていたら、あっという間に朝になってハーレムツアーに出かける毎日です・・・。(お陰で大風邪もひいてしまった。こんなんで歌えるのか!?)
楽しいことをブログに残して沢山の方々と共有出来ればいいのですが、、、毎日更新している方々って凄いなぁと今更ながら思う今日この頃。。。。
でも逆に「これ、なんかの記事かブログに書こう」と思ってシャッターチャンスを狙ったり・・・・なんてことなく、純粋にその場その場を楽しめているのもいいなと思ったりなんかしています。こんなこと言ってるようじゃ、やっぱりトミーさんも私もいいブロガーにはなれませんね(苦笑)。でも、突然何かにとりつかれた様にまた毎日更新始めたりしますから(笑)、どうぞ懲りずに遊びに来てくださいませm(_ _)m

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2007-12-21 08:51 | ゴスペル

KissFM主催のコート・ドライブに..

by松尾公子
f0009746_14531096.jpg
ユニオンスクエアのヴァージンメガストアで"Coat Drive"のイベントがあり、私がマネージメントしているTapダンサーOmar Edwardsが出演しました。
f0009746_15195013.jpg今回のイベントは、一日中R&BやクラシックソウルをOnAirしているKissFM局(98.7)が主催。パーソナリティで人気コメディアン"Talent"が、アマチュアナイトの司会も担当している関係で、同じくアポロのTV版にレギュラー出演中のオマーが友情出演。

オマー自身も、自分のコートやジャンパーを数着寄付。たまたまCDを買いに通りかかった人たちも、華麗なTapにしばし釘付けになり、たちまち人だかり。ということでイベントは大成功でした。

後ろでさりげなく回しているDJに注目!ナント、HipHop界のパイオニアDJレッド・アレート。

さて、"コートドライブ"とは、ホームレスや、経済的困難で冬のコートを買えない人たちに、自分が持っている防寒着を寄付しよう、という活動。気温がマイナス15度近くまで下がってしまうNYでは、厳冬を迎える前の11月終わり頃から、教会やNPO、学校など色々なところで集められます。中でも、今回の団体New York Caresは大規模で、毎年10万着近くを集めています。

※私とトミーさんも、皆さんから衣類や日用品を集めて、ホームレスや、家庭内暴力から逃げてシェルター(避難所)暮らしをしている女性達などへ、寄付させていただいています。(いつも大量に出してくださる某TV局の女性の皆さん、有難うございます!他にも「是非寄付したい」という方がいらっしゃいましたら、どうぞいつでもご連絡くださいませ)

f0009746_1545514.jpgさてさて、若いお母さんに連れられ家からコートを持ってきた4歳のBoy。シンガーやラッパーのパフォーマンスが始まると、ずんずん前に出てきてイッチョ前にHipHopダンス。踊りはメチャクチャなのですが、何となくラッパーポーズが上手く決まって、とっても可愛いんです。・・・この歳にしてもう自然に音楽に身体が反応してしまうというカンジ、、、So Cute!

トミー富田ドットコムに戻る
[PR]
by tommytomita | 2007-12-09 16:32 | 日常生活

スパニッシュハーレムでダイアナ・ロス娘のライブ

f0009746_1125548.jpg
by松尾公子
ロンダ・ロス(ダイアナ・ロスの長女)夫妻がベネフィットライブをするというので、零下の夜、となり街のスパニッシュハーレムまで出掛けて参りました。

数年前、トミーさんがイベントにブッキングするピアニストを探していたところ、知り合いのミュージシャンに、「凄いヤツがいる」とロドニー・ケンドリクス(写真左、ロンダの旦那様)を紹介され、豪邸(コンドミニアム)を訪問。その時に、「妻です」と自己紹介してきたのがロンダでした。

トミーさんも私もビックリです。1998年にAnother Worldでエミー賞にノミネートされ、アメリカで人気のPeople Magazineで「最も魅力的な10人」に選ばれたロンダ・ロスが、目の前でお茶を出してくれているんですから・・・。

その後は、彼女のライブにもトミーさんとよく出掛け、ダイアナ・ロスのリンカーンセンターコンサートでも、バックステージに招待いただいて、いつまでも変わりなく美しいお母様(=ダイアナ・ロス)ともお話させていただきました。勿論、コンサートでピアノを弾いたのは、義理の息子ロドニー。

彼等が通うハーレムの教会の礼拝に呼んでいただいた時、隣で熱心に牧師の話を聞いているロンダが手にしていた古い大きな聖書には、どのページにもビッシリと書き込みがあったのを覚えています。

ブラックチャーチファミリーで育ったロドニーにとても影響を受けたロンダが作る歌詞には、神様への感謝が込められたものがいっぱい。自分は、母のようにうまく歌える歌手ではなく「Song Telling」をしているのだといつも語るとおり、彼女の歌には、歌詞がハッキリと心に語りかけてくる不思議な魅力があります。

以前は、夫婦ともに見事なドレッドヘアーでしたが、今はふたりともバッサリ。でも、相変わらず染髪もパーマもせずに、内も外もナチュラルなままの二人にほっとした夜でした。

追伸)ロンダはダイアナ・ロスとモータウンレコード創設者ベリー・ゴーディの間に生まれたダイアナの長女。女優、ソングライター、詩人。父親の関係で、姉妹の中でも一番肌の色が濃く髪の毛のカールも強いというロンダの歌の中に「It don't matter(本来はdoesn'tとなるべきところスラング)」という曲があります。「肌の色がどうであろうと、髪が真っ直ぐでも縮れていても、鏡に写った自分が太っていようと痩せていようと、お金持ちでもそうじゃなくても、、そんなことは全然問題ではないのです。神様が計画してそれぞれに与えてくれたものだから・・・。」Song Tellingの彼女の歌の中で、私もとても好きな曲です。。。。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2007-12-08 11:55 | ライブ・コンサート

必見!12/5毎日新聞朝刊にハーレムゴスペル記事

by松尾公子f0009746_7295687.jpg
12月5日(水) 毎日新聞朝刊で、トミー富田のサンデーゴスペルツアーが大きく紹介されています。

タイトルは「旅:ゴスペルの本場に<ニューヨーク・ハーレム>歌に救い求め」。支局長さん自ら実際にツアーに参加して取材いただき、随分と濃い内容で、ハーレムらしい写真もいっぱい。勿論、トミーさんのお姿も・・・。

奴隷制度からルーツを発するアフリカン・アメリカン史に深く結びついた黒人教会とゴスペル音楽のお話。トミー富田がここNYハーレムで日本人初のハーレムツアーを始めるまでのヒストリー。ただ旅行者を案内するだけの一般のツアーと違って、22年のハーレム生活で巡りあった温かいハーレムコミュニティの中にツアー参加者を招き入れる「トミー富田ならではのツアー」の人気が窺えるような気がしますよ。

先日、ジャズツアーにご参加いただいたご夫婦は、5年前に日本の新聞に載っていたトミーさんの記事を大事に保管してくださっていました。

現在、トミーズハウスにご滞在の男性は、通勤の車運転中に、ラジオ生出演(生電話)でNY情報を伝えているトミーさんの番組を聴いて、「こんな人がハーレムにいるんだぁ」、、と今回訪ねて下さったそうです。

今朝もまた、沢山の方々がこの記事からハーレムやゴスペルに興味を持って、いつの日かハーレムに乗り込んで来ていただければ感動!です。

お知らせ)お待たせしました!やっと携帯用のHPを作りましたので、いつでもどこでもお気軽にご覧下さいっ。但し、日本の携帯のみです、、(謝)
↓お友達にもまわしてみてねっ
f0009746_758475.jpg
←上手く見ることができなかった、、、という方は、お手数ですが「コメント」またはメールくださいませ。。。



トミー富田ドットコムへ戻る

[PR]
by tommytomita | 2007-12-06 07:56 | ニュース

アリーシャ・キースの先生は・・・の続き

f0009746_423837.jpg
by松尾公子
AZIZAのCDリリースパーティに出掛けてきました。
ドラムスは、ウィントン・マルサリスと長年演っていたバディ・ウィリアムス。Azizaとは現在、ブロードウェイ・ミュージカル「カラー・パープル」で共演している仲、トミーさんとも古き良き友。ベースは、今夏、Harlem Nights in横浜で一緒に来日してすっかり意気投合したロイ・ベネット。キーボードとボーカルは、勿論、この日の主役Azizaです。

Azizaは、ミュージシャンとしても、また女性としてもとっても素晴らしい、外見も中身も超美人なヒト。以前は、リンダ・ウィリアムスの名で、ナタリー・コールの音楽監督を長いこと務め、またNYの名門音楽校マンハッタン・スクール・オブ・ミュージックの講師でもあったんです。その時の生徒の中に、先日チョコッと書き放っておりました、あのアリーシャ・キースもいたという訳です。

前回の補足記事。「Good Morning Americaという朝の人気番組に、突然明朝出演することになりました。8時半ごろです」というメールと、「明日はアリーシャ・キースが新曲プロモで出演します」というメールが2回に分けて届いたので、番組を見てみると・・・。それは、アリーシャには全く内緒の「ご対面コーナー」だったんです。

司会者「アナタはNYのこのヘルズ・キッチン辺りの出身よね、久しぶりに会いたいヒトも一杯いるでしょうけど、、、、今日はアナタの学生時代の恩師が・・・・」
アリーシャ「え~、、、Aziza~!?」
ということで、このために超早起きしてスタンバイしていたAzizaが出てきてご対面。
アリーシャ曰く、「彼女は音楽だけでなく、女性としてのお手本です」。流されることなく自分をしっかり持っていて、それでいてしなやかな、とても素敵な女性なんです。

詳しくは、こちらのビデオでご覧いただけますよ(CMの後に始まります)。ハグした時にアリーシャを捕らえてしまったのは、ブレスレットではなく、Azizaの大好きな大きな指輪だったそうです(笑)。

f0009746_4253584.jpg
※今回上手く写真が撮れず、今年2月のライブ時の写真を使用しています

お知らせ)お待たせしました!やっと携帯用のHPを作りましたので、いつでもどこでもお気軽にご覧下さいっ。但し、日本の携帯のみです、、(謝)
↓お友達にもまわしてみてねっ
f0009746_1562290.jpg
←上手く見ることができなかった、、、という方は、お手数ですが「コメント」またはメールくださいませ。。。



トミー富田ドットコムへ戻る

[PR]
by tommytomita | 2007-12-05 05:21 | ライブ・コンサート