「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

デンゼル・ワシントンがやって来る!

f0009746_6305359.jpgby松尾公子
3月18日(火)、デンゼル・ワシントンが、ハーレムのスグ上の街"ワシントン・ハイツ"のイベントに参加します。場所は、あのマルコムXが暗殺されたオーデュボン・ボールルーム。他にも、昨夜のアカデミー賞で「アメリカン・ギャングスタ」助演女優賞としてノミネートされていたRuby Dee(デンゼルのお母さん役)、TV版アポロアマチュアナイトやBETアワードの司会でお馴染みの人気女性コメディアンMo'Nique等が参加。

イベント名は"Healing Starts with Us"National Day of Healing Kick-Off。
「Black Pain」の著者Terrie Williams(写真左上)とデンゼルがメインゲストとなっています。「Black Pain」では、犯罪や暴力、ドラックやアルコールの乱用、過食...破滅的な行動に走ってしまう根底に潜在的に存在する黒人の心の痛みを明かし、精神の癒しやコミュニティの助けで長年のトラウマからの解決策を示唆しています。

125丁目というハーレムの中心に存り、また「本」を通してハーレムコミュニティに教育・自己啓発をいつも促してくれる、まさに新しいハーレムの「へそ」であるHue-Man BookstoreでBlack Painを購入すると、イベントへの入場パスとなります。
f0009746_7264855.jpg
余談)昨夜のアカデミー賞では残念ながら受賞は逃したものの、アメリカン・ギャングスタは沢山ノミネートされていましたね。麻薬、ギャング、密輸、警察の癒着、、、という裏世界を描いたものですから、本来、受賞向きのテーマでは無いですが、デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウが主演ということでここまで健闘(祝)。この日本版パンフ(写真上)は、年に2~3回トミーツアーに来てくださる山中氏が、今年のお正月に持って来てくれたもの。日本語で見るととっても新鮮です。山中さん、いつもありがとうございます。。。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-02-26 07:46 | ニュース

レゲエはジャマイカQueensで。

f0009746_1343406.jpgby松尾公子
2月23日(土)10pmからジャマイカ,Queens,NYでバウンティ・キラーのライブがあります!PM10時openとありますが深夜12時過ぎに行けば大丈夫。ハーレムからはちょっと遠いけど、Jamaicaは以前少し住んだことのある街ですし、バウンティに20ドルで会える!

・・・遠い昔、本国ジャマイカで、地元ピンプとのほろ苦い思い出があります。その時タクシーのラジオも、店の中も、サウンドシステムも、クラブも・・・どこに行ってもみ~んなヘビーローテーションでかかっていたのが、当時のバウンティの新アルバムMy Xperienceの中のLiving Dangerously。今でもこの曲を聞くと記憶が甦ってきます・・・(曲はこちらをクリック)

バウンティ・キラーは、ライバルのビーニ・マンとのバトルなど、暴れん坊で知られるダンスホールDJ(deejay)ですが、地元ジャマイカ(NYクイーンズのジャマイカ町ではなく本国ジャマイカ島)ではPoor People Governorの異名を持つ、弱者の味方。ジャマイカンレゲエの枠を超え、フージーズ、ウータン・クラン、JAY-Zともコラボしています。

The Crowning of Bounty Killer The Warlord LIVE in Concert
with
Angel Doolas of The Alliance.
Music by Hot 97's Massive B, DJ Allusion, DJ Roy, FBI Sounds, & NYC's Top Rated Sound Proof Int'l with DJ XL.

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-02-24 16:27 | レゲエ

近年人気のNYゴスペルウェディング

f0009746_449263.jpgby松尾公子
今や、日本でもすっかり人気が定着した「ゴスペル結婚式」。トミーさんのところでは、定期的に激ウマの素晴らしいゴスペルシンガーを日本各地へBooking していますが、最近は、新婚旅行も兼ねて、はるばる日本からニューヨークの教会まで結婚式を挙げに来られるカップルや、NY在住のカップルにもゴスペル結婚式が人気のようです。

という訳で、結構ウチも大忙し(汗)、先日も、モーニングサイド120丁目リバーサイド教会での素敵な結婚式に素敵なシンガーをご紹介しました。今回トミーさんがお願いしたシンガーは...ケミストリーのアルバムでも共演した、あのキャロルが登場!ソロでAmazing Grace と O Happy Day!を新夫婦へ贈り、あまりの迫力と感動でみんな涙するほどでした、、、

f0009746_7261429.jpgパイプオルガンに白人牧師、日本から来たカップル、黒人ゴスペルシンガー...随分とミックスカルチャーな感じですが、今回式場として選ばれた「リバーサイドチャーチ」は、Inter-denominational教会=宗派、国籍、人種、性を超えた活動を続けてきた教会で、67年にはキング牧師の反戦スピーチ、2005年にはR&Bソウル界のルーサー・ヴァンドロスのお葬式(私も参列しました,,,)、時には同性の結婚式も行なわれる大きな教会です。
白い石灰岩の繊細で荘厳な彫刻に素晴らしいステンドグラス、世界最大のカリヨン(鐘楽)、マンハッタン全貌が望める展望台、M5番のバスに乗って是非一度訪れてみてください、とっても素晴らしい教会です。

※ゴスペルとは、日本語で「福音」、神様からの良い知らせGood Newsのことで、最近では、結婚式にゴスペルの歌を取り入れる形式が「Gospel Wedding」(和製英語)と呼ばれています。神様のもとで、結婚という新しい人生のスタートを宣言し、GoodNewsで祝福される...とても素敵な瞬間ですね。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-02-22 08:20 | ゴスペル

愛のコンサートに行ってきましたっ。

f0009746_1415523.jpgby松尾公子
先日、お友達バボーン・ニールのバレンタイン・ライブに行ってきました。場所はアッパーウエスト72丁目の「TRIAD」。ここは先日も、友人のナターシャ・ウィリアムス(=B'wayミュージカル「カラーパープル」に出演)のライブがあったところ。実は、4年前に、このふたりを日本へBookingしたのが縁で、ずっと仲良くさせていただいています。

テキサス出身のバボーンは、同じくテキサス出身の大物カーク・フランクリン(※注1)と一緒に、なんとグラミーも受賞しているシンガー兼キーボード奏者。
スティービー・ワンダーをこよなく愛す(ソックリだったりします)R&Bシンガーでもあり、スティービーのグラミー受賞曲「ALWAYS」では、バックグランドボーカルとしても参加しています。
f0009746_1542881.jpgそしてっっ、大学でボイトレの学位も取っている彼は、トミーさんのハーレムボーカルハウスの講師の一人。現在教えている二人のJapanese in NYを、なんとステージに招いてNYデビューの機会を与えてくれました。会場には、バボーンのマネージメントをしているK(亡ジェームス・ブラウンの元バックグラウンドシンガーで黒人活動家アル・シャープトンの奥さんでトミーさんの友人)やアポロ劇場のステージ監督も見に来ているという大舞台、しかも自分の大切なステージで・・・。バボーンはとってもナイスガイなんです。

ということで、シンガーの皆さん、NYへ来たら是非ハーレムボーカルハウスへ。講師は現役の素晴らしいシンガーばかり、練習と実践をおり混ぜた自慢のボーカルハウスです(実は、昨年米●涼子さんも来られましたよ、、)。

※注1 「カーク・フランクリン」は、グラミーの常連で超人気のクリスチャン・ヒップホップ・アーティスト。15歳のシングルマザーから生まれ、大叔母に育てられて幼少の頃から教会で活躍しながらも、10代の初めからドラッグにクラブ通い・・・。様々な経験で神への深い信仰をより強くしたカークの作るゴスペルは、さまざまなバックグラウンドを持つ多くの人々を惹き付け、「ゴスペル」にしてR&B/HipHopチャートでも上位にランクされるという異例のアーティストです。(私のお気に入り「Looking for You」のビデオクリップはここをクリック)。ファッション、ダンサー、PV・・・従来のゴスペルとは一味違う斬新さは、彼のルーツの影響大。(ちなみに、ビデオ冒頭で少年達が突然警察に取り押さえられる場面は、ウチの近所でも頻繁に見かけてしまう光景・・・struggles)

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-02-17 16:02 | ライブ・コンサート

みんなグラミー賞から帰って参りました!

By松尾公子
f0009746_1542112.jpg
NYコレクションで一旦NYに集まっていた音楽界のセレブ達が、2月10日のグラミー授賞式を前に、次々と西海岸へ飛んで行き、今週やっとNYに戻ってきました。

毎日、ブラックミュージックにまみれているお陰様で、グラミーやMTV、BETアワードに出演するような素晴らしい方々と直接知り会うことができ、授賞式中継がより一層エキサイティングなものになっています(感謝)。。。知人と言っても、ビヨンセやカニエのようなノミネートされている張本人ではなく、バック・コーラスやミュージシャン、音楽ディレクターの面々。知った顔が出てくる度に、もう興奮してしまいます(笑)。

今回、特にGospelのところは面白かった。。。現在マンハッタンのブロードウェイミュージカル「カラーパープル」に特別出演中のBeBeワイナンス、私たちが毎週行く教会のリード・トローンボニストであるエディ・バップさん、そしてマライア・キャリーやマイケル・ジャクソンとの共演でもお馴染みのメラニー・ダニエルスetc.(トミーズファミリーの方々は、きっともう名前を聞いただけで顔がおわかりですね、見逃した方は、こちらをクリックしてYouTubeでお楽しみ下さい。)

ティナ・ターナーとビヨンセの共演による“Proud Mary”も印象的でした。というのも、今年のトミー富田プロデュース「ハーレムナイツコンサートin横浜」では、このProud Maryをビヨンセ以上に盛り上げるスンゴイ女性シンガーが来日するんです!Proud Maryを予習したい方はこちらをクリック

MTVやBETの時の総合音楽監督は、大抵アポロのレイ・チューだし、ディディーが出る時にはお母さんのジャニス(←トミーさんの大仲良し)がPeopleマガジンのレッドカーペット特集に載ってたりするし・・・。もっと言えば、以前ウチにMakeUpArtistの方が滞在していた頃、ジャニスは、彼にパーティメイクをして欲しいのでトミーズハウスに来たいと真剣に電話してきた・・・。結局、NYコレクションの先約がありボシャリましたよね、Tさん(笑)。

これもNYに住む特典みたいなもので、きっと、芝居関係の仕事の方はトニー賞で、ファッション関係の方は雑誌やショーの中で、、、そのほか各分野で同じような現象があるんでしょうね、、、。
「本物がすぐ隣にいる(ある)」、それがNYなんだな~と改めて感動する瞬間です。よし、明日からも仕事頑張るぞ~!

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-02-15 16:01 | 日常生活

2月はイッパイいっぱい

by松尾公子
f0009746_6545343.jpg
2月になって、NYのファッションウィークが始まりましたね。2月はブラック・ヒストリー・マンスですから、アフリカン・アメリカン史にまつわる様々なイベントも始まります。2月5日(火)はスーパーチューズデー(大統領予備選)、2月10日(日)はグラミー賞授賞式、2月24日(日)はアカデミー賞・・・etc.etc...やること、見ることがイッパイいっぱいです。

そして、2月3日(日)はSuperBowl。全米の2人に1人が観ていると言われますが、今年は17年振り3度目の優勝をかけてNYジャイアンツが出場しますから、もう大変。ということで、トミーツアーも日曜夜のツアーはお休みして、夕方からテレビにかじりつきます(笑)。

みんなケータリングなど食料を調達して、おウチで親しい友人とテレビ観戦するので、この日ばかりは繁華街もひっそり・・・しかし、そうはさせじと、各お店は「スーパーボウル観戦しよう!」と頑張ってパーティ企画を打ち出しています。(ハーレムの教会でもキッチンに大スクリーンを準備していた、日曜礼拝の後にみんなで観る模様・・・)。

f0009746_7184055.jpg40/40(マンハッタンにあるJAY-Zのクラブ)では、昨夜はスーパーボウル前夜祭パーティがありました。セレブがパーティに使うことでも有名なこのクラブ、スーパーボウル当日はA級セレブが観戦に来るということで、一般人はウェイティングリストのウェイティングになるとか。多分A級セレブは、VIPチケットで直かにスタジアムに行ってると思うけど・・・。

で、冒頭の写真は先日メールで送られてきた「ウルトラデラックス スーパーボウルパッケージ」の宣伝です。“アリゾナの球場までのプライベートジェット往復運賃と、観戦チケット、フェニックスの高級ホテル宿泊代とスーパーボウルのVIPアフターパーティのパス付きで、最低20,000ドル(約220万円)~です。一緒に如何ですか?”・・・・という宣伝。
誰が行くのかなぁ、、と思っていたら、新聞に「スーパーボウル用のプライベートジェット18人乗り$100,000(約1100万円)大人気」と出ていました。NYはお金持ちが沢山いる街です・・・(羨)。

追記)Wow!!!!! NYジャイアンツ、最後の最後で逆転優勝しました。火曜日(スーパーチューズデー)にDownTownのブロードウェイでパーレドですから、またまたさらに2月がイッパイいっぱいになりましたね・・・。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-02-04 07:55 | ニューヨーク情報

ハーレムの達人!

by松尾公子
f0009746_13164443.jpg最新版の「地球の歩き方ポケット08-09ニューヨーク編」に、トミーさんが「ハーレムの達人!」として見開きページでド~ンと紹介されています。日本から編集者の方がわざわざツアーにご参加いただき、トミー解説をしっかり取材してくださったので内容もバッチリ。

f0009746_146551.jpgトミーさんがかれこれ10年以上支援しているARCゴスペルクワイヤーは、元麻薬中毒患者によるゴスペルコンサート。ひとりひとりが、ゴスペルを歌うことによって社会復帰できた神への感謝を歌いますので、たとえ英語がよくわからなくても、皆さんSOULで感じて鳥肌が立ったり、涙が自然と流れたりするんです。
この辺の話は、彼等の生活をずっと見守ってきたトミーさんからきちんと解説してもらうと、感動がより一層深まります。
~本来のゴスペルの主旨をよく理解し、できるだけ信頼できるツアーに参加しよう(本文より)~確かにそうですね。
カメラマンの女性も同行されていたので、素敵な写真もたくさん撮ってくださっています。必見!

地球の歩き方ポケット08-09ニューヨーク編(ダイヤモンド社 定価1000円+税)
とてもコンパクトに内容がまとまっていて、限られた日程でもばっちりNYが満喫できる工夫が満載のガイドブックです。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-02-01 13:52 | ニューヨーク情報