<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

NYのR&Bシーンの層の厚さについて

f0009746_11162635.jpgby松尾公子
黒人音楽の代表的ジャンルのひとつ「R&B」。その"R"と"B"の語源となっている昔のRhythm&Bluesリズム・アンド・ブルースから最近のヒップ・ホップ・ソウルまで、R&Bも年代ごとに少しずつ姿を変え進化していますが、個人的には、DanceとFunkとSoulミュージックの要素が色濃い80~90年代のR&Bが一番心地よい。甘い恋愛や切ない片思い、心が痛む失恋の歌詞を、黒人特有の表現力と歌唱力で、ねちっこ過ぎるくらいSexyに歌い上げるからでしょうか、名曲が多い。HipHopでサンプリングされたりカバーされたり、何年経っても色あせることがありません。

f0009746_1117668.jpgその80~90年代R&B代表格の一人、アリソン・ウィリアムスのライブに出掛けて参りました。アリソンは、"Just call my name"がビルボードの連続ヒットを記録したデフジャムレコード初の女性シンガーで、ご存知の通り、トミー富田プロデュースハーレムナイツコンサートin横浜2006で来日して大盛況だった超パワフルな人。

NYには、世界的に名が通ったこういうベテランR&Bシンガーから、中堅、新人シンガー、そして日本のプロより全然上手いアマチュアまで、金太郎飴のようにどこを切っても、ソウルフルでビッグボイスで歌の上手いシンガーがごろごろ居ます。だから、ここからTopへ這い上がっていくというのは至難の業、歌の上手さだけではなくパフォーマンスとオーラと運を併せ持つ一流です。

そして、面白いのは、その一流のライブの観客の中には、大抵、有名なシンガーが友達として遊びに来ていて、飛び入りパフォーマンスが繰り広げられること。今回も、見渡すとメリッサ・モーガン、ゴードン・チェンバース、アリ・ウッドソン、、、ビルボードのヒットメーカーや敏腕プロデューサー、そして往年のベテランシンガーがわんさといて、次々とマイクが回り、美味しいライブでした。

こうして、夜のハーレムツアーが終わってからも、あちこちのライブハウスにトミーさんと御呼ばれしては毎晩のように素晴らしいパフォーマンスを見て、その中から特に私たちが大好きなメンバーを毎年日本の皆さんへご紹介しています。

f0009746_1117451.jpgオフィスには毎日色々な音源や資料が送られてきますが、レコーディングされたものやベストショットの写真、DVDでは客との盛り上がりが見えず判断が難しい。やはり"生のライブ"を見るのが一番です。稀にスタジオを借りてオーディションをすることもありますが、それで決めることもあまり無い。ライブを見に夜な夜な出掛けるのが楽しみでもアリ仕事でもあります。

ということで、今年もまたたくさんの素晴らしいアーティストを日本へBookingしてご紹介する準備を今着々と進めています。本場のNYのエンターテインメントを自信を持ってお届けしますので是非楽しみに待っていてくださいね。

※初めてブログのランキングというものに参加してみました。沢山の皆さんに見ていただけるよう、よろしかったらワンクリックお願いします↓


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-04-30 15:44 | R&B ソウル

一年振りに絢香(AYAKA)と再会 in NY

f0009746_153082.jpgbyトミー富田

ちょっと前の話になってしまいますが、絢香ちゃんと1年ぶりにニューヨークで再会しました(昨年の話はここをクリックして過去ログをご覧ください)

日本で売れっ子の彼女は、NYでもレコーディングや撮影で超過密スケジュールのようでしたが、今年もまたスケジュールの合間を縫って会いに来てくれました。

相変わらず小さくて可愛い絢香ですが、(どうかすると私の孫くらいの年代ながら)とても素直でしっかりしていて、礼儀正しい。会う度に感心させられます。
一番好感が持てるのは、音楽に対する真面目な姿勢と意欲です。朝からスタジオワークやロケで忙しいNYだったのでしょうが、疲れた姿は一切見せず、それどころか、NYのいい音楽を紹介すると、大きな目をキラキラさせて「見たいです」「行きたいです」、、と、周りのスタッフの方々の翌朝の心配を吹き飛ばすくらい真っ直ぐな目で音楽に貪欲に向き合います。それは昨年も同様。

きっとこの姿勢が、彼女の日本での人気、そして周りにいいスタッフが集まってくる要因になっているのでしょう。私達も今ではすっかり彼女が大好きになって、ここNYから彼女の活躍を応援しています。

・・・ということで、今回、絢香ちゃんとちょっとお仕事も一緒にしました。情報解禁になったらまたこのブログでもご紹介します。楽しみに待っていてください。

※初めてブログのランキングというものに参加してみました。沢山の皆さんに見ていただけるよう、よろしかったらワンクリックお願いします↓


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-04-26 16:05 | コーディネイト

マライアキャリー、アリシアキーズ、キーシャコールが無料!

f0009746_0531633.jpg
by松尾公子

前回に引き続き、BET(ブラック・エンターテインメント・テレビジョン)の人気番組106&Parkより。来週出演“予定”のゲストは・・・
月曜日収録...マライア・キャリー
水曜日収録...アリシア・キーズ
木曜日収録...キーシャ・コール
公開録画ですので、勿論、観覧無料!
但し、セレブの超過密スケジュール、番組の構成などにより、突然のキャンセル・変更(ゲストの部分は別撮りになったり)も大いにありえます。まぁ、無料ですから苦情も一切無しです。

NYエリアでの放送は、収録翌日の夕方6時から(90分)、ケーブルテレビ42チャンネルにて。観覧希望の場合は、audience106@bet.comで予約を。

*写真撮影禁止
*ギャングサイン禁止
*途中退場不可
*観覧者の殆どがNY近郊の元気一杯の黒人高校生。ゲストが居ようが居まいが、立ったり座ったり踊ったり拍手したり叫んだり、、、のエナジーをティーンに混じって4時間キープして「観客」としての役割を果たせる自信のある方限定!

*CBS/BET BROADCAST STUDIOS
530west 57th street, New York, NY10019
(bet. 10th & 11th Aves.)

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-04-20 02:01 | ニューヨーク情報

BET(ブラック・エンターテイメント・テレビジョン)

f0009746_13494948.jpgby松尾公子

久し振りに所用で、BETの「106&ParkTop10」収録現場を覗いて参りました。
「106&Park」はBETの一番人気番組で、月曜から金曜まで毎日、ヒップホップ・R&Bを中心に、ミュージックビデオのトップ10カウントダウンをNYでスタジオ収録しています。番組名の106&Parkとは、もともとイーストハーレム106丁目のパークアベニューにあるスタジオで収録していたから。数年前からは、もはやハーレムではなく、57丁目の10番街と11番街の間のCBSスタジオで収録しています。

現在の司会は、テレンスJと、ホンジュラス出身のロクシーのさわやかコンビ。カニエ・ウエストやDiddy、メアリーJブライジや、、、信じられないようなブラックセレブが、プロモーションでスタジオへやって来ては、生トークとライブを繰り広げるということで、ティーンの間で人気の番組。画面で見るよりウンと狭いスタジオなので、かなりの至近距離です。

公開録画番組ですから、観覧は勿論無料!誰がゲストであろうと無料!現在はスタジオも57丁目の行きやすい場所ですから、4~5時間テンション上げっ放しで座り続けることが出来るという方はaudience106@bet.comで予約をして行ってみては?
(※日によってはゲスト無しのこともあり、12時からの開門に並べば予約無しでも入れる。放送の前日撮りなので、月曜収録分は火曜日放送。)

*CBS/BET BROADCAST STUDIOS
530west 57th street, New York, NY10019
(bet. 10th & 11th Aves.)

BET(ブラック・エンターテインメント・テレビジョン)とは、Hip Hop、R&Bから、ブラックムービー、ゴスペル、コメディ、そして人気のテレビドラマ「Soul Food」や「The Wire」まで、一日中ブラック・エンターテイメントにフォーカスした番組を放映している全米放送のケーブルテレビ(NYは42チャンネル)。UKやカナダ、サウスアフリカなどでも放送。(日本も一時ライセンスを取っていたが、現在は撤退)。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-04-19 14:43 | ライブ・コンサート

こんな豪華共演あり?のゴスペルイベント3つ。

f0009746_752288.jpg
by松尾公子
先ずは、NY最大のゴスペルイベント、マクドナルド主催「ゴスペルフェスト2008」。現代のゴスペル界を代表するこの驚きの出演者たち!
Kirk Franklin / Donnie McClurkin
Mighty Clouds / Hezekiah Walker / Byron Cage
Vicki Winans / Cissy Houston ....

ゴスペルのことは良くわからない..という方は、まずは彼等のCDを買いあさるといい、というくらい今人気のメンバーです(※カーク・フランクリンについての過去ログは、ここをクリック)
毎年6月にNYの“マジソンスクエアガーデン”で行なわれていますが、今年はお隣のニュージャージー州で開催。勿論、いつもどおり全米各地から多才なゴスペルタレント(ゴスペルクワイヤー、プレイズダンス、ラッパー、詩の朗読など)が集まりコンテストも行なわれますよ。しかも、25周年ということで、チケットは25ドルから。
6/14(Sat) @15:00pm (at Prudential Center,NJ)
$25~
※この時期ちょうどNYに居合わせるという方、是非一緒に行きましょう!

f0009746_88398.jpgそして、グラミー受賞の女性シンガー達(シャーリー・シーザー、ヨランダ・アダムス、クラーク・シスターズ)が集結するということで話題になったWomen Empowerment Gospel Festival。
4/19(Sat) @8:00pm (at RadioCity Music Hall)....は、急遽キャンセルに...残念!知人のブラックエンターテイメント会社が大々的に宣伝していましたが、「チケット1枚買うと、もう1枚無料進呈!」という案内が来たかと思えば、昨日突然キャンセルのプレスリリースが...。これは延期公演に期待しましょう!

f0009746_8263652.jpg
そして今週土曜日、(前回のブログでも書いた)アビシニアン教会とウィントン・マルサリス楽団の豪華共演が、場所を教会礼拝堂に移し、いよいよクライマックスを迎えます。
先週は、リンカーンセンターという場所柄、白人客が半数でしっとりとした雰囲気でしたが、今回はハーレムの教会ですから、参加者も殆ど黒人信者。さらに、アビシニアン教会のNative landであるエチオピア本国からもアフリカの信者達がNY入りし、興奮度も頂点に達します。
4/19(Sat) @2:00 & 7:30pm (at Abyssinian Baptist Church)
$50, $75, $100, $200

今週末もまた行きますよ!今度はHJGCメンバー達と一緒です。(というのも、カルビン・バッツ牧師がトミーさんのお知り合いで、光栄にも我々は以前この教会で歌わせていただいたことがあるんです。当時私たちの先生であったアビシニアン教会の音楽監督Jeff氏も、今回130名の教会クワイヤーに加わっているというご縁)。また、このイベントに企画から携わっているのが、いつもトミーさんのゴスペルウェディングコーディネイトでお世話になっているNさん(オプラ・ウィンフリーのTV番組も手掛けていた経験を、今はこの教会に全て捧げている、牧師の有能な秘書かつ素晴らしいソプラノシンガー)。中枢の皆さんの実現までの努力をずっと見ているだけに、わくわくしながら当日を待っています。。。

※200周年祭は、昨年牧師がエチオピアを訪問した時から18ヶ月に渡り続いています。今回のJazz共演の他、R&B界の大御所アッシュフォード&シンプソンによるテーマ曲進呈とパフォーマンス、本やビデオの出版、クワイヤーのCD作成、ショーンバーグセンター黒人文化研究所でのエキシビション...と、記念イベントは今年11月まで盛り沢山です。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-04-17 09:38 | ゴスペル

ゴスペルとジャズで祝200年!NY最古の黒人教会

f0009746_11232075.jpg
by松尾公子
さて、上の写真には一体何人の黒人が写っているでしょうか?
答えは、130名のゴスペルクワイヤーと15人編成のジャズバンドと牧師で、約150名。

4月10日(木)から、Jazz@リンカーンセンターの一番大きなホールRose Theaterで行なわれた“アビシニアン教会200周年 True to our God,True to our Native Land”にトミーさんと参加して参りました。これはもう、その場に居合わせた者のみぞ知る、写真や言葉では伝え切れない感動的な壮大さ・・・。

f0009746_153457.jpgアビシニアン教会は、プロテスタント系バプティスト派の総本山、ブラックキャピタル(黒人教会の首都)と呼ばれているNYで最も古い黒人教会。
教会名である“Abyssinia”とは、アフリカ大陸にあるエチオピアの旧称で、1808年、エチオピアから渡ってきた商人とアフリカン・アメリカンのグループが、「白人と黒人の席を区別せずに、一緒に礼拝が出来る」という、奴隷時代には超斬新な教会をロウアーマンハッタンに作って今年で200年。約100年前に、ハーレム138丁目(トミーズハウスから徒歩3分のところ)に移り、今も威厳高く聳え立っています。

この世界的に有名な黒人教会200周年記念の一貫として、リンカーンセンター・ジャズ部門との初のコラボが実現。Jazz@リンカーンセンターの監修をしている世界的トランペッター、ウィントン・マルサリス氏が“リンカーンセンターJazzオーケストラ”を、そして、アビシニアン教会の主任牧師で黒人教会・ハーレムコミュニティのリーダー的存在であるカルビン・バッツ氏が“チャーチクワイヤー”130名を引き連れての、Jazzとゴスペルの稀に見る壮大な融合です。

f0009746_12341352.jpgアビシニアン教会独特の“スピリチュアル・黒人霊歌”の伝統的ハーモニーと、リンカーンセンターJazzオーケストラの超一流の演奏、そこに、Jared GrimesのTapと、牧師の説教が加わり、まさに黒人文化の根幹である「Call&Response コール&レスポンス」「Improvisation 即興」の大共演でした。(※Jaredはマライア・キャリーやCommonとも共演しており、BDC(ブロードウェイダンスセンター)のHipHop&Tap講師としても人気。今ウィントン・マルサリスがお気に入りのダンサーで、来週も別イベントでリンカーンセンターに出演します)

一昔前まで一部の敬虔な信者からは、悪魔の音楽(Devil Music)と言われていたJazzやR&B(※)。教会やゴスペルにルーツを持つこれ等の音楽が、月日を経て、やがてまたひとつになる・・・、今回のアニバーサリーの大きなTopicsのひとつだと思います。
(※ビヨンセ出演のゴスペル映画The Fighting Temptationsでも、R&Bが教会で“悪魔の音楽”と呼ばれるシーンが出てきます、Check!)

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-04-15 17:04 | ゴスペル

MTVの番組が今日放送になりました!

f0009746_12142383.jpgby松尾公子
MTVの番組キャスティングをお手伝いさせていただくことがあります。
・・・そして、忘れた頃に「●月●日●時から On Air に決まりました」と連絡をいただきます。
・・・3ヶ月前に収録した番組が本日全米放送されました。
・・・「MADE」。
現実の自分とは大きくかけ離れている“夢の自分”になる手助けを番組がしてくれるというもの。アメリカ人の好きなDreams come true!を、特に、まだまだ色々な可能性を秘めた10代の若者達に実践してもらうドキュメンタリーで、コレが結構面白い番組なんです。
大人しくてサエないと自分で思っている白人の高校男子が「HipHopダンサーになって、皆にCoolと思われたい」とか、ポテトチップスが大好きで運動音痴なポッチャリ型の女子が「チアリーダーになって人気者になりたい」とか、、。そこで、毎回、各界のセレブリティが救世主として現われ、猛特訓の末、見事に目標達成まで導いてくれます。

で、今回のエピソードは、典型的な体育会系で音楽やダンスに疎いフットボール選手の男子が「格好いいタップダンサーになって、学校のタレントコンテストに出場して、皆をアッと言わせたい」という話。ここに、セレブリティ講師としてオマー・エドワーズがキャスティングされました。

・・・結果は、ナント大会で優勝!さすが面白く仕上がっています。。。
( 7月あたりに放送の別の番組もありますので、また決まったらお知らせいたします!)

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-04-13 13:03 | コーディネイト

春!Tapダンス!NY!ハーレム!

f0009746_1282960.jpgby松尾公子
4月13日(日)4:00pmからアポロ劇場で、セヴィアン・グローバーのTapショーが行われます。セヴィアンといえば(このブログでも何度もご紹介していますが)世界を股にかけてソロで大活躍しているタップダンサーで、我々の親友オマー・エドワーズの従兄弟で、お母さんはトミーさんのお友達でもあるゴスペルシンガーで、そしてセヴィアンが信頼していつも一緒にツアーを回っているバックミュージシャンが我々と仲良しのペイシャン(sax)とアンディ(bass)で・・・という深いご縁。今回はファミリー向けのショーで、チケットはナント12ドル!
Sunday, April 13 @Apollo Theatre
Featuring Marshall Davis Jr. and Maurice Chestnut
with special guest Lori Ann Stevens.

最近はワークショップツアーも始めて、後進の育成に改めて開眼したかに見えるセヴィアン、もうすぐ自身のスタジオも完成して、益々NYのタップシーンが盛り上がってきそうです。

f0009746_129356.jpgこのセヴィアンと子供の頃から映画やブロードウェイで共演して、10代でトニー賞、昨年はブラック・エクセレンス・アワードまで受賞している世界屈指のヒールタップダンサー、ドミーシャの初ホストイベントが先日行なわれました。場所はイーストハーレムにあるお洒落なプエルトリカンBar。ジェイソン、デリック、ミシェル、ミケーラ他、今、Tapシーンを盛り上げているメンバー達が一同に介し、深夜までTap Jamが繰り広げられました。
ドミーシャは、沢山のセレブ(マイケル・ジャクソン、アリーシャ・キースetc.)にも教えていますが、誰に会ってもどんな時でも超Cool。red meat(赤肉)をもう10年以上食べていないということが影響するのか、見事な体型で、そして何よりもパフォーマーに大切な「オーラ」があります。
さて、現在作成中の彼等のドキュメンタリームービーで、Tapサポーターとして我々にも出演依頼が。。。ハイ、これからもこの素晴らしいTapシーンを応援し、こんなにもBreath-takingな世界にまだ巡り合っていない方々にご紹介し続けたいと思っています!

トミー富田ドットコムに戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-04-04 02:39 | TAP ダンス