「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今夜の「情熱大陸」~絢香~を見てください!

f0009746_10535170.jpg
by松尾公子
2008年6月29日(日)夜11時から
TBS系で放送の人気ドキュメンタリー番組「情熱大陸」、今夜の特集は「絢香」さんです。

今年の3月に、マスタリングなどの仕事でNY入りしていた絢香さん。お仕事の合間に、昨年に引き続き"NYナンバーワンレベルのR&B系ステージに飛び入り出演してみたい"、ということで、その部分をトミーさんと現地コーディネイトさせていただきました。

色々なハプニング、緊張、一流ミュージシャン・シンガーとの対面、、、などなど、とても素敵な2夜で盛り上がったのですが、諸事情によりもしかしたらその部分がCUTされるかも、、、という連絡が先週入ってしまいましたので、、、結果は見てのお楽しみ。いづれにしても、番組中のどこかに、トミーさんと私の名前が入っていると思いますので、どうぞ最後まで目を皿のようにして(笑)探してみてくださいね。

~以下、番組の公式ウェブサイトより抜粋~

アーティスト アーティスト・絢香、20歳。 
2006年に「I believe」でデビューし、ヒットチャートで初登場3位を獲得。同じ年の4枚目のシングル「三日月」では初登場1位となり、その名を広めた。伸びやかでいてブルージー・・・圧倒的歌唱力で存在感を発揮する若き歌姫だ。 中学時代に歌手になることを決めて以来、絢香はその夢を掴むために10代のほとんどすべてを費やしてきた。授業の合間に教室で歌い、放課後は音楽室で歌う毎日。週末は地元・大阪から福岡の音楽塾に通い、本格的な音楽理論も学んだ。「必ず歌手になると自分を信じてやってきました」と絢香は語る。 絢香の音楽には「届ける」「繋がる」というメッセージが色濃く表現されている。弱冠20歳の彼女が、必死に届け、繋がろうとしているものは一体何なのか?その答えを探る30分だ。


※よろしかったら下のマーク↓をワンクリック投票お願い致しますっ


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-06-29 11:11 | コーディネイト

ゴスペルコンサートに出演します!

f0009746_2383820.jpgby松尾公子
6月28日(土)、米国テキサス州で活躍中の音楽監督 “ケビン O デイビス” が、テキサスから大勢の黒人クワイヤー(ゴスペル合唱隊)を引き連れて、NYの教会で盛大なゴスペルコンサートを開催します!我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)と、NY最大の日本人コミュニティ「日本クラブ」在籍の“日本クラブゴスペルアンサンブル(オーガナイザー:トミー富田)“がオープニングアクトで参加する、まさに国際的コンサートin NYC! ゴスペル三昧の2時間です。場所は、セントラルパーク西側108丁目からスグ近くのアッパーウエストサイドエリアですのでどうぞ安心してお越し下さいね。

Gospel Concert「Texas Comes to NYC」
★ 出演 ★ Kevin O. Davis with  FBC Unified Choir、
St.Paul UMC Chancel Choir and Ladies of Song of Dallas,TX

★ スペシャルゲスト ★ The Harlem Japanese Gospel Choir

★日時:6月28日(土)5:00pm~

★場所:Southern Baptist Church
Pastor Keith W. Roberson

★住所:12-16W 108th Street, NY10025
(bet. Manhattan Ave. & Central ParkWest)

地下鉄B・Cラインで「110th St. 」駅下車 徒歩3分)
※セントラルパーク・ウエスト沿いに108丁目を右に曲がってスグの大きな教会です

** Free-will offering benefit **

全部で7~8曲賛美させていただく"予定"です...。黒人教会のコンサートですから、式次第もあって無いようなもの(笑)。当日どんな展開になるかはわかりませんが、予定曲は以下のとおりです。。。

☆ I just wanna thank You forever, and ever, and ever,
For all You’ve done for me,
Blessing and Glory and Honor they all belong to You,
Thank You Jesus, for blessing me

☆ His eye is on the sparrow~映画「天使にラブソングを」でも御馴染み
Why should I feel discouraged, Why should the shadows come,
Why should my heart be lonely and long for heav’n and home,
When Jesus is my portion? My constant friends is He,
His eye is on the sparrow, and I know He watches me, 
I sing because I’m happy,I sing because I’m free
His eye is on the sparrow, And I know He watches me
I’m so happy, Yes! I’m so happy Yes, I am !

☆Koinonia   (兄弟姉妹)
How can I say that I love the Lord whom I’ve never ever seen before
And forget to say that I love the one whom I walk beside each and everyday
How can I look upon your face and ignore God’s love you I must embrace
You’re my brother you’re my sister and I love you with the love of my Lord

☆ I love the Lord, He heard my cry and pitied every groan
Long as I live while troubles rise I’ll hasten to His throne
I’ll hasten to His throne.....

☆ Amazing Grace, how sweet the sound
驚くばかりの 恵みなりき
That saved a wretch like me
この身の汚れを 知れるわれに
I once was lost, but now am found
恵みはわが身の 恐れを消し
Was blind, but now I see
任する心を 起こさせたり

☆ High and lifted up in all the earth is who You are
Lord, we exalt Your name, Lord, we exalt Your name
Oh Lord, we praise You , High and lifted up

☆ Like the dew in the morning, gently rest upon my heart
Rest (Jesus), Rest (Jesus), Rest (Jesus) like the dew in the morning
Rest, Move, Reign…

※よろしかったら下のマーク↓をワンクリック投票お願い致します


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-06-28 23:56 | ゴスペル

NYタイムス紙の今日のファッション

f0009746_15235120.jpg
by松尾公子
日曜日のNewYorkTimes紙「Styles」頁で特集されるファッションコーナーon the Street
今日の特集は、黒人とヒスパニック系に多く見られるズボン下げファッションについて。
もともとは、Prison(刑務所)に入ったらベルトを取り上げられるところから来ているこのスタイルが、最近のストリートでは、ゴテゴテ、キラキラのベルトと組み合わされ、白人のティーンまで真似している、、、というリポート。NYタイムス流に真面目に解説されているところが面白いです。

このファッションについては、黒人教会の牧師さんのお説教の中にもよく出てくるんです、「子供のズボンを上げさせようじゃないか!」、、、と。
(=ただ単に"ズボンを上げる"という行為ではなく、このファッションと結びついている生活からの脱却を意味する)

是非こちらをクリックして、ダウンタウン(ハーレムの人はハーレムより下(南)を全部ダウンタウンと言います(笑)で撮影されたKidsたちの写真集をご覧下さいませ。

(2週間、イベント続きでまた更新が停まってしまいましたが、明日から少しずつ思い出して書いてみたいと思っています、、、)

※よろしかったら下のマーク↓をワンクリック投票お願い致しますねっ


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-06-23 15:41 | ファッション・アート

ラッパーNasの父、オル・ダラがハーレムで表彰!

f0009746_735259.jpg
by松尾公子
6月8日(日)午後、ハーレムで授賞式がありました。
Metro New York Chapter
Jackson State University National Alumni Assosiation
20th Annual STAR program

長い英語名ですが、NYで活躍しているミシシッピー出身者が毎年一人ずつ選出される賞で、今年で20年目。年によっては牧師だったり、文学者だったり、歌手だったり、政治家だったり...各界から選出されている由緒ある賞です。

f0009746_7364529.jpg今年選ばれたのが、ミュージシャンのオル・ダラ。現在ハーレム在住で、いつもハーレムのクラブで顔を合わすアノまったりしたオジサマが、この日はビシっとスーツでキメて登場です。CooL!
勿論、オルーはトミーさんの古くからのお友達、ということで私共も出席させていただきました。
受賞挨拶の第一声は、、、会場中央に座っていたトミーさんに向かって、「自分が昔住んでいたミシシッピーの街に、第二次世界大戦時に日本のキャンプがあったんだ、あまり巷には知られていないこの歴史、憶えといてくれよ、トミー!」と名指しで言われ、唯一の非黒人参加者がますます目立ってしまった、というトミーさんでした。。。
今回は、子供(高校生)と奥さんと一緒に出席したオル・ダラ。堅苦しいスピーチは一切無く、ベイビーママ(※)の話で会場に笑いが起こったりと、相変わらずのマイペースぶり(自分でも言ってるけど子供が10人以上?います)。※ベイビーママ=奥さんではないが自分の子供を産んだ女性のこと

オル・ダラって誰??という方、ヤバイですよ。チェック、チェック。
ブルーノートNYやセントラルパーク・サマーステージ他、世界ツアーも毎年演っています。今や若い世代には、HipHop界でJay-Zと人気を二分するラッパーNasのお父さんと言った方がピンとくるかもしれません。息子Nasと共演しているBridging the Gapのビデオはこちらをクリック!

f0009746_7373353.jpgOlu Dara
コルネット、ギター、ボーカル、パーカッションをこなすマルチミュージシャン。1941年ミシシッピー州ナチェス生まれ。両親、祖父母、みんなミュージシャンという音楽一家で育ち、7歳から演奏を始め、9歳で早くもGigに参加。海軍でジャズバンドとして4年間演奏した経験から、NYに渡ってからはアート・ブレイキーのジャズメッセンジャーズに参加。ジャズの王道を行くも、アフリカ旅行をきっかけに、Olu Dara(God is Good~神様は素晴らしい~という意のアフリカ名)と改名し、ブルースにR&B、ダンス、カリビアン、アフリカン、ジャズ、、、様々な要素を取り入れた独自のゆる~い黒人音楽スタイルを形成して幅広い層に人気。

授賞式が行なわれたセントラルハーレムから、わずか9ブロック離れたスパニッシュハーレムでは、その頃プエルトリカン・パレードで大盛り上がり。で、この日の我々のスケジュールといえば、、、
朝:ハーレムのサンデーゴスペルツアー
昼:オル・ダラの授賞式
夕方:ハーレムのHipHopグループと秋のHipHopツアーの打ち合わせ
→そのまま、パレードに参加したプエルトリカンの知人に誘われてアフターパーティへ消える
トミーさんは、夜のソウルナイトツアーへ。。。
とまぁ、相変わらずフル回転の一日でした(汗)。

※よろしかったら下のマーク↓をワンクリック投票お願い致します


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-06-11 07:44 | ニュース

炎天下のテレビ収録 in ハーレム

f0009746_13192523.jpg
by松尾公子
今年一番の猛暑、94度(摂氏34度くらい)まで気温が上がった今日のハーレム。
そんな中、朝の9時からテレビ朝日さんの番組収録がありました。ニューヨークの音楽やダンスを紹介するエンターテイメント系の1時間番組に、トミー富田が出演しますよ!

これまでは、わりとドキュメンタリータッチでトミーさんが紹介されることが多かったのですが、今回は、もう少しバラエティ系というかエンタメ系の楽しい番組になりそうです。日本からアノ女優さんと、あのベテランシンガーの方がNYへ乗り込んできて、トミーさんと絡みます(笑)。

日本での放送は、7月はじめの週末のお昼になりそうです。情報解禁になりましたらスグに、詳しくご案内させていただきますので、是非是非ご覧下さいね。

※よろしかったら下のマーク↓をワンクリック投票お願い致します


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-06-08 13:34 | ニュース

今週末はスパニッシュハーレムが熱い!

f0009746_16161720.jpg
by松尾公子
NYでサルサと言えば、スパニッシュハーレム!
お陰様で大人気の当スパニッシュハーレムツアーは、このところ殆ど毎日催行しております。。。「忙し~い」と言いながら、時間を見つけては週に3回は (1時間だけでも行きますよ、笑)サルサに行く私、、、。歴史や人種や難しい話ばかりの社会科見学では無く、NYで踊りに行くならここ!というクラブ事情や、ファッション情報も満載のとても楽しいツアーです。

そして、、、今週日曜日は「プエルトリカン・デイ・パレード」!プエルトリカンが多いこの街では、日に日にお祭りムードが高まってきて、家の窓も、車も、、、プエルトリコ国旗で一杯になってきました。ストリートでは、プエルトリコグッズのベンダー(街頭の物売り)が続々登場しています。

さぁ、明日土曜日は、スパニッシュハーレムの中心街でストリートフェアが大々的に開催されます。
そして、日曜日はいよいよ、44丁目~86丁目の5番街に、サルサ、メレンゲ、レゲトンが鳴りまくるプエルトリカン・デイ・パレードです!

※6月8日(日)は、毎年恒例!サンデーゴスペルツアー終了後に近くまでご案内しますので、是非ラテンの風に吹かれてみてください。Let's Dance!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
春から秋にかけて、NYでは沢山のパレードが毎週のように行なわれますが、↓これが私の中での4大パレード。いよいよ2008年夏の始まりです!

★プエルトリカン・デイ・パレード(6月第二日曜)
*写真がいっぱいの2007年過去ログはこちらから
*写真がいっぱいの2006年過去ログはこちらから

★ゲイ・パレード(6月最終日曜)
*写真がいっぱいの2006年過去ログはこちらから

★カリビアン・デイ・パレード(9月第一月曜のレイバーデー祝日)
*写真がいっぱいの2007年過去ログはこちらからはこちらから

★アフリカン・アメリカン・デイ・パレード(9月第三日曜)
*写真がいっぱいの2007年過去ログはこちらから
*写真がいっぱいの2006年過去ログはこちらから

この時期にNYに居らっしゃる方は、是非一度足を運んで見てくださいませ。


※よろしかったら下のマーク↓をワンクリック投票お願い致します


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-06-07 17:15 | ハーレム情報