「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「GOLD」に掲載されました!NYクリスマス情報。ゴスペル。

f0009746_12383781.jpgby松尾公子
JCBカードの月刊誌「GOLD」に、トミー富田が掲載されました!
特集記事は、「ニューヨーク、光が祝福するクリスマス」。これからクリスマスシーズンを迎えるNYが、イルミネーション、食、アート、ホテル、様々な角度から、とても綺麗な写真とともに紹介されています。

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


f0009746_12391010.jpgその中で、取材班の方が「クリスマスのニューヨークでぜひ聴きたかったのがハーレムのゴスペル」ということで、トミー富田のハーレムツアーを紹介してくださいました(←写真は本誌に掲載していただいたもの)。
さぁ、11月27日(木)のサンクスギビングデーが終わると、これからNYは一気にクリスマスモードに変わっていきます。

f0009746_1493066.jpg(写真上)私のお気に入りは、16000個のバカラクリスタルで出来た「Snow Flake~雪の結晶」。もともとは、ホリデーシーズンに街の活性化を図ろうと、ユニセフから贈られたのが始まりで、ルイヴィトン、ヴァンクリーフ&アーベル、ブルガリ、ティファニー・・・錚錚たる一流ブランド群に囲まれた5番街一等地の空中でひときわ輝いています。先週点灯済み。今年の点灯式にはRihannaも来た。

(写真左下)シックで大好きだったリンカーンセンターのツリーは、今年は広場が工事中のため、63丁目ブロードウェイのDante Parkでこじんまりと点灯します。点灯式=12月1日(月)5:30-9:30pm。タイムワーナービルから北にずっとパフォーマーや試食ブースが出るフェスティバルが同時に開催。(写真は去年のものです)

(写真右下)ロックフェラーセンターのツリー点灯式は、12月3日(水)7:00-9:00pm。今年の目玉のパフォーマーはビヨンセ。(写真は去年のものです)

この他、サウスストリートシーポートのコーラスツリー点灯イベントは、11月28日(金)6:00pm-
マジソンスクエアパークは、12月9日(火)4:30pm- などなど、これから盛りだくさん。

5番街のルイ・ヴィトン、ヘンリ・ベンデル、ティファニーは、もう既にキラキラしていますが、サンクスギビングデーを過ぎると、いよいよ街は本格的にキラキラ度を増し、クリスマスを迎えます。。。
f0009746_14214210.jpg

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-11-28 14:52 | ニュース

マーベルのケーキ屋さんオープン!

f0009746_133976.jpg
by松尾公子
2007年ハーレムナイツコンサートin横浜で、超ミニスカートでソウルフルにセクシーにJazz,Funk,R&Bを熱唱した、あのマーベル・アレンのデザートShopが、ブルックリンのClinton Hillにグランドオープンしました!

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


正確には、マーベルの旦那さんマイケルのお店で、名前はDesserts by Michael Allen。マイケルはとっても多才で、ハーレムナイツの時にはカメラマン、ビデオ編集者として活躍。。。自宅には立派なスタジオも持っています。
f0009746_13414487.jpgそして、前から目をキラキラ輝かせながら語っていた夢が「Sweets Shopを開くこと」。もともとシェフとしての腕前も大したもので、LLクールJやアトランティックレコードのパーティetc.にも頼まれて数段積み重なるデコレーションケーキを作っていたほどです。
マイケルの誕生日が5月16日、私が18日なので、いつもお誕生日ケーキを焼いてきてくれていましたが、甘すぎず、洗練されていて、と~っても美味しく、感動していました。そして、遂にマイケルの夢の実現!
・・・・ということで、期待満々、オープニングに行ってきました。
ピカピカのオープンキッチンでは、随時焼きたてのパンやクッキーが、、そして、みんなに振舞われたマイケル自慢のホットチョコレートは、濃厚で甘くてほのかな酸味があって絶品。NYスタイルのチーズケーキも、ついつい食べ過ぎてしまうくらい美味しいです。

パン好きのトミーさんは、クルミやレーズン入りの焼きたてのローフを買いだめ。どれも外がカリっと焼きあがって、中が柔らか~くて、病み付きになりそうです。

これからは、このオープンキッチンで、定期的にデモンストレーションイベントや料理教室も開いてくれるというから、ブルックリンまでお出掛けの際は、どうぞ足を伸ばして見てくださいね。

DESSERTS BY MICHAEL ALLEN
1015 FULTON STREET
(BETWEEN GRAND AVE. AND DOWNING ST.)
718-230-3360


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-11-26 13:42 | ブルックリン

教えてください。

f0009746_6152917.jpg
by松尾公子
寝る時間が無いぃ~、という生活がまたやってきてます(苦)。
いつものハーレムツアーを毎日催行させていただきながら、加えて、撮影、オフィスの移転準備、コーディネイト業、トミーズハウスの拡張準備、ミュージシャンのブッキング、ゴスペルウェディング、執筆締め切り、、etc.etc.が同時に押し寄せ、トミーさんも私も朝方就寝→早起き、の繰り返し。ブログからも全く遠ざかってしまっております。。。
そして、この生活はまだまだ12月一杯は続きそうです。メールのお返事が遅れてしまっている皆さま、本当に申し訳ございませんm(_ _)m

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


さて、昨夜はアポロ劇場アマチュアナイトの日。
スペシャルゲストは、日本からの清水翔太さんでした。

勿論、今回も「ゲスト出演」ですから、アポロの特性である「ブーイング」は一切禁止。気に入っても、気に入らなくても、観客は最後まで大人しく聞きます(ということで、この時間をトイレ休憩に使う人も・・・)。

で、素朴な疑問。
Q: なんでわざわざNYのアポロ劇場まで(日本のカメラクルーを引き連れ)"プロモーション"に来るのか?(去年に続きこれで2回目)。
アポロのアマチュアナイト出身という訳でもなし、
地元の黒人にウケルか、とドキドキしながら挑戦をするわけでもなし(いつもゲスト出演)、
※ちなみに、嘉門達男さんは本当にアマチュアとして他の出演者と同じ土壌に立って挑戦した(思いっきりブーイングを浴びてしまいましたが・・)。

このステージに立つ為に、
前日から寝袋持参でオーディションに並ぶ人達、
30回以上オーディションに落ちてもまだ挑戦し続けている人達、
本選のステージでは、"ブーイングが出たらどうしよう"と不安に駆られながら、自分の120%の実力を出し切って最後までパフォーマンスさせてもらおうと頑張る人達、、
を沢山知っているだけに、?な夜でした。


※ブッキング、コーディネイトのお問い合わせは、お気軽にharlemtommytour@hotmail.comまで日本語でどうぞ。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-11-22 06:18 | アポロ劇場

バラク・オバマが当選した日、ハーレムの夜は・・・。

by松尾公子

「オバマ・デイ」。
米国初の黒人大統領が誕生した2008年11月4日を、黒人コミュニティではこう呼び始めています。当確が報道された夜11時から、ハーレムの街は、朝まで眠ることはありませんでした。ニュースでは伝わらない「ハーレムの夜」の写真と映像(撮影:Kimiko)。

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


(編集する時間が無く、とりあえずYoutubeにUPしてみました。クリックして生のハーレムを感じてください↓)
夜11時過ぎ、当確報道のおよそ30分後、人々はStreetへ飛び出し、車も歓喜のあまり、クラクションをファンファン鳴らして通り過ぎる。カーサービス(ハーレムのTaxi)もパトカーも・・・↓


ハーレムの中心125丁目の夜中2時。通りには人が溢れ、車は歓喜のクラクションを鳴らしまくり、混乱を治める100人を超える警察官とパトカーが、大通りを封鎖。もう一度言います、“夜中の2時”です。NYジャイアンツが優勝した時のことを思い出しました。でも、ハーレムが「政治的なこと」でこんなに盛り上がったのは近年初めてだということです↓


長い一日がやっと終わりました。2年に渡る長い選挙がやっと終わりました。でも、そこに“疲れ”はありません。何故なら、人々に“希望”が見えるから・・・。
オバマ氏のキラキラした瞳には、いつも強い希望の光が感じられます。
これまでヒーローという言葉は知っていましたが、本当に「ヒーロー」と呼べる実在の人を見たことは無かった・・・。生まれて初めて「ヒーローの誕生」の瞬間を見たような気がします。
富裕層、中流、貧困層、アメリカ全国民が100%満足する政策というのは無いでしょうから、実際、ひとりの人間が4年(又は8年)でどこまで変化を成し遂げられるのかはわかりません。
でも、今、人々には、アメリカという国への誇りが、アメリカ人であることの誇りが、アフリカン・アメリカンであることの誇りがあります。
その「誇り」と「希望」が力になることは間違いありません。
f0009746_16262521.jpg
(写真上から)
*トミーズハウスから30秒のところにあるソウルフードレストランバー「ロンデルス」では、大画面のテレビニュースで結果を見守る人々がStreetまで溢れました。
*当選が報道されると、店からシャンパンが振舞われ、皆の目には涙が溢れていました。スーツ姿の男性も、ヤンキース帽をかぶったオジサンも、皆の目に涙が溢れていました。でもその顔は希望に満ちた笑顔でもありました。
*歓喜のあまり、クラクションをファンファン鳴らして通り過ぎる車の中には、OBAMA仕様車も(Horn for OBAMA=オバマの為にクラクションを鳴らさせてください)
*ハーレムの中心、125丁目のステイトオフィスビル前広場ではHistoric Harlem Community Celebrationに集まった人達で朝方まで興奮を分かち合いました。オバマ氏の父親がケニア黒人だったこともあってか、アフリカ人もいっぱい集まってアフリカンドラムが鳴り響きました。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-11-06 15:26 | ハーレム情報

米国大統領選挙当日、ハーレムの風景。

f0009746_9162138.jpg
by松尾公子
2008年11月4日(火)。いよいよ44代目アメリカ大統領を決める投票が始まりました。投票会場のひとつとなっているこのハーレムの教会も、早朝から既に長蛇の列。。。

もうハーレムの街中がOBAMAで一杯。トミーズハウスの周りも、3軒に1軒は、窓やドアや車にOBAMA支持を公然と表示しています。
f0009746_9171612.jpg

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


開票報道が始まる今夜は、ハーレムの各クラブ、バーで“Election Night Party”が行なわれます。お酒を飲みながら、お店の大型スクリーンで皆で結果を見守ろう!という企画。中には、OBAMA viewing partyや、Come celebrate History Election Night...など、勝利を前提に「オバマを祝おう!」と銘打ってある。。。
世論調査では確かに優勢ですが、不正も含め、最後まで安心できません、、、そういった不安と期待で、もうハーレム中が、これまでに無い興奮状態。

f0009746_9192135.jpg
マケイン氏が当選すると「史上最年長の米国大統領誕生」&「初の女性副大統領誕生」。
そして、オバマ氏が当選すると「米国初の黒人大統領誕生」。
世界中が注目している本日の投票結果。

・・・ということで、ウチの近所には、朝から、CBSやNY1などのテレビ局がスタンバッています。黒人の街といえば・・・=ハーレム、という図式が未だにメディアでは直結するようで、きっとこの街の歓喜(または?)の様子を、全米に、いえ、世界に流そうというのでしょう。

人気のHipHopラジオステーションHot97でも、早くから今回の選挙を盛り上げています。
f0009746_9255731.jpgHot97のリスナーには、これまで選挙に全く興味無く暮らしてきた人もいるだろうと、様々な選挙情報を提供。
*自分の投票会場もおぼつかない、という人の為には
http://gis.nyc.gov/vote/ps/index.htm
(↑住所を入れると、そのエリアの投票会場が表示される)

*最新のHipHopランキングの合間に、初めて投票に行くHipHop世代の若者へ、「キャンペーンと思われるTシャツやバッジ、ジャケットやアクセサリーなどを身に纏って行かない事。入場拒否されることもあります♪」等のような「投票マナー」教示も。(特に今年は、爆発的にオバマTシャツや缶バッジが市場に出たし・・)。が、実際会場では、この張り紙のように“バッジや服は大目に見ますよ”と。

f0009746_9202110.jpg
これが、トミーズハウスエリアの投票会場。投票を終えて出てくる人達は、日常ではない感じのテンパリようで、初めて投票に来たらしい見知らぬ男の子に、「What's up! Brother! これは歴史的な瞬間なんだぞ」とこぶしを合わせ、飛び跳ねるように会場を後にするオジサン続出・・・。

f0009746_9212133.jpg
人々の興奮度を掻き立てるかのように陽気になった今日の投票日。Public Schoolもお休みなので、公園では選挙権の無い少年達がバスケに興じ、、、見渡すと、見事なばかりの紅葉に囲まれたブラックハーレム地区。あと数時間後、アメリカ黒人史の新しい1ページが開かれるかもしれない、、、、。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-11-05 09:46 | ハーレム情報

今年のハロウィンは、こんな感じ。

f0009746_11373769.jpgby松尾公子

今年はハロウィンパレードに参加しよう!っと、早くから衣装も準備して、夜のツアーもお休みにして備えていたのですが、別件(下記)で夕方からお出掛けしたので、夜10時過ぎにやっと車の中で“早着替え”を済ませて、いざ、みんなでダウンタウン6番街へ!

今年のトミーさんはこ~んな感じ↑
いつものように、嫌々言いながらもカブリモノが大好きのご様子で(笑)、かなりなりきって子供達に大人気でした。。。

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


そして、今年の私はこ~んな感じ↓
f0009746_115322100.jpg
すみません、写真を間違えました。これはノッポの彼でした。

今年の私はこ~んな感じ↓
f0009746_11544668.jpg
また写真を間違えました、、、これは白人の彼女でした。

f0009746_11562568.jpg←これが私。な~んだ、つまんない、今年はありきたりのwitch(魔女)でした。
・・・というのも、パレードの前に高橋真梨子デビュー35周年記念 NYカーネギーホールコンサートにトミーさんとご招待いただいていたので、とんでもない格好でカーネギーの門はくぐれず・・・。
f0009746_12132343.jpg実は、トミーさんが昔、六本木で経営していたジャズクラブ「バランタイン」に、ソロデビューしたばかりの頃の高橋真梨子さんがよく遊びに来て、Jazzを飛び入りで歌っていたそうです。また、15年前、NYサウスストリートシーポートでの真梨子さんの結婚式にゴスペルシンガー30名をBookingしたのもトミーさんだったとか、、、そんなご縁もあり伺いました。
「私は35年、“歌だけを”やってきました」とステージで語るのを聞いて、好きなことだけず~っとやってきたんだ、35年もやり通してきたんだ、、、凄いことだなぁ、、となんだか心に響きました。・・素敵なコンサートでした。

f0009746_125339.jpgそんな訳で、今年はお出掛けの為、残念ながらTrick or Treat!!でハーレムキッズにお菓子をあげられませんでしたが、来年は必ずまた「トミーズハウス恒例、菓子配り」をやりますよ。
みなさん、是非この時期にトミーズハウスに泊まりに来てくださいねっ。

★超かわいいハーレムKidsの写真はこちらから沢山ご覧いただけます

★更に可愛いハーレムKidsいっぱいの過去ログは、こちらをクリックしてご覧下さい。

★トミーズハウスについては、こちらをご覧下さい。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-11-02 12:27 | 日常生活