「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バラク・オバマからメリー・クリスマス!

f0009746_14421077.jpg
by松尾公子
トミー富田のハーレムツアー、2008年のクリスマスカードはOBAMAシリーズです↑
今年は、このピークシーズンの多忙に加え、突然の車の故障や、私の愛用パソコンの故障も相次ぎ、、、もう何がなんだかわからないうちに毎日が過ぎています。。。
「あ~、クリスマスカードを買っていないぃぃぃ」と焦っている時に、そう、丁度、日曜礼拝の時に、教会メンバーから「カード買ってよね♪」と差し出され、ごっそりとまとめ買い!

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します

f0009746_14433534.jpg
輪ゴムで束ねただけの未包装のOBAMAカード。勿論、何のコピーライトも無く、誰かが勝手に作成したカードですが、ご丁寧に本人のサインまでドーンと入れてあります、笑(写真右)。
しかも、表、裏、中、と3箇所に、これでもかとMerry Christmas!の文字が。
f0009746_15173781.jpg
写真は全部で12パターン。こんなアットホームな家族ヴァージョンもあれば、
f0009746_1521321.jpg
ボブ・マーリー、キング牧師、ネルソン・マンデラ、マルコムXに、NewヒーローBarack Obamaを加えた黒人英雄集結ヴァージョン、
f0009746_15254250.jpg
そして、こんなSweetヴァージョンも。

いろんな人種、いろんな宗教の人がいるNYでは、*クリスマスを祝わない人たち*もいるので、Happy Holidays! とか、Holiday Greetings と書かれた、誰に送っても差し支えないものを買う人が多い中、こんなにメリークリスマスと大きく書いてあっては、送り先が限られてしまうのでしょうが、黒人教会で売っているものですからいいんですね(笑)。Happy Holidaysのカードも別のところで運よく入手できましたのでクリスマスを祝わない人へはそちらをお送りします。
(※黒人コミュニティ内でのオバマ熱は相変わらず冷めやらず、教会の牧師さんのお話の中にも、R&BやHipHopのライブの中でも、ポエトリー・リーディング(自作詩の朗読)でも、、、etc.とにかく至る所で頻繁に主題に上ります)

では皆さん、どうぞ素敵なクリスマスをお迎えくださいね☆
わたしたちは、明日は朝から教会のゴスペルコンサートへ出掛けて参ります!

**仏教やヒンズー教、イスラム教徒はクリスマスを祝いませんし、アフリカ系アメリカ人は、ほぼ同じ時期12/26から7日間、クワンザkwanzaaで、子孫にアフリカの歴史や文化を伝える文化的イベント期間になりますのでHappy Kwanzaa!もあり。
また、ユダヤ教では12/25から8日間が、ハヌカHanukkah。特に、旧約聖書を聖典とするユダヤ教では、キリスト(救い主)は未だ現れていない、と待ち続けているので、イエス様が救い主として誕生したこと(クリスマス)はタブーになるのです。。。

トミー富田ドットコムへ戻る
f0009746_1643114.jpg

[PR]
by tommytomita | 2008-12-25 16:08 | ゴスペル

必見!クリスマスイブ朝の「ズームインSuper」

f0009746_15525620.jpgby松尾公子

日本時間12月24日(水)朝7時40分頃から放送される、日本テレビのズームイン!!Superで、ニューヨークのクリスマス特集があります!
NY名物!クリスマスのキラキラしたイルミネーションや、クリスマスツリー...etc.
そして、もうひとつ「ニューヨークのクリスマスといえば、、、?」

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


ハーレムのゴスペル!!!
ということで、トミー富田のサンデーゴスペルツアーが紹介されますよ♪

今回の特集は、ゴスペル教会をクリスマスに訪れる日本人ツーリストにSpotを当てた取材でしたので、当日トミーツアーにご参加いただいた皆さんのインタビューもあり、の予定。どうぞ早起きしてご覧くださいねっ。

クリスマスとは本来、Christ(キリスト)+Mass(ミサ)=キリストのミサ、という意味で、救い主イエス様の誕生を祝うものですから、元来ソウルフルな黒人教会の日曜礼拝が、最高潮に歓喜のゴスペルを歌って盛り上がります。。。
....................................

さぁ、クリスマス・イブ・イブ、今日の最後は、今シーズン我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)もいろんなところでいっぱい歌わせていただきました NORMAN HUTCHINSのEmmanuelをどうぞお聞きください↓

Verse:
Come, come let us adore Him,
kneel down before Him,
worship and adore Him.

(Repeat)

Chorus:
Emmanuel, Emmanuel,
Emmanuel, Emmanuel
We worship You,
We worship You.

Vamp:
Emmanuel, Emmanuel,
Emmanuel, Emmanuel.
(As Directed)

Ending
We worship You,
We worship You.


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-12-23 16:41 | ゴスペル

ピカピカのオフィスに移転完了しました!

f0009746_13262026.jpg
by松尾公子
やっと何とか新しいオフィスへの移転が終わりましたっ!
・・・と言っても、これまでのトミーズハウスから東にわずか30秒移動しただけ。依然、ハーレムの高級住宅地ストライバース・ロウ内にある4階建てのタウンハウスです。

*ストライバースロウについての過去ログはこちらから

*映画の撮影によく使われるストライバース・ロウについてはこちらから

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します



ここはブルックリン美術館やグランドセントラル駅を設計したことでも有名なアメリカの3大建築事務所“マッキム&ミディホワイト”の作ったタウンハウス群。ハーレムが黒人の街になってからは、「成功したらあそこに住みたい」と誰もが憧れた、わずか2ブロックだけの通りです。住民には、セントルイス・ブルースの作曲者ウィリアムC.ハンディや、ジャズ界の大物ベーシストバスター・ウィリアムスなどの名前も。。。。築120年の趣のあるタウンハウスは、天井が高く、一つ一つのお部屋が大きく、壁や柱に豪華な彫が施してある歴史的な建物です。・・・が、元のオフィスはそろそろ大改築の時期を迎えました。そして、今度のオフィスは、もう全面ピッカピカに改装済みっ。大きな窓と、贅沢な照明で、とても明るく、より広くなりました。
お近くにお越しの際には、是非是非お立ち寄りくださいね。

※明日は、「ズームイン朝」の撮影があります。詳細はまた明日、、。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-12-14 14:00 | 日常生活

心も温まる老舗ソウルフードはやっぱりあの店・・

f0009746_5232045.jpg
by松尾公子
いよいよ明日オフィス移転です!なんだかあっという間に一日が終わってしまう今日この頃。でも、サンクスギビングデーの夜だけはゆっくりしよう!ということで、近しい人達と集まって食事会を開きました。

向かった先は、ハーレム126丁目にあるソウルフードの老舗「シルビアズ」。南部からハーレムに来たシルビア少女がウェイトレスから始め、黒人であること、女性であること、、当時の世間の差別偏見を誠意と実力で少しずつ克服して、ハーレムで45年。大成功した今でも「感謝」の気持ちを忘れず、黒人の子供達の奨学基金や地元への還元などで社会へ恩返しを続け、NYを代表する観光名所のひとつにもなっています。
トミーさんとも22年来の仲で、お店の壁には、数々のセレブに並んでトミーさんの写真、またNYタイムス紙で紹介されたトミーさんとシルビアズの記事も飾ってあります。
f0009746_5235375.jpg毎年サンクスギビングの日には、特別コースのみで、通常メニューは無し。スライスドターキーwithクランベリーソースがやはり人気ですが、私はじっくり煮込んだショートリブビーフとカラードグリーン&ガーリックマッシュドポテト(←絶品!)を頼みました。

夏時間が終わって、ここのところ夕方5時過ぎにはもう真っ暗なNY。サンクスギビングデーはStreetもひっそりとしていますが、この店の中に一歩入ると、明るく、騒がしく・・・そこはまるで実家に帰ってきたような温かさがあります。みな同じ気持ちなのでしょう、Waiting Roomまで満員で、何十分でも待っています。過剰なサービスがあるわけでも無し、奇抜なアイディアがあるわけでも無し、、、でも、よく知った顔の店の人達がチラッと向ける笑顔や挨拶の一言で、心が温まる。そんな魅力が老舗にはあるんだと思います。

サンクスギビングデーとはもともとは、こんな意味の感謝祭。改めて色々なこと、いえ全てのことに感謝をしたいと思いました。

*美味しい食事が食べられることに感謝(世の中には、食事に恵まれない人、病気で食べられない人も・・)
*「美味しいね」と笑顔を向けることが出来る人が近くにいることに感謝
*家族が元気でいてくれていることに感謝
*明日の仕事があることに感謝
*励ましてくれる人達がいることに感謝
etc.etc.....
そして、こうしてまた今日も新しい一日を迎えられたことに心から感謝

争いは古今東西絶えることがありません。ひとりひとりの「感謝」の気持ちで、争うことが減っていくといいですね。

そして、もうひとつ、最近読んでいる聖書に関する本の中に、心に残る一文がありました。それは「許す」ということ。
~以下、本より抜粋~
「許す」ということは心理学的にも大きなメリットがあるようです。他人を許せない時、人は四六時中その感情を抱き続けているので、精神不安定になったり、ひどい時には病気になったりします。この悲惨な状態からは、相手を許すことで初めて開放されるのです・・・。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-12-01 06:46 | 日常生活