<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

世界中でよく歌われる曲です。


by松尾公子
毎週土曜日は、ハーレムの教会でゴスペルワークショップを開催しています。今年で12年目を迎える我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)は、NYで活躍する様々な黒人牧師、教会の音楽ダイレクターの先生方から、アメリカ黒人史と深く結びついたブラックゴスペル、ゴスペル歌詞の意味、発音、黒人特有のダイナミックな歌い方、発声法、時にはプレイズダンスまで、楽しく教えていただいています♪

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


↑ 冒頭の映像は、世界中で、色々な言語で、歌われている「Alpha & Omega」という曲、私達も最近よく練習しています。どの教会でもよく歌いますし、シンプルなメロディラインと歌詞ですので是非一緒に歌ってみてください。

※とても感動的な「アルファ&オメガ」のライブ映像は、こちらをクリックするとご覧いただけます



アルファ(α)と、オメガ(Ω)とは、ギリシャ語アルファベットの最初と最後の文字で、直接的に「始めから終わりまで」を意味しています(英語表現でよく"the A to Z"というのにちょっと似ているかもしれません)。聖書の「ヨハネの黙示録」その他では、神が自分を「アルファでありオメガ」と呼んでいます。"the First and the last", "the Beginning and the End","Jesus existed eternity"...つまり、神様が全てであり、永遠である、と。

*Alpha and Omega

You are Alpha and Omega, We worship You our Lord
You are worthy to be praised
We give You all the glory
We worship You our Lord, You are worthy to be praised


<ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)とは>
NYハーレム在住22年の音楽プロデューサー「トミー富田」と、懇意にしていたハーレムの名士(亡)Dr.プレスト・ワシントン牧師の尽力により、メモリアル・バプティスト教会で、ハーレム唯一の日本人ゴスペルクワイヤーを結成したのが1997年。
教会でのコンサート、老人ホームや病院への慰問、教会の日曜礼拝でのゲスト賛美など、ハーレムを拠点に活動し、今年で12年。
これまでに、アメリカのTVや新聞(米NBC放送サンデーモーニングショウ、ニューヨークタイムス紙、デイリーニュース紙等)、日本の各マスメディア(地球の歩き方~暮らすような旅~、ABロード等)、Japan Times などなどたくさんのメディアにも取り上げられました。
元HJGCメンバーが日本へ帰国し結成したハーレムJP大阪(関西・中四国・九州・韓国などで活躍中)、ハーレムJP名古屋、仙台・・・HJGCを拠点に日本へ派生したこれ等のクワイヤーメンバーのほかにも、この12年間で延べ3千人以上の日本人が、このHJGCゴスペルワークショップに参加しています。。。

NY在住の方、短期でNYにご滞在の方、どうぞいつでもご参加ください!
お問い合わせは、
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com までお気軽にお問い合わせくださいね。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-01-29 16:09 | ゴスペル

オバマ大統領誕生後のハーレムの写真。

f0009746_1056396.jpg

by松尾公子

オバマ大統領就任後、ハーレムの街角に一日中連なるこの行列、何だと思いますか?

...この行列の先頭は、こちらへとつながっています↓
f0009746_10595836.jpg
ここは、ハーレムの中心にあるアムステルダムニュース、黒人コミュニティ新聞社です。米国史上初の黒人大統領誕生の「特集版」を現在発売中!

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


アムステルダム・ニュースは週刊なのですが、毎朝9時から発売しても、この特集号は売切れてしまうので、また翌日も増刷版を求めて朝から行列が出来るという繁盛振り。

それもそのはず、みんな10部とか20部、どうかすると50部くらいひとりでまとめ買いしていくからなんです。(この男性も10部まとめ買い↓ 勿論、まとめ買い割引なんてありませんが)
f0009746_11355277.jpg


特集号の人気の秘密は、表紙になっている特大保存版のカラーポスター↓
f0009746_11374441.jpg

左のキング牧師の写真には The Dreamer(夢を見る人)
右のオバマ大統領には The Dream(夢そのもの)という文字が刻まれています。
※裏には、キング牧師のI have a dreamスピーチの全文と、オバマ大統領の就任スピーチの全文が印刷。中には本紙の記事もたっぷりあります。

f0009746_1148449.jpg
今年で創業100年を迎えるアムステルダムニュース社は、これまでに沢山の賞を受賞しています。一時はアメリカ4大黒人紙の1つで、別棟に大きな印刷所もありましたが、人種の融合が進むにつれ、黒人のニュースも白人のニュースも同じ新聞内で読めるようになり、年々事業縮小。。。
f0009746_11515725.jpg
今では、オフィスも、作業場も、販売窓口も、全てこの小さなオフィスでまかなわれています。

ところが、昨年11月4日、バラク・オバマ氏当選が決まった直後に出した「祝!当選の特別版」が大当たり!売り切れ御免となって、75セント定価の新聞に随分とプレミアが付いていたようです。
、、、、ということもあり、今回は2ドル定価にもかかわらず、さらにみんながこぞって複数部買って行く訳です。

f0009746_1205974.jpg
並んでいる40代くらいのおじさんがフツーに背中にしょっているのもOBAMAバッグ。今や、オバマ大統領の顔入りマグカップで朝のコーヒーを飲み、部屋にはポスター。オバマ演説に勝手にHipHopのBGMをつけた海賊版CDを聞いて(リズムのあるオバマ氏の演説には、これが絶妙にマッチしているんです、笑)、オバマファミリーの写真が入った2009年のカレンダーをめくって、オバマTシャツを着て出掛ける。という人たちが沢山いるのも事実。日本で考えると、政治家の家族の写真が入ったグッズに囲まれて暮らすというのは、、、、まず無いですよね!?

f0009746_13121953.jpg
これは昨年11月の当選記念版。ハーレムでは、このポスターを貼っているお店や家は結構多い。斯く言う私くしも、トミーさんも、11月版に引き続き、今回も纏め買いしています(笑)。

f0009746_13144866.jpg
外に出ると、就任式翌日のニューヨークタイムス紙(1ドル50セント)を、20ドルで売り歩いているおじさんも。

こんなハーレム。今日は写真を中心にお送りしてみました。
益々オバマ色の濃いハーレム、体感したい方は是非トミー富田のハーレムツアーへお越しください

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-01-24 12:37 | ハーレム情報

2008年最高のゴスペルは誰の手に?


by松尾公子

1月20日(火)のオバマ大統領誕生に向け、先週末からワシントンD.C.では、official、unofficialを含め凄い数のBALL(舞踏会、パーティ)が行われましたね。私も、Tapダンサーのオマー・エドワーズをワシントンD.C.でのパーティにひとつBookingし、本日彼も無事戻って参りました。
そして、ちょうど時を同じくして1月17日(土)、テネシー州ナッシュビルでは、2008年最高のゴスペルを発表するステラアワードの授賞式が行われました。

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


Artist of the Yearも含め、9部門で受賞という圧倒的脅威を見せたのは、Marvin Sappの「Thirsty」。大ヒット曲「Never would have made it」(↑冒頭のYoutubeビデオ)の独走は、誰もが認める結果だと思います。とても綺麗なメロディと、元気付けられる歌詞。教会でも、ラジオステーションでも、アポロ劇場でも、オープンマイクでも、、昨年一年間、本当に至る所で歌われたゴスペルです。

「元気付ける」といえば、来る3月はHealingの月。我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)も、「癒し」がテーマの教会イベントに参加させていただく予定で、現在「元気の出る歌」を練習中です。その中のひとつ、2000年にステラアワードも受賞したリチャード・スモールウッドのHealing ↓ (2分10秒あたりから歌が始まります)

Don't be discouraged
Joy comes in the morning
Know that God is nigh
Stand still and look up
God is going to show up
He is standing by
There's healing for your sorrow
Healing for your pain
Healing for your spirit
There's shelter from the rain
Lord send the healing
For this we know
There is a balm in Gilead
For there's a balm in Gilead
There is a balm in Gilead
To heal the sorrow
(大意)気を落とさないで、朝には歓びがやってくるから
神様はあなたのすぐそばにいますから
あなたの悲しみを癒し、いたみを癒し、心を癒し、
何かあったときにはちゃんと守ってくれて
主は癒しをくださいますから
           by Richard Smallwood

※リチャード・スモールウッド
コンテンポラリーゴスペルの先駆者。作曲家、ピアニスト、シンガー、ディレクター、プロデューサー。ステラ賞、グラミー賞をはじめ、数々のゴスペル音楽賞を受賞。
今やゴスペルスタンダードとなった彼自身の代表曲は、、
(↓ クリックすると曲が聞けます)
Total Praise←我々HJGCも時々歌います!
Center of my joy←今でも黒人教会でよく歌われるソロ曲。

ホイットニー・ヒューストンが映画「天使の贈り物preacher's wife」で歌ったI love the lord、BoyzⅡMenのDear Godもリチャスモの曲。
ビヨンセのディスチャやヨランダ・アダムスetc.にも曲を提供し、2006年のマクドナルドゴスペルフェスタでは、アレサ・フランクリンとMSGで3夜連続共演。最近では、チャカ・カーン、キム・バレルらと最新プロジェクトも。。。とにかく各方面で大活躍のゴスペルアーティストです。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-01-22 17:45 | ゴスペル

豪華絢爛!ブラック・カーペット

f0009746_17634100.jpg
by松尾公子
待ち時間にPhotoShopでこんなモノ作ってみました↑
この豪華な顔ぶれは、グラミー受賞式のレッドカーペットでも無く、アカデミー授賞式でも無く、第44代アメリカ大統領就任式(Inauguration)の、公式&非公式イベントの為に現在ワシントンD.C.に終結している面々。

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


スパイク・リー、デンゼル・ワシントン、アレサ・フランクリン、パティ・ラベル、マジック・ジョンソン、アニタ・ベイカー、ビヨンセ、アリシア・キース、マライア・キャリー、Jay-Z、Ne-Yo、Nelly、Common、LL Cool J、De la Soul、Bow Wow、Young Jeezy、Rihanna、Nas、Ludacris、Monica、Tyler Perry、Cassidy、Macy Gray、Cedric the Entertainer、Wyclef Jean、T.I.、will i am、Seal、Usher、Mary J Blige、シャキーラ、クリス・タッカー、ビズ・マーキー、ハービー・ハンコック、スティービー・ワンダー、サミュエルLジャクソン、クイーン・ラティファ、チャカ・カーン、オプラ・ウィンフリー、ジョン・レジェンド、ハル・ベリー、ジェニファー・ロペス、マーク・アンソニー、ラッセル・シモンズ、、、etc.etc.
もっともっと来ていると思います。一般からも何百万という人々が全国から終結して来て、ワシントンが凄いことに、、アメリカ史上最大の警備体制だそうです。

1月20日のオバマ大統領正式誕生を前に行われた公式のキックオフイベントで、ビヨンセが歌ったAmerica the Beautiful。↓ 映像を見ると、最後に「Wow!」と思わず発しているのが見えますが、弱冠27歳で、大統領を前に、大御所たちをバックに、力の限り歌い上げた姿は感動的でしたね。

(※↑映像が削除されていたら、Beyonce, America the beautifulで検索すると、別の映像が出てくるかも)

今日、1月19日が「キング牧師の日」、そして明日の大統領就任式は、キング牧師があの有名なI have a dream演説を行った、まさのそのリンカーン記念公園で行われるという劇的なシチュエーション。45年という歳月を経て、Dreamが、Yes,We can! のスローガンでひとつ現実になる、、。(メディアでは、アメリカ黒人史を改めて盛んに特集し、気がつけばインタビューも黒人ばかり、招待ゲストも前例に無く黒人が多く、、、、でも広い世界の中には未だにそれを快く見ていない人もいるやもしれないから、、とハラハラするほど特集放送してます。。)

f0009746_1771245.jpg余談。
キング牧師の演説が行われたのは1963年8月。実は光栄にも、演説から45年にあたる昨年8月、我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)も、このリンカーン記念公園で行われた平和のイベントに参加させていただき、ゴスペルを賛美したことを思い出します。
ゲストはアメリカで大人気のゴスペルシンガー、ヨランダ・アダムス。
様々な人種、宗教、肌の色の人たちが、「平和」というキーワードでひとつになった素晴らしいイベントでした。
あの同じ広場に、明日200万人が終結するそうです。。。

キング牧師のI have a dreamスピーチのビデオと英文は、こちらをクリックするとご覧いただけます


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-01-20 18:33 | ニュース

悲しくも強い、美しき人。ニコール・ベル

f0009746_16265220.jpgby松尾公子
1月15日、ハーレムで行われたキング牧師80回目の誕生日イベントに、Change Choirの一員として参加し、歌って参りました。
立ち見を含め500人を超える人出で、NYエリアの政治のまさに中枢にいる要人がたが勢揃い、という大変なイベントでした。デヴィッド・パターソンNY州知事、チャールズ・シューマー上院議員、NY5区の各区長、リバーサイド教会の新主任牧師夫婦、、etc.etc.、、見渡すと、毎日TVのニュースや新聞で見る顔がズラリ。各局のテレビカメラもズラリ。
この数時間前にハドソン川に飛行機が落ち、メディアも街も大騒ぎ...という中でのこのイベント、

この日実際に会えて一番心に残った人は、、、

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


2006年11月25日、結婚式の前夜のバチェラーパーティで、警官から50発撃たれて死んでしまったショーン・ベルの婚約者ニコール・ベルさん。これまでメディアを通してしか見たことが無かったけれど、決して派手では無く、決して饒舌でもなく、、、でもなんとなく「見ていたい」女性だった。。。。
実際は、、、、やはりとても綺麗な人でした。ひとつ大きな大きな悲しみを超えた強さのある凛とした美しさでした。マスコミが追いかけなくなっても、夫となるべく人を失ってしまった彼女の生活はずっと続いているのです。

※ショーン・ベル事件。
結婚式前夜に警官から50発撃たれて死んでしまったという衝撃的な事件で、世間の注目を集めた。事件現場からは、警官からの発砲を被るべき何の理由も証拠も見つからなかったとされた。しかし、事件の場所がクイーンズ区ジャマイカという黒人居住地区であること、ショーン・ベルに、ドラッグ取引、銃所持を含む数回の逮捕歴があったこと、また警官のうち2名は黒人だったので「白人警官による黒人差別事件」と片付けられることもなく、複雑化した。2008年春、撃った警官達には皆、「無罪」の判決が下り、結果を不服とする一般人たちによる大きなデモがブルックリン、ハーレム各地で起こった。
f0009746_17432639.jpg
「チェンジクワイヤー」

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-01-18 17:44 | 日常生活

木曜日、キング牧師の為に歌います

f0009746_18312612.jpgby松尾公子
1月の第3月曜日は、キング牧師の日でアメリカの祝日です。今年の第3月曜は19日。世界が注目しているオバマ大統領就任式(1/20)の前日が奇しくもそのお休みとなっています。でも、本当のキング牧師のお誕生日は1月15日(1929-1968)。
その1月15日(木)夜7時から、ハーレムで、キング牧師のお誕生日イベントがあり、私も黒人活動家アル・シャープトンのゴスペルクワイヤーメンバーとして歌わせていただくことになりました。

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します




私達がお誕生日に歌うのは3曲。その中の重要な1曲が、「アメリカ公民権運動の歌」とされているこの歌です↓

We shall overcome, someday!
Deep in my heart ,
I do believe
we shall overcome someday!

そして、このまま来週は、オバマ大統領就任式のため、早朝4時半のバスに揺られて、このクワイヤーとワシントンD.C.に行く事になりそうです。。。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-01-14 18:42 | ゴスペル

ダンスのスーパースターって!?

f0009746_184769.jpg
by松尾公子
アメリカ3大ネットワークNBC局のゴールデンタイムにこのお正月から始まったSuperstars of Danceに、私たちが家族ぐるみでお付き合いしているTap界の女王ドミーシャが出演しました。この番組、セットも豪華でかなり局の力の入れ込みようが窺えますが.....(ドミーシャについてはこちらに過去ログあり

人気番組「アメリカン・アイドル」に続けと、今やあらゆるジャンルのコンペティション(競争)番組が放送されている米国TV界。ダンス関連だけでも、HipHop,ラテン、おおまかに「タレント(才能)」とくくったもの、、etc.と色々ありますが、この新番組は、世界5大陸、8カ国(アメリカ、アイルランド、中国、インド、オーストラリア、ロシア、南アフリカ、アルゼンチン)から、それぞれの「プロ」がパフォーマンスし、それを各国代表のダンスの権威?が点数をつけて審査するというもの。でも...これってどうなんでしょう?

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


トミーさんも私も、ゴールデンタイムにTVの前に居るってことはまず無いので、先日ドミーシャの旦那様に先に結果を聞いて、今やっとネットの映像で見たのですが、なんだか後味悪いxxx

(お時間ある方は、ここをクリックすると、全編がご覧になれます。1時間半あるので<笑>ゆっくりできる時にどうぞ)

審査員は、英語が話せる、ということが第一条件の各国のダンスの権威なのでしょうけど、プロの人達に点数を付けるというのが、見ていてまず心が痛い...

それからもうひとつ。それぞれの国の伝統文化に、結果的にランク(点数)をつけているようで...

それもこれも、応援して見ていた人の点数が思ったように出なかったから...という私の個人的ぼやきがアリアリではありますが、、、、(苦笑)。でも放送後、このジャッジに対して局に苦情が殺到したとか。

↓ こんな風な公開オーディション番組や、同じジャンル内でテクニックや振り付けを競い合うものだといいんですけどね、、、
American Idle
America's best dance crew
Dancing with the stars←NYで活躍しているラテン系の知り合いもよく出てます

やっぱり、アポロ劇場のブーイングと拍手のようなあいまいな判定が私は心地いいなぁ。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-01-13 18:17 | TAP ダンス