<   2009年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今年も25ドル!で豪華なマクドナルドGospelフェスト

f0009746_3341586.jpg
by松尾公子
今年もこ~んな豪華メンバーで25ドル!です、マクドナルド・ゴスペルフェスト2009。
勿論、今年も我がハーレムジャパニーズゴスペルクワイヤー(HJGC)のメンバーと一緒に、ニュージャージーまで見に行きますよ。
興味のある方、是非一緒に行きましょう♪

チケットは25ドル~55ドル(これに3ドルの発券手数料が付くので、実際の券面額は28ドル~58ドル)ポッキリ。

ちょっとマンハッタンからは遠く感じますが、32丁目の"NYペンステーション"から"NJトランジット"に乗って「たったの20分」で開催地ニューアーク・ペンステーションに到着ですから、小旅行気分。
NJトランジットは片道4ドル。
綺麗に区画された新しい街で、駅から会場も見えてますので迷わず辿り着きます。

不安な方は、今年も待ち合わせして一緒に行きましょう!!
チケット代28ドルと、NY-NJ往復交通費8ドルだけ握りしめて来てください。

*興味のある方はお気軽にご連絡ください*
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com 
.................................................................
McDonald's Gospel Fest 2009
6月13日(土)
@Prudential Center(ニュージャージー・ニューアーク)

3:00PM~コンペティション
...各カテゴリーで勝ち残って来た素晴らしいファイナリスト達の2009年優勝者を決める大会。(ソロ、クワイヤー、プレイズダンス、ステッパーズ、ラッパー、ポエッツ、子供部門、大人部門、スペイン語部門、、、これ全部がゴスペルカテゴリー)

7:00PM~コンサート
(※終了時間11:00PM予定)

..................................................................
最後の最後に目玉の歌手が出て来ます。
昨年は、ドニー・マクラーキンがノリノリで随分歌ったので、本来トリを飾るはずのカーク・フランクリンが登場したのが夜の11時ぐらい。。。。確か全てが終わったのが夜11時半ぐらいでした。約8時間半ゴスペル三昧で28ドルはお得!

途中、好きな時間に抜けて帰ることも出来ますよ。
夜中の2時過ぎまでマンハッタン行き列車もバンバン出ています。
(最後まで見る方は一緒にマンハッタンまで帰りましょう!)


★今年のコンサートの目玉は、何といってもパティ・ラベル。先日のアポロ劇場でのコンサートもすぐ完売という人気ぶりのR&B,Soul,Gospelシンガー、大ディーバの、あの素晴らしい高音を生で聞けるだけでも行く価値あり。




★そして、昨年出した初のGospel アルバムからGod Is Good が大ヒットしたレジーナ・ベル。
→ ここをクリックすると大ヒットゴスペル"God Is Good"のYoutubeがご覧いただけます

R&Bシンガーとして数々の賞に輝く彼女、でも世界的に知られているのはやはり、ピーボ・ブライソンとのデュエットでグラミーを受賞した「A whole new world」(映画「アラジン」のテーマ)ですね ↓




★ゴスペルロイヤルファミリーから J.Moss。(父は、ゴスペルスターBill Moss。クラーク・シスターズやKiKiが親族)。ヒップホップテイストのGospelもプロデュースしていますが、やっぱりこの手のGospelが個人的には好み ↓




<他にもこんなに豪華な出演者>
Donnie MocClurkin ※← 過去ログはこちら
Hezeliah Walker ※← 過去ログはこちら
Cissy Houston ※← 過去ログはこちら
グラミー賞常連、ゴスペル界の大家族ワイナンズファミリーより
CeCe Winans / Vickie Winans

日本では、こんな面子を一回で見ることはまず不可能。
さぁ、上のYoutubeで予習して是非一緒に行きましょー!


※昨年のマクドナルド・ゴスペルフェスト2008過去ログはこちら


※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村



トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-31 03:39 | ゴスペル

片足のソウルシンガー in ハーレム

f0009746_1457321.jpgby松尾公子
ハーレムのメインストリートで、車椅子に小さな募金箱を乗せ、のけぞりながら、カラオケガンガンにかけて、結構いいマイク使って、ソウルミュージックを熱唱する、片足の、野球着のお爺さん。

ハーレムツアーが終わって、一人になって、てくてく歩いていた私は、あまりに甘く哀しいその歌声に、思わず足を止めてしまいました。

めちゃくちゃ上手いー!

それもそのはず、ナント、1960年代から70年代にかけてのソウルミュージック界で、数々のTop10入りヒットを放ったグループ、The Intruders(イントルーダーズ)のSam "Little Sonny" Brown、張本人です。

元来、音楽好きばかりのハーレムですから、あっという間に黒山の人だかり。一人だけアジア人で完全に浮いている私はスグに見つかり、めちゃくちゃイジられる羽目に。。。

「...そこのお嬢さん、あなたの名前を教えて、どこに住んでいるの?電話番号は?独身?近くに来てよ。僕のことを話そう、僕は甘いものが好きでさぁ、、、」
これは、70年代に大ヒットした"I wanna know your name”。


歳を重ねて、いい具合にしわがれた甘い声で、自分のヒット曲をどんどん歌っていくんです。
隣にいたおじさんは「俺はIntrudersのレコードいっぱい持っているよ」と感慨深げに笑顔で聴き入っています。

2曲分ぐらい延々とイジられた私、「あんたの為に歌ってるってさ」、、と周りの黒人のおじさんやおばさんに笑われたので、「OK!」と前に行って、ねっとりハグ&チューして(笑)、ドネーションもちょっと奮発して、円陣を抜けてきました。(思うツボかな!?)

輝かしい栄華時代の後、何があったのか....15年前にアルコール中毒とドラッグ中毒から自殺を図ったSonny。今は片足になってしまったSonny。
でも、ハーレムのストリートのド真ん中で歌っている彼は、素晴らしい笑顔で、素晴らしい歌声で、快晴の気持ちのよい天気も助けて、その一瞬、幸せな気分を味あわせてもらいました♪

音楽が溢れる街ハーレム...やっぱり大好きです。

f0009746_14582247.jpg


R&Bチャートで一位に輝いたCowboys To Girls


ソウルトレインより。アフロが懐かしい時代のI Bet He Don't Love You




※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村


※ハーレムはちょっと不安、、という方は、大人気のトミー富田のハーレムウォーキングツアーにご参加ください♪
※相変わらず人気のスパニッシュハーレムツアーでは、ラティーノグラフィティが沢山ご覧いただけます♪♪


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-28 16:15 | R&B ソウル

今年もフランスで演ります!

f0009746_15301538.jpgby松尾公子
今年も、5月末からフランスで行われるジャズフェスティバルJazz Aux Soursesに、Tapダンサーのオマー・エドワーズが出演いたします!昨年、10周年記念の特別ゲストとして招聘いただき、お陰様でそのパーソナリティとパフォーマンスが大好評で、今年も海外から唯一の招待アーティストとして参加させていただきます。

ということで、明日からフランスです♪♪♪

パリから少し離れた小さな街 Chantel Guyon が、この一週間は、みーんな仕事そっちのけで、街をあげて大盛り上がり。数々のべニューで、ワークショップ、ライブパフォーマンスが繰り広げられます。

並外れた体力の持ち主でパフォーマンス大好きなオマーならではの長丁場フェスティバルですが、本人、もう張り切りまくっています(笑)。

フランス在住の方、またこの時期ちょうどフランスを訪れている方は、是非お立ち寄りくださいませ。

※Jazz Aux Soursesフェスティバル公式ウェブサイト

※昨年のJazz Aux Sourses過去ログはこちらから

★ブッキングやコーディネイトのお問い合わせは、
harlemtommytour@hotmail.com
または
電話1-646-410-0786(日本語)まで、お気軽にどうぞ。


※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-26 15:48 | TAP ダンス

黒人セレブの応援で遂にブロードウェイ昇格!

f0009746_1465595.jpg
by松尾公子
昨年このブログに書いた"超満員のオフ・ブロードウェイミュージカル「Fela!」"。
ビヨンセ、Jay-Z、アリシア・キース etc.、、、すっかりこのミュージカルの虜になってしまった黒人セレブ達の強力なバックアップもあって、いよいよこの秋、ブロードウェイに昇格します♪

アフロビートの創始者として、黒人解放運動家として、とても強い影響力を持っていたアフリカ、ナイジェリアの"Fela Kuti(フェラ・クティ)"の、波乱万丈の生涯を、カラフルに歌とダンスで綴った素晴らしいミュージカル。
プレビューで早々に見た?uestloveが、仲間のJay-Zに薦め、ビヨンセと共にすっかり「Fela!」の大ファンになり、、、、「劇場にはブラックスターがお忍びで見に来てるぞ、注意して見てごらん!」という評判も立つようになって、瞬く間に完売公演となったことは記憶に新しいです。。。

この経済不況の中、約11億円の投資が集まり、いよいよ今年10月、Eugene O'Neill劇場で、更にパワーアップした「Fela!」ミュージカルが見られそうです!

投資家の中には、「Fela!」の大ファンJay-Z、ビヨンセ、アリシア・キース、デンゼル・ワシントン、ウィル・スミス等々の*A-List*黒人セレブの名前も挙がっています。。。。

*A-list=ハリウッド映画界で最もギャラの高い、最高リストの俳優たちを指す業界用語から派生して、今やオールジャンルでスーパーセレブを指す時に使われています。

主役Felaを演じるのは、昨年のオフブロードウェイと変わらずSahr Nagaujah。その他メンバーに関しては、一部新たなオーディションも既に行われ、実は私の友人の黒人ダンサー、俳優達も、Bill T. Jonesのオーディションを受けましたっ。今回、新たな役割も加わるかも、ということでしたが、タップやアフリカンはもとより、"モダン"がしっかり出来ることが条件だったとか。更なるパワーアップが期待されて、今からとっても待ち遠しいです♪


※オフ・ブロードウェイ「Fela!」についての過去ログはこちらから
↑ 映像もご覧いただけます


※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村

※ブッキング、コーディネイトのお問い合わせは、お気軽にharlemtommytour@hotmail.comまで日本語でどうぞ。


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-25 15:15 | ニューヨーク情報

ハーレムで歌っています

f0009746_1774533.jpgby松尾公子
(←春先、自作自演でフライヤーをハーレムエリアに貼りまくっているエドガーさんの写真を撮っていたことを思い出したので差し替えました)

毎週ハーレムの教会で賛美している我々ハーレム・ジャパニーズ・クワイヤー(HJGC)が、3月のKelly Templeでの牧師さんのアニバーサリー、5月のNew Testament教会でのファンドレイズコンサートに続き、今度はEDGAR KENDRICKSさんと共演します。

エドガーさんとは、以前も、ハーレムの教会で一緒に賛美させていただいたことがありますが、もしゃもしゃにたくわえた髭+ターバン頭+ニートなスーツ姿=一度見ると忘れられない独特の風貌で、一旦ピアノの前に座って歌い始めると、素晴らしくよく伸びる声で天高くゴスペルを賛美し、もう二度と忘れることの出来ない存在として脳裏に焼きついてしまう、ハーレムレジェンドの一人です。。。

   .................................
さて、我々HJGCが最近よく歌っているゴスペルのひとつ、
Let's Celebrate(He Is Risen)。

これは4月に亡くなったRev.Timothy Wrightのアップテンポな曲です↓

こちらをクリックして、画面下の“48番目”までスクロールすると
Let's Celebrate が視聴できます♪


Let's celebrate, He is risen,
let's celebrate, Christ the Lord

Lift Him up and give Him praise
Magnify His Holy name
Let all the people now proclaim
He is risen, He is risen

He lives, He lives, Hallelujah, He lives
He lives, He lives, Hallelujah, He lives



※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村


※NY在住の方、短期でNYにご滞在の方、どうぞいつでもゴスペルワークショップにご参加ください!
お問い合わせは、
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com までお気軽にどうぞ。

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-24 16:10 | ゴスペル

"JAPAN"はCOOLですか!?

f0009746_320265.jpg
by松尾公子
先週、「JAPAN」ジャケットを受け取った ちょうど翌日のこと。
オフィスにやって来たお洒落な黒人のヘアースタイリスト君が偶然着てたものは...
↑ 「JAPAN」セーターです、左腕には日本の日の丸旗付き。

これは、ラルフ・ローレンのFlagシリーズで、フランスFlag、英国Flag、USAflag...とある中で、敢えて世界地図の東の果てにある小さな島国「JAPAN」を選んで買った彼。アッパーイーストにあるラルフ・ローレンのNY本店で300ドル位で買ったとか(本人談)。彼曰く「"JAPAN"はCooLだよ!」

f0009746_3203550.jpg ← 先日出掛けたHipHopイベントで、The Bronxの男の子が来ていたJapan Track Jacket。
カリスマタトゥーアーティストDon Ed Hardyのアートをモチーフに、デザイナーChristian AudigierがLAから発信するブランドで、マイケル・ジャクソン、カニエ・ウエスト、アリシア・キース・マドンナ他、沢山のセレブが愛用していることは有名です。
さすがに、こちらの日本髪女性ヴァージョンジャケットを着ている黒人はあまり見かけませんが。
ラップのリリックやビデオにもちょっとした日本テイストが入る昨今。
彼曰く「この日本の国旗がCooLだろ」。


f0009746_3205554.jpgでも、ちょっと待って!これは軍艦旗(自衛艦旗)ですから。
昨年、NYから日本のコンサートへウチでブッキングした黒人シンガーが、「日本の国旗でカンバッジとTシャツを作ったわよ~♪」と言って見せてくれた完成品は、
←やはりこっちの軍艦旗でした。まだまだ不思議の国ニッポン。


いづれにしても、「日本が好きだ」と言ってもらったり、単にデザインとしてでも「JAPAN」と書いたものを身に付けている人を見ると、何だかつい話しかけたくなってしまいますね。(※日本語か中国語かわからないお経のようなものが書いてある類は別。しっかりJAPANと書いてあるとグッときます)

潜在的な愛国心"Patriotism"でしょうね。日本国内でも、自分と同じ出身地の人に遭うと、なんだかとても嬉しくなったりしますよねぇ。人種の坩堝NYでは、「自分の出身国」を誇る気持ちが特に前面に出てくる気がします。それが大きく発展したものがパレード。

これからも、JAPANコレクションを増やしていきたいと思います♪


※過去ログ「きらきらのJAPANジャケットできあがり!」

※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村



トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-20 04:37 | ファッション・アート

きらきらのJAPANジャケット出来上がり!

f0009746_15155378.jpgby松尾公子
先週オーダーしていた念願のJAPANジャケットが出来上がりました。
ハーレムのお洒落なアウトフィットの店Harlem Undergroundでは、自分の好きなロゴや文字を好きな色で刺繍してくれます。出来上がりは1日~1週間。
今回は、大好きな色GOLDのライン&ジッパーのジャケットに、GOLDのキラキラ糸でJAPANロゴを入れてもらいました(実際は、写真よりもっとキラキラです♪)。
Backには、やはり金糸でお店のロゴを入れ、このオーダーメイドで35ドル!お店で買ったジャケット代と合わせて85ドル!この品質でこの値段はかなりGooooodです♪ しかも今回は、オーナーからのBDプレゼント!ということになり、その場でうるうる感涙。。。これにミニとGOLDのアクセサリーを合わせて出掛けます。すっかり気に入っているので多分しばらくはいつも同じ格好です(笑)。

f0009746_15161446.jpg←お洒落に商品がディスプレイされた店の奥では、コンピューター制御のミシンが、一日中、無人でカタカタ刺繍を続けています。

人種のるつぼNYでは、自国への誇りだったり、単にファッションとして国旗柄のものを身に付けることがよくあるのですが、なかなかイイ日本国ものに巡り合えません。ついつい配色が好きなJAMAICAやBRAZILものを着ると、決まって「お前はジャマイカンか?」等とからかわれてしまうので、今回念願のJAPANものを入手できてとっても満足。

他にも、スティービー・ワンダーやOBAMAetc.のイラストTシャツ、「I LOVE NY」のLOVE=ハートマークが、LOVE=アフリカ大陸の形になっているハーレムならではのアイテム、人気のトリプル5ソウルやスパイク・リー・コレクションも入荷していますので、ハーレムにお越しの際は是非是非足を運んでみてください。

Harlem Underground
125th Street (bet. 5th & Madison Aves.)


この店のオーナーはトミーさんの仲良しで、シルビアズレストランの元スタッフ。現在はハーレムのお洒落なカフェやレストランも経営している多才なビジネスマン。ハーレムにある彼のバーはBETで放送中のテレビ番組Harlem Heightsロケにもよく登場している流行のお店です。


※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-15 15:56 | ハーレム情報

GW、豚インフルエンザ、日本の報道。

f0009746_11301755.jpgby松尾公子

日本の「はれ予報 4月号」(しんきんカード発行)にトミー富田のハーレムジャズツアーが紹介されました!
写真がとても綺麗なカラー刷りの雑誌で、巻頭が40ページに渡るアメリカ特集「青春の60’sへ Back to the 60's"夢を叶えるアメリカ旅行”」
改めてアメリカの魅力にワクワクする素敵な記事です。

戦後の日本には、映画、ファッション、音楽etc.のアメリカ文化が怒涛の如く押し寄せ、自由で豊かな生活の象徴として若者たちを魅了。
この特集頁は、ジェームス・ディーンの"理由なき反抗"、O.ヘップバーンの"ティファニーで朝食を"、アメリカン・グラフィティ、プレスリー、NASA...etc. それぞれのテーマで、サンフランシスコ-メンフィス-ダラス-ヒューストン-ワシントンDC-ハリウッド-等をじっくり紹介し、いよいよNYで締めくくり。
NYで楽しむジャズ名所とライブハウスというページで、トミーさんのツアーが写真入りで丁寧に紹介されています♪
これまでツアーにご参加いただいた皆さんの口コミの評判で、こうしてまた新しい機会をいただけることに本当に感謝です。有難うございました。

   ..............................

さて、日本から沢山のツーリストの皆さんにお越しいただき、朝から晩までハーレムツアーNYボーカルレッスン等で忙しかったゴールデンウィークも、ここにきてようやく落ち着きました。

...そう、豚インフルエンザ(H1N1)報道に始まった今年のGWでしたが、にもかかわらず本当に沢山の皆さんにNYにお越しいただきました。

ところが、帰国された方からこんなメールをいくつかいただきました。

「帰国するやいなや、豚インフルエンザ報道でアメリカ、カナダ旅行者は悪い事でもしたかのような扱いに戸惑いましたが、楽しいNY旅行でした。有難うございました。」

「夢のように楽しかったNYでの余韻と旅の心地よい疲れに浸る間もなく、日本へ着くやいなやマスクを渡され、検査や尋問の嵐。NYの空港を出た時、マスクをしていた私を見て"Crazy”と指差され(=誰もマスクしてなかった)、恥ずかしくなってすぐマスクをはずしたことを思い出して不思議な気持ちになりました」

※その他のご感想は、こちらの「掲示板」にもあります↓
http://8926.teacup.com/gospel/bbs

NYでは、もう早い時期に、今回の豚インフルエンザは毒性が弱く、症状は軽いと発表になっているので、もう「過ぎ去ったこと」になっています。報道ももうありませんし、当初からマスクをしている人もいません。(平常より各自うがいと手洗いをして予防することは大切です)

ところが、日本の報道を見てびっくり、あまりに違いすぎです。

GW期間中、日本では毎日毎日TOPニュースで豚インフルエンザの同じ映像、情報が報道され、更に掘り下げた取材が行われ、多分「国民が豚インフルエンザに詳しい国ナンバーワン」になっているのでは、というくらいの騒ぎ。サブリミナル効果ではないですが、「かかったら死ぬ、危険」と家族から反対され、泣く泣く旅行を断念した方もいらっしゃるようです。なんと、会社からアメリカ旅行禁止令が出た人も...

この、日本の真面目で勤勉で慎重なところはお国柄で、いいところでもアリ、一方では国際社会で孤立し得るところかも。

例えば、トミーさんからいつも聞くアメリカ同時多発テロ事件直後の話。
その頃私は日本にいましたが、旅行会社のカウンターから「ニューヨーク行き」のパンフレットが撤去されたのを覚えています。旅行者は軒並みゼロに。NYに今行ってはいけない、、、という雰囲気が約2年は続き、観光で成り立っているNYの日系企業はかなりの危機に追い込まれたとか。

ところが、他国はどうかというと、
アメリカ国内、ヨーロッパ各国etc.では「今NYを救うことは、"NYに行くこと"だ!」と、沢山の人たちが敢えてNYを訪れ、宿泊、飲食、観光etc.でNYにお金を落として、ホテルも満室になるくらいだったそうです。

トミーさんは、地元の人たちに「日本人は、テレビのクイズ番組でもドラマでも雑誌でもわざわざ"NY取材"をするくらいニューヨーク大好きのはずなのに、何でいきなりぱったり来なくなったんだ?」と言われるたびに、返事に困ったそうです。。。

ポジティブ報道とネガティブ報道。
災害、病気、不況..それぞれの問題で影響は異なりますが、まず"事実をそのまま伝える報道"はいつも大切。でも、その後はポジティブ報道で、皆で前向きに生活したいなぁ、と今回の日本の過熱報道を見て考えさせられました。

NYでは、いつもと変わりなく、今日も沢山の人達が街を元気に闊歩しています


※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村



トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-14 14:00 | ニューヨーク情報

ブロンクスで母の日ライブ!

f0009746_1546421.jpg
by松尾公子
ハーレムのStreet に何気なく貼ってあった母の日コンサートのポスター↑

Mother's Day Weekend Concert
5月9日(土)
Performing live R&B artists JOE and CASE
Live Onstage KID CAPRI
Hosted by GERALD KELLY


行きたいなー♪
と思いながら急いでいたので一旦は通り過ぎ、、、でも日時を憶えておこうっ、と振り返って写真を撮っておいたものですが、いよいよ明日となりました。。。

明日の夜は、ハーレムの教会のコンサートで2~3曲賛美させていただけるかもしれないので、ブロンクスには行けなくなってしまいましたが、Joeのバンドには私の大好きなドラムスのジャメインが居るし、CaseとDJ Kid Kapri先生、行きたかったなぁ、、、。と、未だに未練たらたらで、ポスターをブログに残しておくことにしました(苦)。

...日本の流行語大賞に関係しているという某大手会社取締役の方が、先週、ハーレムツアーに参加くださり、日本では「アラフォー」が流行語になったと教えていただきましたが、ここハーレムやブロンクスの黒人・ラティーノコミュニティでは、依然、ティーンの出産が多いですから、15歳で母親になった場合、産んだ子供が自分の出産年齢と同じ15歳になった時に、自分はまだ30歳。おばあちゃんは45歳前後ということが結構ありえるんです。
つまり、ティーンの子達が母の日のプレゼントを選ぶPrimary Target Marketが30歳前後のお母さん。
だからJOEも母の日コンサートになりえるんですね。

「今週末はテキサスからMamと妹が来るんだ」とか、「ハイチからお母さんが来るんだ」、、とか、周りの友人たちと話していても、ここ最近はやたらお母さんのことがでてきます。
昨年もこの時期に書きましたが ↓ 、男子達にとって"母"は、いくつになっても偉大かつ大切な存在なんです...。
※「黒人とMama」については、こちらの過去ログをどうぞ


※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-09 16:39 | ライブ・コンサート

ゴッドファーザー・オブ・ゴスペル、奇跡の生還ならず

f0009746_244433.jpg
by松尾公子
小雨降り止まぬ5月3日(日)、Rev.Timothy Wright のお葬式と音楽葬Music Celebrationが行われました。

アビシニアン教会のカルビン・バッツ牧師、Rev.アル・シャープトン、Byron Cage他、沢山のゴスペルシンガーの参列、、、そしてアレサ・フランクリンからのメッセージも届きました。

ブルックリンにあるGrace Tabenacle Christian Center Charch of God in Christ教会の牧師であり、グラミー賞にもノミネートされている偉大なゴスペル作曲家、ダイレクターのティモシー・ライトは、昨年夏の大交通事故から10ヵ月を経て、2009年4月24日、61歳で彼の生涯に幕を引きました。

昨年7月4日、アメリカ独立記念日の夜。
デトロイトで開かれた教会カンファレンスから戻る途中のティモシー・ライトは、ペンシルバニアのハイウェイで、反対車線をヘッドライトも付けずに逆行して猛スピードで突進してきた酒酔い運転の車に正面衝突されてしまいました。

同乗していたティモシー・ライトの奥さんと14歳の孫、そして衝突してきた酔払いの運転手は即死。

奇跡的にティモシー・ライトだけは命を取り留めましたが、アゴは折れ、肋骨がぼろぼろになり、足が砕け、身体が麻痺、、、危篤状態は数ヶ月続きました。

この惨劇のニュースは、全米のブラックチャーチ、ゴスペルファンに衝撃を与え、各地で祈りの集会が行われました。ハーレムとも馴染みが深かったティモシー・ライトの為に、ハーレムの多くの教会でも、皆が集まりました。

その思いが届いたのか、10月にはテレビに姿を現すまでに奇跡的に回復。依然、マヒ状態は続いていましたが、話もできるようになっって来た矢先の今年の2月に、突然の心臓発作、、、。

そこからまた状況は悪化、、、そして、事故から10ヶ月。ティモシー・ライトは61歳でこの世を去りました。

ティモシー・ライト(1947.6.17-2009.4.24)

  ....................................


アップテンポでパワフルなマスクワイヤーゴスペルにティモシー・ライトの多くの代表作があり、我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤーも、よく歌わせていただいています。

For the rest of my life↓


※訃報ニュースの際にテレビで何度も流れていたのは、過去ログにあるこのアップテンポの曲↓
You must come in at the Door

ニューオーリンズのカトリーナ水害のことを歌ったJesus Jesus Jesusは、大ヒットとなりました↓


ティモシー・ライトの教会があるブルックリンのクラウンハイツは、前回ご紹介したハゼカイヤ・ウォーカーの教会があるイーストニューヨークとも近い黒人居住地区。以前は、犯罪の多いゲトーとして名を轟かせていたエリアでもあります。
こういったエリアで、教育や社会貢献、コミュニティリーダーの役割も果たす「教会」は、実はとても大切な存在。
時には行政に成り代ってコミュニティを統制し、時には牧師さんや信者の男性達が(幼い頃から父親という存在を知らないで育っている)子供達の父親代わり、時には教会メンバーが独り暮らしの高齢者の家族代わりになって、外部のものからは計り知れない大きな役目を果たしているのです。



今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-07 03:21 | ゴスペル