<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ものまねスターの青木隆治、アポロシアターのステージに立つ!

ものまねの人気スター青木隆治さんが、
世界の黒人音楽の殿堂アポロシアターで、

女性でも高音が難しいといわれる ホイットニー・ヒューストンの
「 I will always love you」を歌って、

世界からの観客が大興奮、スタンディングオベーションでした。

日本からTV密着も、
そしてアメリカの新聞も取材して下さったので、

そのうち皆さんもご覧いただけるのではないかと思います、
どうぞお楽しみに★

f0009746_01580693.jpg

マルチタレントの青木隆治さん、
実は、、、前にダンスでも優勝しています。

実力社会のアメリカ。
エンタメ界でも、本当に実力のある人が評価されます。

日本では数少ない、歌も踊りもハイレベルでこなすMr. Ryuji Aokiなら、
歌って、踊って、
時にはものまね(英語ではインパーソネイター impersonator と言います)も入れて、

多才なアーティストだからこそ出来る本場アメリカでのエンターテイメントShowも、
このアポロでの実績をもって、今後は期待できそうです。


6月から、弊社ハーレムボーカルハウスにて、歌のトレーニング、
そしてNYコーディネイトも、弊社で担当させて頂きました。
f0009746_01574388.jpg
お洒落で、とっても礼儀正しくて面白くて、
芸に対して物凄く真摯でまじめ、
素敵なイケメン男子で私もトミーさんも、もはや大ファンです。

皆さん、是非これからも世界で活躍する青木隆治さんを一緒に応援しましょうね。


f0009746_01583971.jpg
アメリカの新聞社にてインタビューを受ける青木隆治さん
(インタビューを受ける姿をさらに撮影する日本の密着テレビ、取材の取材、笑)

f0009746_05292842.jpg
某テレビ局アメリカの社長ご夫妻とも、フライベートで会食して頂きました。
有難うございました。





★★今年から、新しくアメブロも始めました! ★★
毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓
「ニューヨークとハーレムと音楽の話」 



.....................
今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

ジモモ ニューヨーク

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ


人気ブログランキング

有難うございます
.....................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

.....................


[PR]
by tommytomita | 2017-10-28 02:06 | アポロ劇場

日本人活躍中!アポロシアターアマチュアナイト

f0009746_22092104.jpg

by 松尾公子

★★新しくアメブロも始めました! ★★
毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓
「ニューヨークとハーレムと音楽の話」 



2017年も、残すところあと2ヶ月余り、いろいろな締めくくりが始まっていますね。


ハーレムといえば、今年創立83年のアポロシアター。


毎週水曜日に行われているアマチュアナイトというショーからは、

ご存知の通り、

マイケルやJB、スティービーやローリン・ヒルetc. ....

沢山のスターが誕生しています。



名物は「ブーイング」。


3階まで満員1500人の観客が、

気に入らないパフォーマーへは、


Boo~!(退場~!)」と叫んで、


途中でステージから追い出してしまいます。
結構過酷です(映像は今週出演したコメディアン)↓




今年も、

世界中から来たシンガー、ダンサー、ラッパー、コメディアン、ミュージシャン等、
数千人がオーディションを受け、


合格した多才なアマチュア延べ200人が毎週この厳しいステージに挑んできましたが、


残りあと6回のみ。


うち、118日はショーオフ(月間チャンピオン大会)、

15日はトップドッグ(季のチャンピオン大会)、

そして1122日はスーパートップドッグ(年間チャンピオン大会)で、

2017年のクライマックスとなります。


せっかくニューヨークに居るのに、まだ一度も足を運んでいないという方がいたら、

是非今年のTo Doリストに入れておいてくださいね。


f0009746_22054498.jpg

思い起こせば40年ほど前、

まだNYのガイドブックにハーレムの地図すらなかった時に、

セントラルパークから上を書き込んでハーレムの紹介を始めたのが、
ハーレムで一番有名な日本人「トミー富田」


ハーレム名所としてアポロシアターの写真をどーんと入れて紹介し、

自分達ではまだ遊びに行けなかったハーレムへ、

大型バス数台で毎週日本人を運んだり、


平井堅 氏やトータス松本 氏、等のゲスト出演や、

日本人アマチュアを優勝させてたこともあってか、


近年は観客はもちろん、パフォーマーとして挑戦する日本人も随分増えてきました。



「こんなに日本人が沢山アポロシアターに注目してくれるようになったのはトミーのお陰だ」と、

2005年にはアマチュアナイト本番中に、

ステージ上で表彰していただくというサプライズもあり、

私達のほうこそ「サンキュー、アポロ!」です。



2005年、アポロシアターアマチュアナイト史上初の「功労賞」をいただきました

<関連過去ログ>
昨夜の裏話。(2005年 12月)



さぁ、

今年もうちのハーレム・ボーカル・ハウスで黒人講師からレッスンを受け、

たくさんの日本人が挑戦しましたが、

今月末は、日本でもお馴染みのアノ歌手が登場します!


皆さん、是非会場に来て、共に大声援を送ってくださいね。

※2017年優勝戦には、現時点で3組の日本人(シンガーひとり、ダンサー2組)が勝ち残っています。頑張れ!





<関連過去ログ>
昨夜の裏話。(2005年 12月)



~全米36 都市配布の日系無料紙「ニューヨーク・ビズ 」 に掲載中のコラム「トミー富田のハーレム浅草下町孝」2017年10月号に加筆して転載~


.....................
今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

ジモモ ニューヨーク

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ


人気ブログランキング

有難うございます
.....................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

.....................


[PR]
by tommytomita | 2017-10-20 23:13 | アポロ劇場

ニューヨークのゴスペル、ハーレムのゴスペルといえば 松尾公子、ハーレムのKimikoさん

by 松尾公子

★★今年から、新しくアメブロも始めました! ★★
毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓
「ニューヨークとハーレムと音楽の話」 


※毎日たくさんの楽しいお仕事を頂き、すっかりブログを放置しております(汗)、、、が、

Facebook (Kimiko Matsuo) または、

最近始めたインスタ @kimikoharlem

のほうがまだもう少しはましにUPしてますので、よかったらどうぞフォロー下さいませm(_ _)m



さて、表題にいきなり記しましたが、


手前味噌ながら、お陰様で、


「ニューヨークのゴスペル、ハーレムのゴスペルといえば 松尾公子、ハーレムのKimikoさん」


と言っていただけるようになり 早数年となりました。

皆様、本当に有難うございます。


ハーレムの日本人開拓者、レジェンドと呼ばれる トミー富田の直伝でここまで育った唯一の弟子として

誇りと自信を持ってハーレムアンバサダー(ハーレム大使)も務めております。


そうして、

毎日毎日たくさんの方々へ、

真のゴスペル(Good News)を、色々な形でご紹介させていただきたく、奔走しています。


真のゴスペルとは、

エンターテイメントではないということ。


紹介の仕方は、

ゴスペルツアー という形であったり、
http://tommytomita.com/gospel.html


雑誌やテレビ・ラジオなどの、メディアを通してであったり、

https://ameblo.jp/harlemusic/entry-12296750378.html


毎週ハーレムの教会で開催している ゴスペルワークショップ という形であったり、、

http://harlemtour.fc2web.com/gospelwork.html


そして、

現在、代表を務めておりますハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー だったり、、、

http://harlemtour.fc2web.com/hjgc.html


そうやってゴスペルと歩みながら、

また自分自身も黒人教会の正式メンバーとして、15年、毎週ゴスペルを歌いながら、

本当にたくさんの嬉しいミラクルを体験しています。



Good News、福音 のことをゴスペルといいます。

ゴスペルはただ単に「歌」ではありません。

中心はいつも”神様”です。


これが、

「私が」、「俺が」という、

英語で言うと 「I 、アイ、 パーソンPerson」、

”自分”が中心だと、ゴスペルではなく普通の「歌」になってしまいます。


自分が中心というのは、

ゴスペルで「自分が」有名になろう、とか、、、

エンターテイメント化して、Good Newsを伝えることから離れていくこと。



祈って、信じて、ゆだねることができることで、すべてがラクになります。

この激動のニューヨーク生活で、ゴスペルがなかったら

心がズタズタだったかもしれません。



自分を前面に出すようなことなく、

ただただ、日々学んで、歌って、伝えて、コツコツ続けていると、、、


こんな私でも、

ニューヨーク・ハーレムのゴスペルといえば、、、、

と言っていただけるようになりました、

これこそがもうゴスペルミラクル。


今日もまたひとつ、嬉しいお話をいただき、

感謝の気持ちを込めてこのブログを書いています。




ミラクルといえば、


世界のクラシックの殿堂といわれる、NYのカーネギー大ホールで

GOSPELを歌った公式映像が、YoutubeにUPされていました。



東日本大震災の時、

最愛の家族が天国に旅立ったとき、

何でもない日常のとき、、、


神様へ心の叫びをぶつけ、

助けを求め、

感謝し、

いつ歌っても涙がこぼれる(溢れる)、

大切な偉大なゴスペル曲「トータル・プレイズ」。


この曲を作ったリチャード・スモールウッド本人の演奏で、

ゴスペル界の大御所である ドニー・マクラーキンやビービー・ワイナンズ等のリードで、

3000人の観衆の前で歌った時の公式映像です。



グラミー賞を5回も受賞しているソウルの女王、

ホイットニー・ヒューストンの従兄弟としても有名な

ディオンヌ・ワーウィックの後ろでも歌わせていただきました。




クワイヤーは一般公募されず、

ニューヨーク・ニュージャージーの教会から召集され、

我々Harlem Japanese Gospel Choirも、

唯一の日本人として心を尽くして賛美しました。


最高の夜でした。。。


ゴスペルミラクル。

皆さんもゴスペルを歌ってみませんか?




<関連過去ログ>
ゴスペル界、クラシック界のトップスター達とステージに立った日。 (2016年12月)


今年も世界のカーネギー大ホールに出演します! (2016年11月)



.....................
今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

ジモモ ニューヨーク

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ


人気ブログランキング

有難うございます
.....................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

.....................


[PR]
by tommytomita | 2017-10-05 10:35 | ゴスペル