2010年歴史的瞬間!マクドナルド・ゴスペル・フェスト日本人が初めて出場し、優勝した日。松尾公子

f0009746_582282.jpg
by 松尾公子
2010年6月19日(土)、大切な一日となりました。

我々ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)が、
全米最大級のゴスペル大会、マクドナルド・ゴスペル・フェストに、
初めてオーディションから正式に一般参加し、
日本人クワイヤーとして初優勝したことを
ここにご報告させていただきます。

27年の大会史上初の日本人クワイヤー、
いえ、世界的に見ても"ゴスペル大会"で初の日本人優勝かもしれません。

Gospelとは、"神様からのGood News(福音)"。
特にBlack Gospelブラックゴスペルは、
アフリカンアメリカンの奴隷史と深く結びついた
とてもとてもDeepでスピリチュアルな宗教音楽。

子供の頃からずっとゴスペルを賛美して育った
沢山の素晴らしい黒人クワイヤーの皆さんと
同じステージに立たせていただけて、
クリスチャンとして心から歌いたいと思いました。
f0009746_522678.jpg


---私達の出番。
通路で待っている時には緊張も最高潮に高まり、
メンバーみんなで手をつないで、
英語と日本語でお祈りをしました。
f0009746_5464651.jpg

各カテゴリーから合計1500名が数時間でステージに上がるわけですから
一組のクワイヤーに与えられた時間は2分半だけ。

この2分半のために、この数ヶ月、
この一曲に集中してきました。

その一曲は、
「How Great is Our God」
神様はとてもとても素晴らしく、

ステージに上がった私達ひとりひとりから緊張は消え、
いつもどおりに声高く、心から賛美を捧げることが出来ました。
f0009746_5471057.jpg


人種とか、肌の色とか、、、、そういったものを超えて
神様のもと、きっとひとつになれる、
と信じて
みんなで心から賛美させていただきました。

すると、
オーディエンスの皆さんが、次々と立ち上がり、
大きな声援をいただき、
最後は、会場中がスタンディングオベーションを贈ってくださいました。

まさに、How Great is Our God!
f0009746_5492872.jpg


それだけでもう十分ミラクルだったのに、
更にミラクルがやってきました。

大会の花形、クワイヤー部門の受賞は1位から3位まで。

3位、2位、、とクワイヤーの名前が読み上げられ、
司会者の方がそっとつぶやきました、
「First Place,
Oh, this is historical、、、
(一位、これは歴史的なことですね)」

"Harlem Japanese Gospel Choir !!"

賞をいただけるなんて全く考えていませんでしたので
あまりにびっくりして、
そうすると、
ここに来るまでの様々な軌跡がフラッシュバックして、

みんな飛び上がって、泣いてしまいました。
f0009746_5521379.jpg


緊張してがちがちだった私達を、
1月のオーディションで選んでくださった大会事務局の皆さん、
応援してくださった会場の皆さん、
選んでくださった審査員の皆さん、
そして、いつも一番は、神様に心から感謝です。

f0009746_6524522.jpg

2009年終わり、日本人前人未到のこのマクドナルドゴスペルフェストへ出演するのはどうしたらいいのか、、
なにも資料が無いところから、全くの一人で手探りでオーディション情報、登録方法、、を模索し、
メンバーの意思確認、黒人ディレクターの説得、そして、
オーディション合格後は、曲の選択、アレンジ、演奏してもらうバンドの選出と交渉、
全員の衣装準備、チケット手配、交通機関手配、書類作成、提出、etc.etc.
メンバーには見えないところで沢山努力し、自分の時間を費やし、それでもメンバーが上手くまとまらない苦労もあったり、
たくさんの試練を乗り越えての優勝、わたしもたくさん学び、きっとつらいことも含めで沢山成長させていただいたと思います。

ソロで出演なら自分の時間で好きなだけ練習したらいいし、少人数のグループなら適当に歌の上手い人に声かけたら2~3回の練習でなんとか形になるので簡単なのですが、20人余りのクワイヤー(聖歌隊)で大会に挑戦するというのは、本当に大変なことでした。
20人居たら20人のスケジュールがある、好みがある、考えがある、、、まとめるのは本当に想像以上に大変で何度も心が折れそうになりました。
そんな大変さ、不自由さがあるから、逆に「大勢のクワイヤー」が、半年かけて1曲をみんなでしっかり練習したら、それぞれの思いが20倍以上に膨れて、歌うと物凄いパワーがある。

ソロや少人数ではなく、ゴスペルの「花形」である「クワイヤー」で優勝できたことが本当に誇りです。
有難うございます。


Harlem Japanese Gospel Choir
(2010年6月19日大会メンバー)

♪ Music Director Min.Melody Moore
<Soprano>Asuka、Kimiko、MEG、Megumi、Mai、Mika、Miki、Satomi
<Alto>Ayuchi、Chiaki、Chiho、Matsuko、Yorie、Wakako
<Tenor>Kiyo、Masa、Taka、Yuya
f0009746_5591177.jpg

The Badest Band 私達の超ヤングで超クールなバンドメンバー

そして、
13年間このクワイヤーを保ってくださっているトミー富田さん
※「みんなの為に10年続けること・・」過去ログ
f0009746_5593169.jpg
All Photos by Reggie Jackson (Southern Baptist Curch)

We Love You All!!






※この他にも、ゴスペル関連の過去ログはこちらからご覧いただけます

............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★

[PR]
by tommytomita | 2010-06-24 07:08 | ゴスペル
<< マクドナルドゴスペルフェスト史... 2010年歴史的瞬間!マクドナ... >>