過去最高の動員数。ハーレムナイツ2010

f0009746_12171.jpg
by 松尾公子
遅くなりましたが、、、
今年も無事に「ハーレムナイツコンサートin Japan」を満員御礼で終了させていただくことができました。

早くからチケットをGetして楽しみにしていてくださった皆さん、当日券を早くから並んでGetしてくださった皆さん、会場で思いっきり楽しんでシンガーやミュージシャンを盛り上げてくださったオーディエンスの皆さん、本当に有難うございました。

毎年、公演の3週間くらい前には、お陰さまで全公演完売になり、主催者の方が当日券をほんの若干準備してくださるのですが、今年はもう最大限まで立ち見を作って(それでも当日券はごくわずか)、過去最高の動員数となったそうです。

連日、皆さんから沢山の感想メールを頂きまして、とっても嬉しく拝見させていただきました。

何といってもTwitterや皆さんのブログですっごい話題になったのが、
「スティービー・ワンダーが突然飛び入りで現れた!」というニュースでした。
丁度、この後、スティービー来日のスケジュールがあるようで、更に信憑性が増したとか。

これが、今年の私共の隠し玉「CPレイシー」です、笑。
ハーレムの黒人ファンでさえ、このように本物と信じて総立ちになり、ステージに走り寄るくらいですから↓



今回この場面で、ハーレムナイツ全6公演、日本の皆さんが総立ちになったと言うのは、まさに私共の期待どおり☆
楽しんでいただけて幸いです。

キム・デイビスの歌の上手さと、明るく元気な性格と、格好良さは、皆さんが口を揃えて賞賛してくださったこと。

そして、今回のメインシンガーであるマイク・デイビスの、あの透き通るような、でも力強い高音と、歌唱力と、くりくりお目目の可愛い笑顔は、沢山のファンの皆さんを魅了したようです。

そして、、、約20年ぶりの来日となったヒューマンビートボックスの元祖、ケニーは、私共の3年がかりの構想で今回実現したもの。
人間の体からあれだけのサウンドが同時に作り出せるのか、、と、その真剣そのもののケニーのパフォーマンスに、呼吸をするのも忘れて(笑)じーっと見入った方も多いと思います。

公演中、日本のビートボックスの第一線を走り続けるAFRAが、師匠ケニーを訪ねてオーディエンスとしてやってきて、ケニーがアフラにマイクを向けてしばし共演、という超貴重な場面もありました。

※日本を代表するビートボックス(AFRA)が、日本を代表するTAP(KAZ) と共演したレア映像はこちら↓




最後に、、、、

毎年、ほぼ全公演をご覧頂いて、素晴らしいライブレポートを下さる J さんより、とっても嬉しいコメントを頂きました ↓(一部抜粋)

本当にライブって生きていますよね!それが実感できるハーレムナイツでした。

何も考えず、単純に楽しいと思える瞬間の
なんと幸せなことか!

今年もハーレムナイツがあってよかった!
ステキなブッキングをありがとうございました。




こういうお言葉が私達のパワーの源です、皆さん本当に有難うございました。



<関連過去ログ>

※日本の新聞に紹介されました

※いよいよスタート!今年も凄いぞ

※早くも売り切れ間近!ハーレムナイツ横浜


............................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
人気ブログランキングへ
有難うございます
............................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-08-14 02:13 | ライブ・コンサート
<< 「期間限定」から、「世界中でい... 今だけ“超”期間限定の映像はこ... >>