人気ブログランキング | 話題のタグを見る

The CEO of Hip-Hopラッセル・シモンズinハーレム



The CEO of Hip-Hopラッセル・シモンズinハーレム_f0009746_1628742.jpg




2007年4月25日(水)7:00pm
ハーレム125丁目にある
黒人書籍専門店ヒューマンブックストアに、

ヒップホップ界の大物
ラッセル・シモンズが
やってきました。


昨日発売になったばかりの自身のHowTo Succsess本
のプロモーション&サイン会です。


会場は、メディアも含め超満員。

ラッセル・シモンズ流"
ビジネスで成功し、
幸せな人生を送る12か条"
が記された
全312ページの立派なハードカバーの本。

前書き文は、
不動産王の大金持ち・ドナルド・トランプで、

後書きは、
同郷(Queens,NY)の人気ラッパーNasですから、

手に取っただけで
自分も成功にあやかれそうな気になります・・・。


The CEO of Hip-Hopラッセル・シモンズinハーレム_f0009746_1547135.jpgLLクールJ等を擁する
デフ・ジャム・レーベル創設者、
HipHop界の実業家と表現される
ラッセル・シモンズは、

元奥さんで元スーパーモデルの
アジア系アメリカ人(確かお母さんが日x韓のミックス)
キモラ・リーと

PhatFarm・BabyPhatなどの服ブランドを成功させ、

人気のTV番組
Def Poetry Jamもプロデュース、

政治・社会活動・・・等、
多方面で活躍していて、

ニュージャージーの30億円のお屋敷にいます(離婚後キモラが所有)。


自称ラッパーが多いハーレムにおいて、
まさにラッセル・シモンズのサクセスストーリーは、
自分らの夢へ直結しているので、
質問コーナーでは皆真剣。

そんな中、
綺麗にブレーディングした高校生の女の子が挙手。

先日来、
アメリカを揺るがせている
"Nappy-Headed Hos=縮れ頭の売春婦"問題
(毒舌で人気の"白人"ラジオDJが、黒人女子バスケ選手達をこう呼んだことが、黒人差別、女性蔑視として大きな社会問題となり解雇された)と、

ラップミュージックのリリック内や
黒人コミュニティ内では
社会的制裁を受けること無く頻繁に使われているスラング
"nigga,Ho(s),Bitch..."

について、
学校の先生と討論したんだけど・・、

と意見を求める一幕も。


何かあるといつも
HipHop界を代表して
発言をを迫られるラッセル・シモンズ。

ティーンネイジャーに向けて言葉を選びながら、
誠意を持って応えているその表情は、

銃だのドラッグだのセックスだのの
HipHopのイメージとは程遠い、
アクの無い
とても優しい50歳のお父さんでした。

Right now is the only time that there is. Yesterday is gone and tomorrow never comes. Whatever you need to do in life, start it today. Put down this book and go follow your dream. 

"今"が全て。昨日も無いし、明日も無い。
やりたいことがあったら今日、今、始めよう・・・。
"(Do You!第4条より)


     .....
追記)毎年恒例、トミー富田プロデュースの横浜ランドマークホールHarlem Nightsコンサートで会場を沸かせたアリソン・ウィリアムスは、デフ・ジャムレコード初のR&B女性シンガーとして89年デビューしています。




●NYハーレム案内人 松尾公子 Kimiko Matsuo

NYハーレムの黒人コミュニティにどっぷり浸かって19年の音楽プロモーター、ディレクター、NYコーディネイター、日本人ながらハーレム黒人教会ゴスペルクワイヤーのリーダーに任命されている。

Harlem Japanese Gospel Choir主宰(2010年マクドナルドゴスペルフェスト史上日本人初出場で初優勝)、2014年アメリカの黒人コミュニティより、日本人女性初「ウーマン・オブ・エクセレンス&マン・オブ・ビジョン」受賞、米国最大のエンタメ・スーパーボウルの日本人初ゴスペル部門役員、2019年世界初公式ライセンスにてアポロアマチュアナイト日本大会開催など、日本人初を次々切り開くパイオニア。



●Kimikoのプロフィールはこちら



●Twitter  @kimikoharlem でフォローよろしくお願いします


インスタ @kimikoharlem でフォローよろしくお願いします


★★新しくアメブロも始めました! ★★
毎日更新、こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓
「ニューヨークとハーレムと音楽の話」 

...............
今日も是非!「応援クリック」お願いします。




有難うございます


by tommytomita | 2007-04-27 16:25 | ハーレム情報
<< 「影奇派」創刊号にトミー富田登場! 最高のエンターテインメントAs... >>