カテゴリ:ジャズ( 23 )

ニューヨーク・ハーレムの老舗ジャズクラブ、ショーマンズ


★★新しくアメブロも始めました! ★★
毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓
「ニューヨークとハーレムと音楽の話」 


f0009746_15400771.jpg

まだ、
ハーレムが荒れていた80年代、

SOHOのタウンハウス(一軒家)から、

落書きだらけの危険なA列車に乗って、

何度も拳銃突きつけられながらも、

毎晩ハーレムにジャズを聴きに来ていた、
当時たったひとりの日本人・トミー富田氏に

「行き帰り危ないからそんなに好きならいっそハーレムに住んだら」

とハーレムの家を見つけてくれたのが、
老舗ジャズクラブのオーナー、アルとモナ。

f0009746_02550186.jpg
(80年代NY地下鉄。ハーレムに直行してしまうAトレインに乗ると帰って来れないと言われていた、、。そんな時代の深夜に、、トミーさんはやはりパイオニア。)



ハーレムへの恩返しに、
地元老人ホームのシニア達を、
ショウマンズや、シルビアズに定期的にご招待し、

沢山の日本人にハーレムを紹介し続けたトミー富田氏は、

アジア人初のキング牧師賞を頂きました。

f0009746_15315221.jpg

Showman'sは、
いつも温かいハーレムの家族。

帰る場所。。。。




今宵のハーレムジャズ・ラインナップは、

デフジャム初のR&B女性シンガー、
Just Call My Nameで、
ビルボード連続第一位のアリソン・ウイリアムスと、
f0009746_15453291.jpg

「こんな小さな頃からトミーのことは知ってるよ」という
オルガンジャズのナット・ルーカス。
f0009746_15470523.jpg
Back HOME!!!
We love you, Mona, Al, Lillian,& all our Showman's family~a Jazzy night with our Diva Alyson & Nat Lucas band.


.....................
今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

ジモモ ニューヨーク


人気ブログランキング

有難うございます
.....................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

.....................


[PR]
by tommytomita | 2018-11-15 16:05 | ジャズ

トミー富田も登場!「おとなの青春旅行」

f0009746_09565234.jpg
by 松尾公子

講談社現代新書さんから、

トミー富田のこと、
ジャズのこと、
ハーレムのこと、
ニューヨークのこと、、、

なんかを、
取材してくださった本が、
発売されました!

トミーさん自身も、
これまでに
ハードカバーの本を、
何冊か執筆していますが、

トミーさんのことを書いてくださっている本も、
日米にたっくさんあります。


他にも、
世界の料理や、
アジア、
ヨーロッパ etc.
などの新しい楽しみ方を、

人気旅行作家の下川祐治さんと、室橋裕和さんが監修し、

もののわかったおとな世代が中心のこれからの日本へ贈られる新書、

「おとなの青春旅行」。


トミーさんの取材は、
NY在住のジャーナリスト小神野真弘さんが担当して下さり、
素敵な文章に仕上げていただいてます。

良かったらお手にとってご覧ください。





★★新しくアメブロも始めました! ★★
毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓
「ニューヨークとハーレムと音楽の話」 

.....................
今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

ジモモ ニューヨーク

人気ブログランキング

有難うございます
.....................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

.....................


[PR]
by tommytomita | 2018-11-13 10:08 | ジャズ

JAZZの巨匠、ゴスペルの母、ニューヨーク



★★今年から、新しくアメブロも始めました! ★★
毎日更新(のはず)。こちらもどうぞ合わせてお読み下さいませ ↓
「ニューヨークとハーレムと音楽の話」 



ニューヨークというのは、とても便利な街です。


アートや、音楽、演劇、ビジネス、etc.、自分の目的でこの街を訪れる人が絶えず、

”ついでに”、いつも私達に連絡をくれますので、

日本に帰国せずして色々な人と会えるんです。


最近は、この二人とトミーさんの、大変嬉しい再会がありました。


f0009746_09531425.jpg

まず、

5月にミッドタウンの日本クラブでコンサートをした

「ピアノの魔術師・天才クニ」

と言われるJAZZ界の大巨匠、スガチンこと菅野邦彦氏。


「日本初のライブレコード」を発表したのはこの人で、

あの有名なオーディオ評論家・菅野沖彦氏を兄に持つ天才一家。


天皇陛下と同期に学習院に通っていた彼の「繊細な」ピアノは当時から評判で、

トミー富田さんが、六本木で経営していた有名ジャズクラブの専属となり、

そこに世界的ジャズピアニスト、エロル・ガーナーが来て朝方まで演奏したのは有名な話。


人気テレビ「夢で逢いましょう」「11pm」レギュラー出演後、

スガチンの”サンダーバード"で色々な有名人を送っていったこと、


ジョン・レノン他著名人との交流etc、、、、、


お互い話が尽きず、ついに2日間夜中まで一緒に過ごしました。


ピアニストなのに、

転調で指使いが変わる現行のピアノを、実は見るのもいやなくらいずっと嫌いで、


遂に、段差が無い平らな世界初の「未来鍵盤」を自開発、

この夢の実現が80歳現役の若さの秘訣のようです。

f0009746_10221958.jpg

「スガチン!」というトミーさんの呼びかけで振り返り、数十年ぶり男泣きの再会。

今どき「スガチン」なんて親しくの呼ぶのはNYではトミーさんくらい。


勿論、翌日はハーレムにも連れてきました。

(有名なソウルフード店「エイミールース」の人気メニュー”Tommy Tomita"を食べた二人の写真)




そして、

5月末にカーネギー大ホールでゴスペルコンサートをした、

日本のゴスペル第一人者、

トミーさんの40年来の友人の亀渕友香さん。

f0009746_09534598.jpg
友香さんのゴスペルグループVOJAは今や日本最大。
日本から色々な芸能人を紹介してくれたり、
NYに来ると、一緒にジャズに行ったりする大切なトミーさんの音楽仲間です。


お互い東京育ちですが、
友香さんは札幌生まれ、
トミーさんは札幌オリンピックの選手。

f0009746_09540249.jpg
今回のソーラン節(ゴスペルヴァージョン)は、アメリカ人にも私にもかなりウケました。


最後は「また絶対ニューヨークで!」としっかりハグしてお別れ。

f0009746_09520992.jpg

スガチン、亀渕友香さん、二人に共通しているのは、

音楽への熱い思いと、
自分がしてきたことへの確信と、
次世代に継承したいというパワー。

こんな人たちがひっきりなしにやってくる街、
ニューヨークに感謝です。


~全米36 都市配布の日系無料紙「ニューヨーク・ビズ」 に掲載中のコラム「トミー富田のハーレム浅草下町孝」2017年6月号より転載~


<関連過去ログ>
日本人初!メニューに登場 (2009年 9月)

.....................
今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。

ジモモ ニューヨーク

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ


人気ブログランキング

有難うございます
.....................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

.....................


[PR]
by tommytomita | 2017-06-17 10:41 | ジャズ

盲目のジャズ、本日4時ハーレムで

f0009746_15171647.jpg
by 松尾公子
ブロンクス生まれの盲目のジャズピアニストValerie Capers。

f0009746_1518552.jpg数々の賞を受賞し、世界各地のジャズフェスティバルの顔、あの ← ティト・プエンテや、ジャズの巨匠ディジー・ガレスピーから、マックス・ローチ、ウィントン・マルサリス他、錚々たるメンバーとも共演しているヴァレリーが、イーストハーレムでコミュニティ向けのジャズコンサートを開催します。

カーネギーホールなど、大きな会場で演ることが多いヴァレリーの素晴らしいジャズを、かなり身近で見ることが出来る貴重なチャンス!
ハーレムコミュニティ向けのアットホームなイベントですので、地元の人たちとリラックスして、その雰囲気もお楽しみいただけますよ。

1980年から開催されている「MEEE Jazz コンサートシリーズ」※MEEEE (Music for Entertainment,Education, and Enlightenment) Jazz Concert Series※ 今年は2月から、毎月第一日曜日に行われていましたが、今日で最終日となりますので、どうぞお見逃し無く!


The Valerie Capers Ensemble
6月6日(日)午後4時~
マナ・ハウス Manna House
住所:338 East 106 Street
(between 1st and 2nd Avenues)
電話:(212) 722-2883
前売り$10
当日$15
(学生・シニア$7)
※オーナーのMs.Gloriaさんに「Kimikoの紹介」と言えば、当日でも前売り金額$10でOKで入れてくださるそうです。是非お出かけくださいませ。

f0009746_15183031.jpg地下鉄:6番線「103丁目駅」下車

バス:
イースト側から-M15, M101,M102, M103, or M98
106丁目下車

ウエスト側から-M106 or M96
「1st Ave.」下車


※Valerie Capersの公式ウェブサイトはこちら

......................................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。
  コレと ↓     これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ 
......................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-06-06 16:00 | ジャズ

偉大なジャズミュージシャン、次々と、、、

f0009746_1574379.jpg
by 松尾公子
BDウィークですっかり浮かれまくった1週間が終わった途端、、、、
の訃報でした。

NYハーレムから世界に向けて活躍していた名ベーシスト、アンディ・マックロウドが急死しました。

まだ61歳という若さでした。

毎夏、私共がブッキングさせていただいているハーレムナイツコンサートin横浜でも、2003年と2005年の2回来日。

TAPの神様と言われているセヴィアン・グローバーが敬愛してやまなかったベーシスト。
NYを拠点に老舗のジャズクラブで活躍しながら、セヴィアンのツアーでは必ずご指名がかかり、全米のみならず世界を旅していたアンディ。
つい数週間前も、コットンクラブ東京ツアーから帰国したばかりでした。



今月に入って、偉大なジャズミュージシャンの訃報が続いています。

5月9日に亡くなったジャズシンガー、リナ・ホーン(享年92歳)
5月16日に亡くなった名ピアニスト、ハンク・ジョーンズ(享年91歳)
そして先週亡くなったサックス奏者、マックス・ルーカス99歳は、ハーレムの老舗ジャズクラブ「レノックスラウンジ」の生涯現役レギュラーでした。

アンディはまだ61歳。
今ハーレムを歩いていると、皆この話でもちきりです。
沢山の人たちが心から追悼しています。

RIP ANDY  ...May he rest in peace...




......................................

今日も是非!「応援クリック」お願いしますっ。
  コレと ↓     これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ 
......................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-05-26 15:40 | ジャズ

ジャズピアノとジンベ(アフリカ太鼓)

f0009746_17291974.jpgby トミー富田

1月24日(日)
2:30PM~
ブルーノートNY
サンデーブランチ。

長年ニューヨークで活躍している音楽家で、私も兼ねてから注目していたジャズピアニスト、なら春子さんと、ギタリストの増尾好秋さんとの共演を見に行って参りました。

なら春子さんは、マンハッタン音楽院ージュリアード音楽院ーコロンビア大学院ー現在は助教授として教鞭もとり、また数々の著名なジャズミュージシャンと共演しながら、最近では文化交流大使として、世界各国で演奏ツアーも行っているそうです。

増尾好秋さんは、約30年前に私が経営していたジャズクラブ、六本木バランタインにも出演いただいた渡辺貞夫グループのギタリストとして、また、イケメンギタリストとして、当時から注目されていました。
最近では、鈴木良雄さん(bass)との共演で、日本へもよく演奏旅行をしているそうです。(早稲田のジャズ研ではタモリとも同級)。


f0009746_17414679.jpgまた、ここ数年、ならさんはアフリカンドラムに魅せられ、マリ共和国などへも何度も訪れているらしく、今回も、華麗なジャズピアノに加え、エネルギッシュにジンベも演奏されました。
そして、最近のならさんの音楽に欠かすことの出来ないというアフリカ人ボーカルGinoさんが、「りんご追分(美空ひばり)」を見事な日本語で歌ったのには、会場一同大拍手でした。

ならさんとは、新しいプロジェクトの企画を提案しながら、不況でちょっとお休みしていましたが、今年は是非実現させたいな、と思っています。


BLUE NOTE Jazz Club NEW YORK
January 24 (Sun) 2shows @12:30 & 2:30

Haruko Nara (piano, composition, djembe)
Gino Sitson (vocal, percussion)
Laurent Camara (djembe)
Yoshiaki Masuo (guitar)


※ブルーノート公式ウェブサイト

※なら春子さん公式ウェブサイト

※増尾さんのサンシャイン・アベニュー・レーベル

......................................

只今、ゴスペル第一位! 是非、毎日!「応援クリック」お願いしますっ。
  コレと ↓     これです ↓ 有難うございます
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ 
......................................

ブッキング・コーディネイトは、お気軽に
電話 1-646-410-0786(日本語)
または
harlemtommytour@hotmail.com (日本語)
までお問い合わせください。

......................................

★トミー富田ドットコムへ戻る★
[PR]
by tommytomita | 2010-01-26 18:26 | ジャズ

宴!ジャズの巨匠、110歳 in ハーレム

f0009746_0201773.jpg
by松尾公子
2009年4月29日朝10時、Aトレインが走るハーレム125丁目駅構内が、突然ジャズのビッグバンド演奏会場に早変わり。なんと洒落た試み...!

f0009746_0221038.jpgというのは...、4月29日は、ジャズをアメリカの代表音楽として世界中に知らしめた重要人物の一人デューク・エリントンの、110歳の誕生日。彼が率いるビッグバンド(Duke Ellington Orchestra)は、ハーレムのコットンクラブ*専属となり、またハーレム北の自宅で2000曲以上ものジャズを作曲、ハーレムにとてもゆかりのある偉大な英雄の一人です。(*現在のコットンクラブとは場所も全て異なります。※コットンクラブツアーはこちら

駅にA列車が入ってきてすぐ始まったオープニングは勿論、彼等の代表ナンバーA列車で行こう Take the ”A" Train。ジャズに詳しくない人でも一度は耳にしたことのあるであろうこの曲は、実はまさに、この"ハーレム行きAトレイン"のことを歌っているのですから。音楽の街ハーレムならではの本当に洒落た試みです。

地下鉄から降りてきた人たちはびっくり。いつもはゴミとジャンキーがまず目に入るこの駅に、今日はデューク・エリントンの写真パネルが飾られ、タキシードを着た格好イイ16人編成のジャズバンドがジャンジャン演奏し、
f0009746_0225286.jpg
ナント、地下に"グランドピアノ"まで出現... COOL!!

私は丁度ARCゴスペルウォーキングツアーご案内中で、ツアーに参加していた皆さんは大興奮!なにせ地下道で本物のデューク・エリントンバンドの演奏ですから。毎晩ハーレムで音楽を聞いている私達にはとってもよく知った顔ばかり(2003年と2005年に私共と一緒に来日して横浜のHarlem Nightsコンサートに出たサックスのペイシャン、ドラムスのデイブ、ミントンズのジャックetc.)一流ミュージシャンばかりです。

f0009746_0231873.jpg
お昼には、場所をデューク・エリントン・サークルに移し、今度は青空の下で演奏。
ここは、10年前にデューク・エリントン生誕100年を記念してハーレム110丁目に作られた記念サークルです。(詳しくは、5年前に雑誌の記事で書かせていただきました、こちらをどうぞ)

f0009746_0234663.jpg

そして夜になると、各地のジャズクラブで、公爵エリントンの誕生日を祝う演奏、超大物ミュージシャン飛び入り続出のジャムセッション、が夜中まで繰り広げられたのでした...

f0009746_024923.jpg

...夜中、いつものがらんとした空間に戻ったハーレム125丁目駅。。。。





★デューク・エリントン 1899年4月29日生まれー1974年5月24日没、享年75歳
デューク・エリントンの「A列車で行こう Take the ”A" Train」は、こちら↓


「ジャズを聴きにハーレムに行くなら、ノンストップ急行で一番速い "A列車"に乗りなさい。ほら、来た、急いでお乗りなさい!」

You must take the A Train
To go to Sugar Hill way up in Harlem
If you miss the A Train
You'll find you've missed the quickest way to Harlem
Hurry, get on, now, it's coming
Listen to those rails a-thrumming (All Aboard!)
Get on the A Train
Soon you will be on Sugar Hill in Harlem




※今月から新しいランキングに参加してみました。更新の励みになりますので、(これまで投票していなかった方も)どうぞよろしかったらこの二つのマークを毎日ワンクリックお願い致しますっ!
にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ  
にほんブログ村



トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-05-02 02:15 | ジャズ

この一冊でJazzが、アメリカ黒人史が丸わかり!

by松尾公子
凄く面白い本を発見しました!タイトルどおり、この一冊で、Jazzが、アメリカの黒人音楽史が、短時間でよ~くわかります。しかも「マンガ」ですから、とっても楽しく読めますよ。これは、久々に出会った超オススメ本です。
f0009746_1645350.jpg
↓下のリンクをクリックするとAmazon.comから本がご購入いただけます
Jazz It Up! マンガまるごとジャズ100年史

※続きを読む前に、↓よろしかったら下のマークをワンクリック投票お願い致します


本当言うと、自分で見つけたのではなくて、夏にハーレムツアーにご参加いただいた東京のプロデューサーEdo Joeさんからのご紹介です。ハーレムでお会いした時には未だ出版前でしたが、お話を聞いた時点でもう大変興味深く、本になるや否や早速一日で完読させていただきました!

日本の名門ジャズ誌スイング・ジャーナルで3年に渡り連載された人気コーナーであり、また、著者が韓国初のジャズ誌創刊、ジャズ賞創立、ジャズフェスプロデュース、というジャズのパイオニアである南武成さんですから、内容もバッチリ。

黒人奴隷制から生まれたワークソング(労働歌)、1800年代南北戦争の軍楽隊からくる黒人ブラスバンド、黒人ブルース、黒人霊歌・ゴスペル、、、がいかにJAZZに結びついてきたか、が面白おかしく、きちんと理解できます。2月のブラック・ヒストリー・マンス(黒人史月間)にもぴったりの一冊です。

小難しい歴史というより、よく名前の知れたジャズメンの人間的なエピソードや交友関係が満載なので、頭の中でばらばらになっていた人名や地名、曲名が一気につながりますよ。
個人的には、ハーレムジャズの章がとても身近で興味深く、またルイ・アームストロングのエピソードは色々と笑えましたが、ブルースの女王ベッシー・スミスが、あんなに売れていながら、交通事故に遭った時、「黒人」ということで誰の助けも受けられないまま路上で一人で死んでいった、という生々しい黒人差別のエピソードや、才能がありながらも麻薬で駄目になっていった沢山のミュージシャン達、、、そういった悲しいエピソードも網羅されています。

年代別にクレオールから、デューク・エリントン、マイルス・デイビス、、、本当に様々な著名人が登場しますが、最新ジャズで登場するのは誰か?読み進みながら興味津々。私たちの知人であり大好きなジェームス・カーターが登場か!?と思いきや、昨年トミーさんと私で日本にBookingさせていただいたロニー・プラキシコが登場!我々もポイントを突いたブッキングをしているな、と自画自賛(笑)。

さぁ、ジャズはちょっと難しくて、、、と敬遠している方、必読です。
多くのHipHopアーティストもJazzの名盤をリスペクトしています。
ビヨンセが映画「キャデラック・レコーズ」で、ジャズブルースシンガーエタ・ジェームスの生涯を演じ、At Lastが昨年リバイバルヒット、遂にはオバマ大統領就任パーティでFirst Dance曲に選ばれるほどに...。

Jazzを知ることは黒人音楽を知ること、黒人史を知ることなのです!



※クリックすると映画キャデラックレコーズのTrailerがご覧いただけます


トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2009-02-07 18:11 | ジャズ

ディスコで大ヒットしたあの曲の...

f0009746_173404.jpgby松尾公子
明日3月8日(土)発行のDailySunNYに「トミー富田のハーレム浅草下町考Vol.30」が掲載されています。今回のコラムは、先日スパニッシュハーレムのジャズクラブで行なわれたゴードン・エドワーズの誕生パーティについて(写真左からジョージベンソンのベーシストとしてお馴染みのスタンリー・バンクス、トミーさん、ゴードン)。
f0009746_17543086.jpgトミーさんのホームパーティ友達であるゴードン・エドワーズは、泣く子も黙るあのフュージョン界のヒットメーカー"Stuff(スタッフ)"のオリジナルメンバーで、ジョン・レノンやアレサ・フランクリン、チャカ・カーンetc.数え切れないほどの大スターとも共演したベーシスト。大柄でスリムでイケ面だったゴードンも、今やご覧の通り柔和に(笑)。
f0009746_17373834.jpgまた、元コースターズのジミー・ノーマンや、Stuff2からメンバーに参加したロイ・ベネット、キーボードのジミーさんなどなど、トミーズファミリーのミュージシャンも続々ゲスト出演して、とても豪華な誕生会でした。詳しくはデイリー・サンをご覧下さいね。

ディスコサウンド大好きな私としては、このゴードンが、70年代に世界的に大ヒットした、ヴァン・マッコイの"ハッスルHustle"のレコーディングアーティストだということが一番の感動です。米国TVで黒人に大人気だったSoulTrainのテーマ。未だにそのステップも次世代に継承されている名曲です。。。

♪ハッスルを久しぶりに聴きたい方はこちらをクリック

♪ステップを復習したい方はこちらをクリック(笑)

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2008-03-08 18:09 | ジャズ

火曜日はランチタイムJazz!

f0009746_955462.jpg
byトミー富田
ビリー・ホリデイ、サラ・ボーン、ダイナ・ワシントン、エラ・フィッツジェラルド、4人の偉大な女性ジャズボーカリストを称えて、6月は毎週火曜日のランチタイムに、マジソン街57丁目で無料ジャズコンサートが開催されています。

Free concert every Tuesday in June
12pm-2pm @ Tourneau TimeMachine, 57th at Madison
6/5 - Roy Haynes Band
6/12- Marlena Shaw & Trio
6/19-Maurice Brown Quartet
6/26-Gloria Lynne & Trio

82歳のロイ・へインズは、その昔、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、セロニアス・モンクらと共演していたことでもその名が広く知られているベテランドラマー。

映画「ミスター・グッドバーを探して」の主題歌が大ヒットし一躍有名となったマリーナ・ショウは、NY出身のベテランシンガー。ブルーノートレコード初の女性ジャズボーカリストとしても有名。

そして、私が何よりも楽しみにしているのが、最終日を飾るグロリア・リン。1950年、ハーレムのアポロ劇場出身のボーカリストで、64年にI wish Loveの大ヒットでスターに。その後、クインシー・ジョーンズ、レイ・チャールズ、ホイットニー・ヒューストン、マライア・キャリー等との共演でも話題となった私の友人です。現在76歳。グロリア・リンとの思い出は、私がNYで連載している「ハーレム浅草下町考」で先月綴らせていただきましたので、お時間あったらどうぞこちらもご覧くださいね。

無料コンサートの詳細はこちら

トミー富田ドットコムへ戻る
[PR]
by tommytomita | 2007-06-19 11:09 | ジャズ